夜の造幣局の桜の通り抜けの撮影は初心者には厳しかった[大阪市北区]

シェアしていただけるとうれしいです

大阪にも桜の名所はたくさんあります。
有名なのは、大阪城。
大阪の桜の開花宣言に使われる「標準木」は、大阪城公園にあります。

大阪城からほど近いところに、「独立行政法人造幣局」というところがあります。
何をしているところかというと、「貨幣」を作っているところなんです。

その造幣局の中の通路に、たくさんの桜の木が植えられています。
毎年4月の中旬になると、一般にも公開されています。

公園ではありませんので中で飲食することもできませんし、沢山の人が訪れるので、立ち止まってゆっくり眺めることもできません。あるきながら桜を愛でるわけです。
ただ単に桜を眺めながら造幣局の中を通り抜ける、なので、造幣局の桜の通り抜けというわけです。

大阪の春といえば、造幣局の桜の通り抜け。
ぼくも夜桜を撮りたくて行ってきました。

造幣局の桜の通り抜け

2017年の桜の通り抜けは、4月11日(火)~17日(月)の1週間です。
毎年3月頃に日程が発表されます。

造幣局 : 桜の通り抜け(大阪)


造幣局には、地下鉄谷町線・天満橋が一番近いです。
地下鉄を降りて地上に上がると、すぐに天満橋があります。

天満橋の上は造幣局に向かう人、人、人の群れ。

もうね、目眩がしましたよ。いつになったら造幣局に着くのやら。
正直、帰ろうと思いました。

それでもせっかくやって来たわけだし、きれいな夜桜を撮りたいし、気を取り直して最後尾に並びましたよ。

混んでいると思った天満橋の上は、きれいな夕焼けを撮ろうとした人たちが立ち止まっていたんですね。
ぼくもしばし立ち止まって、パシャリ。

天満橋からのサクラの夜景Canon EOS Kiss Digital N (50mm, f/4, 1/30 sec, ISO400) at 18:40 on 2017/04/12

ちょっと明るく写っちゃったけど、構図的には満足。
川沿いの桜並木(南天満公園の桜)にピントを合わせたんだけど、全体的にボケちゃっている感じがします。
F1.8のレンズでF4まで絞ったんですが、もう少し絞っても良かったですね。

川は旧淀川(大川)。
十石舟がゆっくりと進んでいきます。
江戸時代には船場の若旦那衆がこうやって遊んでいたんでしょうね。

天満橋を渡って右折。
大きな道路を渡ると、造幣局につながる道沿いに露店がたくさん出ています。
仕事帰りだったので、サラリーマンやOLたちがしばしの腹ごしらえをしている姿が見られましたが、ぼくは「団子より花」。
見向きもせずに造幣局へ。

造幣局のサクラ

入門して早速パシャリ。
思ったよりも明るく写っています。
すべて、カラーバランスは自動(AWB)、露出は+-0です。

造幣局のサクラCanon EOS Kiss Digital N (50mm, f/1.8, 1/10 sec, ISO400) at 18:51 on 2017/04/12

ちょっとピントが甘いかな?

造幣局のサクラ

夕暮れの空に映える桜の花。
きれいです。

造幣局のサクラCanon EOS Kiss Digital N (50mm, f/1.8, 1/13 sec, ISO400) at 18:53 on 2017/04/12

ちょっと風情のないぼんぼりを背景に。
もちろん、狙って撮っているんですよ。

造幣局のサクラCanon EOS Kiss Digital N (50mm, f/1.8, 1/13 sec, ISO400) at 18:54 on 2017/04/12

造幣局のサクラCanon EOS Kiss Digital N (50mm, f/1.8, 1/15 sec, ISO400) at 18:54 on 2017/04/12

造幣局には134品種350本の桜が植えられているとのことですが、八重桜が多いような気がします。

造幣局のサクラCanon EOS Kiss Digital N (50mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO400) at 18:57 on 2017/04/12

白い桜もきれいですね。ちょっとピンボケですが。

造幣局のサクラCanon EOS Kiss Digital N (50mm, f/1.8, 1/80 sec, ISO400) at 18:59 on 2017/04/12

これ、結構お気に入りなんです。
ぼんぼりに透き通った桜の花。セクシーでしょ?

