たぶん釣りに行ってボウズだったことが精神的にも肉体的にも疲れの原因になっているのだと思われ [週刊まろろぐ 2017/07/03]

たぶん釣りに行ってボウズだったことが精神的にも肉体的にも疲れの原因になっているのだと思われ - 週刊まろろぐ[2017/07/03]

Apple iPhone SE (4.15mm, f/2.2, 1/85 sec, ISO25) at 05:07 on 2017/06/24

珍しく三男が「パパさん釣りに連れて行って」というので、6月24日土曜日の早朝、大阪南港のコスモスクエアに釣りに行ってきた。

釣りに行くの何ヶ月ぶりだろう?こういうときにブログに記録を残しておくとすぐに分かるので便利だ。
前回の釣行は、2016年10月16日。約8ヶ月ぶり?

2016年10月16日日曜日。大阪南港のコスモスクエア(シーサイドコスモ)にサビキ釣りに行ってきました。久しぶりの釣行です。前回...

このときは同じコスモスクエアで、アジ、イワシを100匹以上釣っている。季節が違うからそんなに釣れることはないだろうけれど、新月で大潮だから釣りの条件としては、最適だ。

実は5月のゴールデンウイークのある日、三男を釣りに誘ったのだが「友だちと遊びに行くから」と振られてしまった。男女数人でカラオケやゲームをしに行ってきたようだ。

「男の子は父親に憧れる時期がある」

男の子は父親に憧れる時期がある。 ぼくはそう思っている。中学校に入るとたいていの子は見事に反抗期に突入する。大人への階段を登...

これはぼくの持論なのだが、子どもから大人になるある時期に、男の子は父親の持っている能力を吸収しようと一生懸命になることがあるようだ。

去年はそれが釣りだった。野球部の練習の休みには必ず二人で釣りに行っていた。道具の扱い方、準備の仕方、魚の釣り方、針の外し方、一通り三男には釣りのことを教えたつもりだ。

ゴールデンウイークに釣りに誘って見事にパパが振られたのは、三男が「父親に憧れる時期」が終わったに違いない。そう思っていた。ところが、

「パパさん釣りに連れて行って」

これはまた珍しいことを言うもんだ、一体どうしたんだろうと思ったら、

「魚をさばいてみたい」
「パパさんのように魚をさばけるようになりたい」

ということだった。魚をさばくには魚を釣りに行かなければならない、だから魚を釣りに行きたいんだと。

なるほど、それはまっとうな考えだ。幸い、6月24日土曜日は期末テスト前で野球部の練習は休み。ちょうどいいじゃないか。

5時前に釣り場に到着。仕掛けを投入するが全くアタリなし。

だいたい釣れるときというものは、第一投から何かしら釣れるものなのだ。しかし、この日はふたりとも全く当たりなし。

コスモスクエアの沖を行く船

Apple iPhone SE (4.15mm, f/2.2, 1/2747 sec, ISO25) at 07:06 on 2017/06/24

こんな調子なら、カメラでも持ってくるんだったな、そう思いながら三男の様子をみると、アタリのない竿先を眺めながらキャンプ用の椅子に深く座ってものを考えているようだった。

最近、どこかしら調子が悪いらしい。モノゴトが自分の思う通りに行かないというか、自分の思うとおりにならないというか。

委員会活動のためにしばらく野球部の練習に行けないことがあって、練習試合までに思うように守備がうまくならなかった。
クラスの友だちといさかいがあって、担任の先生に少し絞られたこともあって、すこししょげていることころがあった。

なにかしらそういう「うまくいかないこと」を自分なりに好転させたい、そういう気持ちもあって、気分転換に釣りに行きたいと言ったのかもしれない。

8時。3時間粘ってアタリが全く無し。釣れないものは仕方がない。
「帰ろうか」ということで、帰り支度をして車に乗り込んだ。

このまま帰っても、三男の「魚をさばきたい」という希望は叶えられない。しばし考えて、

「泉佐野漁港なら、魚売ってるかもしれないな。いってみようか?」
「うん!」

ということで、南港から阪神高速湾岸線を飛ばして、泉佐野漁港へやって来た。

泉佐野漁港には市場があって、もちろん、一般のお客さんも大阪湾の豊かな海の幸を割安な値段で買うことができる。

到着したのは8時半過ぎ。まだ開いていないようだったが、裏口から入っていくと、市場のおばちゃんたちが昨晩上がった魚を冷蔵庫から出して店頭に並べていた。

見せてもろてもかまへん?

かまへんで、かまへんで!このイカどないや?美味しそうやろ?刺身でいけるで。この甘エビひと盛り1000円でどや?

あはは

おばちゃん、ごめん、こっちはさばける魚を探してるねん。

開店準備で忙しい店をくるっと見ていると、店頭に30cm以上ある「アジ」を並べている店があった。

おばちゃん、このアジ、刺身でいける?

うん、いけるで。昨日上がったばっかりや。600円やけど500円に負けといたるで!