造幣局のサクラCanon EOS Kiss Digital N (50mm, f/1.8, 1/10 sec, ISO400) at 19:16 on 2017/04/12

毎年1品種が「今年の花」として選ばれています。
今年の花は「鬱金」。

造幣局のサクラ

ちょっと緑色がかった変わった桜ですね。
これ一枚しかきれいに写っていなかった_(:3」∠)_

造幣局のサクラ

ソメイヨシノに似ているけど、ソメイヨシノじゃないんだな。
人が多くて品種を確かめるヒマもない。とりあえず撮らなければと、せっせと撮る。

造幣局のサクラCanon EOS Kiss Digital N (50mm, f/1.8, 1/10 sec, ISO400) at 19:26 on 2017/04/12

次第に空も暗くなり、ピントをあわせるのが非常に難しい。
オートフォーカスが効かなかったり、手動で合わせようにもファインダーからは暗くてピントが合っているかどうかわからない。

造幣局のサクラCanon EOS Kiss Digital N (50mm, f/1.8, 1/100 sec, ISO400) at 19:29 on 2017/04/12

なんせ、明るくライトアップされた桜の木のまわりは人だかりですし(´・ω・`)

造幣局のサクラCanon EOS Kiss Digital N (50mm, f/1.8, 1/60 sec, ISO400) at 19:30 on 2017/04/12

のんびりピントを合わせている時間もない。
ピントが合っている写真は「キセキの写真」。

造幣局のサクラCanon EOS Kiss Digital N (50mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO400) at 19:33 on 2017/04/12

そんな、キセキの中のキセキ。
君の横顔が愛しくて、写ってくれと祈った一枚。

造幣局のサクラ

ああ、やっと君に逢えたね。

造幣局のサクラ

本当はね、もう少し電灯をぼかしたかったんだよ。
少し露出を抑えればよかったのかな?

夜の桜は難しい

投光機のように明るくライトアップされている桜はそれなりに撮れてはいるんだけど、暗い場所の桜は難しいです。

暗いとシャッタースピードを速くすることができないので、どうしてもブレてしまいます。

ブレを防ぐには三脚などでカメラを固定できればいいのですが、混雑したところでは使うことができないですし、そもそも三脚を持ってないですしねσ^_^;

500枚以上撮って帰ってきて、ほとんどがブレていたり、ピンぼけだったり。

シャッタースピードを速くする方法としては、ISOを上げるという方法があります。
ISO400で撮っていたんですが、ISOを上げても良かったのかな?と思ったりします。

でも、ぼくのCANON EOS Kiss Digital NはISO1600までしか上げられないし、そこまで上げるとノイズだらけになってしまいます。

あと、暗いところでは、オートフォーカスが効きにくい場面が多々ありました。

ISO感度を上げることができなかったり、オートフォーカスが効きにくかったりするのは、カメラ本体の性能ですね。

センサーの感度とオートフォーカス性能。
EOS Kiss Digital Nは、もう10年以上昔の機種なので仕方ないところです。

レンズは、先日購入したCanon EF50mm F1.8 STM

Canonの単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM は初心者をトリコにするレンズだった!【購入レビュー】
みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。 ず~っとず~っと欲しかった「Canon EF5
Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

14,180円(12/10 23:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

明るいレンズだし、画角的にもぼくにはちょうどいいです。花の写真を撮るにはちょうどいい。

そうそう、冒頭の「天満橋」からの写真、よく撮れていたので意外でした。
風景を撮るにもいけますね。街中の風景とかも撮りに行きたいな。

カメラ初心者のぼくにはちょっと心残りの撮影でした。
来年、必ずリベンジしますよ。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事