30cmのアジ、5匹ひと盛りで500円!1匹100円やんか!安い!
三男と顔を見合わせて「うん」と頷くと、「おばちゃん、これ、もろうとくわ!」

袋にはたくさんの氷を入れてくれたけど、幸いこっちはクーラーに氷つきw

泉佐野漁港で買ったアジ

Apple iPhone SE (4.15mm, f/2.2, 1/30 sec, ISO50) at 10:07 on 2017/06/24

さっそく家に帰ってから、魚おろしの実習。
刺し身は晩ごはん食べる直前に造るから、鱗を取って、頭を落として、内臓を出して、血合いを取るところまで。

まずは1匹手ほどきを見せて、あとは三男に見よう見まねでやらせてみた。
ここまではどうにかうまくできた。

晩ごはんの前になって、三枚おろしの方法を教えたけど、さすがにそれは難しかったようで、中骨にかなり身がついてしまった。そのアジはそのまま身を細かく切って「なめろう」に。ネギや調味料を包丁で混ぜながら、リズムよく「とんとん」と包丁をたたけるけるようになった。

味は大満足。自分で釣った魚ではなかったけれども、初めて自分でおろしたアジのなめろう。いつもよりごはんを多めにおかわりしていた。

自分の息子のそういう姿を見ていると、もちろん親としてはうれしいものだが、正直言って、ぼくは不完全燃焼。朝は早くて眠たいし、魚は釣れへんし。

どうもそれから体調があまりよろしくない。



今週注目したブログ

プロカメラマンが、趣味カメラマンほど高価な道具を購入しない理由

私はライターだが、時には撮影もやる。そのための一眼レフも持っているし、結構お高めのレンズも購入したが、それは趣味兼用のカメラだったから。周りを見渡せば、そこまで高いレンズを購入していないプロカメラマンも多数。そこにはまっとうな理由がある。 撮影もセットで依頼される取材のため一眼レフを購入 取材の経費はピンキリで、当然安...

プロのカメラマンにとってカメラは「投資」。「投資」した以上の見返りを期待できない「投資」は「費用対効果」を考えると意味がない。

趣味のカメラマンにとっては、高額なカメラを買って使う事自体が「趣味」。それができるひとはやればいい。
今のぼくにはCanon EOS Kiss X7がちょうどいいなぁ。

ま、その人相応の機材、というのがあるのかもしれませんな。

【写真】2017 菖蒲(しょうぶ)と勝負してきた。

こんにちは、かのです。 お花を撮るのたのしいです!今月は菖蒲を撮ってきました。 6月10日と6月29日に2度行ってしまいました。 写真と共に… 6月10日|菖蒲はまだ3分~4分咲き この時点でも結構咲き揃っています。 ソフトクリームのオブジェ?(なんていうの?)がいい味だしてるんですよ。 つい撮りたくなる売店でした。 ...

菖蒲と勝負して見事勝ちましたね!

ぼくはね、男性が撮る写真と女性が撮る写真を単純に比較すると、女性が撮る写真のほうが好きなんです。何が違うのかと問われると非常に困るんだけど、女性特有の柔らかさが写真にもにじみ出ているのかもしれない。

ぼくは男性のおっさんだけど、女性が撮るような柔らかい写真を撮れるように目指している。

とうもろこしは皮付きで水から5分間茹でる!保存するなら立てたままにしてね。

夏野菜が美味しい季節になってきましたね! 子どもが作ったキュウリの浅漬けを食べたけど、市販のキュウリより歯ごたえがあって、とても美味しかったです。手作りの野菜は一味違った美味しさがあります。 夏野菜の中で、子どもも私も大好きなのがとうもろこし! 叔母から新鮮なとうもろこしをたくさんいただいたので、新鮮なうちに茹でておく...

とうもろこしが好きなんです。こんな素敵な茹で方があるなんて、さすがのこさん!イカしてる!
Evernoteに永久保存しました。

今週注目したツイート

カメラの三脚

すべてのカメラマンがそうであるとは信じたくない。でも、今まで様々な場所に撮影に行って、みんなのじゃまになっているのは三脚を広げたカメラマン。

きれいな写真を撮りたいという気持ちはわかる。ただ、それが「エゴ」になってしまってはいけない。

マジ嬉しい!♡(〃▽〃)

誰もそんなこと言ってくれないので、マジで嬉しかったです!(〃▽〃)

歴史を感じる

みんなホームページを作ってさ、Yahoo!のディレクトリサービスに登録してもらうのに必死だったんだよね。今で言うなら、Google AdSenseの審査に通るのと同じくらいの価値観?

みなまで言うな

見たくもないからフォロー外したんだけど、たまたま見てしまった。うだうだ言う前に書けよ。ブログが書けないのは書くための「価値」を持っていないからだろう。

たぶん記事には載らない今週の1枚の写真

土佐堀川横の遊歩道のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/100 sec, ISO100) at 18:16 on 2017/06/23

大阪の淀屋橋の土佐堀川の横の遊歩道に咲いていたバラです。
バラの最盛期はもう終わりましたが、まだまだこれから咲く薔薇もあります。通勤途中に見ると、ホッとしてなんだか嬉しくなります。

今週もお読みいただいてありがとうございます

月曜日のお姉さん

Twitterの友だちのこっこさん(@cocco00)がブログで「週刊イロトリドリ」というのをやっていらっしゃって、その「パクリ」です。

月曜日から日曜日までの1週間、その7日間に目にしたこと、聞いたこと、感じたことをうだうだと書く場がほしいな、ずっとそう思っていたんです。

一応、毎週月曜日の夜に書こうと思っています。今のところ、来週も書けたらいいな、そう思っております。

「週刊まろろぐ」を楽しみにしてくださる方が現れることを祈って。
ほなまたみなさん、ご機嫌よう。
さいなら〜ヽ(´ー`)

「写真愛好家」兼「週末Web随筆家」。

ちっちゃい花を撮ることがめっちゃ大好き。愛機はCanon EOS Kiss X7。50mm単焦点レンズと60mmマクロレンズで小さな花を撮ることに喜びを感じています。
職業はWEBのシステム屋。「まろ」と呼んでいただけるとうれしいです。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事