雨の日の写真の撮影に持っていって便利だったもの

シェアしていただけるとうれしいです

ソメイヨシノCanon EOS Kiss Digital N (50mm, f/1.8, 1/4000 sec, ISO400) at 10:20 on 2017/04/08

屋外での写真の撮影は、できればきれいに晴れた青空の下で行いたいものです。
花の写真を撮るにしても、きれいな自然の風景を撮るにしても、街の風景を撮るにしても、ポートレートを撮るにしても、天気のいい日のほうが気持ちがいいですしね。

とは言っても、天気のいい日ばかりが続くとは限らないのが世の常。
せっかく撮影に行こうとした日に雨が降ることだってあるわけです。

土砂降りだったら仕方がないんですけどね、小雨なら、ちょっと撮りに行ってみようと思いませんか?
うまくいくと晴れてくるかもしれませんし。

春4月。

2017年の春の到来は少し遅くて、サクラの開花も予想より随分遅れました。
その上、満開のサクラを撮影しようと思った週末は、生憎の雨。
今週を逃すと、来週は散ってしまうかもしれないサクラの花。

多少の雨でも撮影に行かなければ仕方がないじゃないですか?

雨の日の撮影に持っていって便利だったもの

天気予報によると、土曜日よりも日曜日のほうが降水確率が高く、荒天の予想でした。

土曜日の朝起きてみると小雨だったので、撮影を決行。
午後から雨マークだったので、午前中の早い時間に出掛けました。

花などの自然の写真を撮ろうと思ったら、天気予報とにらめっこですね^^;

カメラは精密機械。

防水・防塵のカメラやレンズもありますが、一般的な一眼レフは防水ではありません。
水をかぶると壊れてしまいます。

最低限カメラとレンズを雨で濡らさない配慮が必要ですね。
雨の日の撮影に持っていってよかったものをまとめてみました。

透明のビニール傘

雨が降っていれば傘を差せばいいのですが、普段使っている紳士物の傘は黒くて光を通しません。
遠くの景色を撮るならいいのですが、近くの花を撮るときには影になってしまいます。

そこで用意したいのが、コンビニなどで売られている透明のビニール傘

透明で光を通しますから、ほとんど撮影に支障がありません。
できれば少しお値段高い目の、大きくてしっかりしたもので、ワンタッチで開くものがいいですね。

100円均一で買った傘を持っていったのですが、半日使って壊れてパーになってしまいました。
ここはケチらないほうがいいですね。

折りたたみの透明傘というのもあるようです。

雨が降りそうなときに持っておくのもいいですね。

タオル

そうそう、雨ですからね、濡れた体を拭かないと、風邪を引いてしまいますからね。

じゃなくて、濡れたカメラとレンズを拭くためです。

傘を差していても、どうしても雨粒がカメラとレンズにかかってしまいます。
ササッと拭くにはタオルが便利です。

ですが、ゴワゴワの安物のタオルはやめておいたほうがいいです。
毛羽立ってしまって、ケバケバがカメラとレンズにくっつくんです。フーッと息を吹きかけたら舞い上がってレンズの表面にくっつくし。

最悪。

毛羽立たない少々お高い目の高級タオルをお持ちになるか、日本手拭などがよろしいかもしれません。

あと、移動中はタオルをカメラにかけておくと、少々の雨ならカメラとレンズにかかっても大丈夫です。

ブロワー

カメラとレンズが雨に濡れるわけですから、レンズ表面にも雨粒が付いてしまいます。

「あっ!」とおもって安物のタオルで拭いたときには、悲惨。
先程の安物タオルでレンズ表面を拭いてしまうと、ケバケバがレンズ表面にくっついて大変なことになってしまいました。
カメラ用のクロスで拭いても、薄く被膜のようになって水分が残ってしまうんです。

そこで用いたのが、ブロワー。
カメラやレンズに付いたホコリを吹き飛ばす、アレです。

2個も3個も買う必要はないと思いますので、いつも使っているやつを持っていけばいいと思います。

雨粒が付いたら、ぷしゅぷしゅ、って吹き飛ばすんです。
きれいに吹き飛んでいってくれます。

レンズの端っこに残った雨粒だけ、クロスで軽く拭いてやればいいですね。

今から買うなら大きめサイズのものをオススメします。
「プシュ」っと一回した時に出てくる風の量が、大きいサイズのほうが多いので、結果的に「プシュプシュ」ってする回数が減ります。

「プシュプシュ」するのって、結構疲れますよ。

雨の日の撮影「これがあればよかったのにな~」と思ったのもの

レンズフード

Canon EF50mm F1.8 STMを買ったときにね、レンズフードを一緒に買わなかったんですよ。
別にいらないか、と思って。

レンズフードって、余分な光がレンズに入らないようにするものだって聞いていたんですが、雨の日の撮影にも効果的なようです。
レンズの傘の役目をしてくれるんです。

買っておけばよかった(´・ω・`)

Canon レンズフード ES-68 L-HOODES68

Canon レンズフード ES-68 L-HOODES68

1,555円(12/11 11:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

純正のフードってなんかごついので、互換品でもいいかもしれません。

「花形」の方が、なんか格好いいですしね。

望遠レンズを買ったときには、フードも一緒に買ったのにな~

Canonの望遠ズームレンズ EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMを買ったのでレビューします
みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。 Canonの望遠ズームレンズ、EF-S55-2

EOS Kiss Digital N + Canon 望遠ズームレンズ EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM APS-C対応 EF-S55-250ISSTM
ものは試しにと、EW-63CをCanon EF50mm F1.8 STMにはめようとしましたが、はまりませんでした_(:3」∠)_

レンズを買うときは、フィルターと一緒にフードも買いましょう。

後日、Canon EF50mm F1.8 STM用のキャノン純正のレンズフード、ES-68を購入しました。ちょっといかついです。

Canon EF50mm F1.8 STM用のキャノン純正のレンズフードES-68

ハンドグリップ

雨が降るということは傘を差すわけで、右手、もしくは、左手に傘の柄を持ちますよね?
でも、カメラって両手を使いますやんか?

もう1本腕がほしい~!

というわけで、右手だけでもしっかりと構えられるように、ハンドグリップ、というものがあるんですね。
へぇ~

なんだ、結構安いものなんだ。
雨の日以外でも、普段から使えそうなので買っておこう٩(ˊᗜˋ*)و

雨の日の撮影も楽しい

せっかく撮影に行くんだったら晴れの日のほうがいいんですが、雨の日は雨の日で、普段とは違った物の見え方がすると思いませんか?

ソメイヨシノCanon EOS Kiss Digital N (50mm, f/1.8, 1/2000 sec, ISO400) at 09:56 on 2017/04/08

サクラの花も、雨に濡れてきれいでしたし。
雨の日の撮影も、土砂降りでなければ、ありじゃないのではないでしょうか?

というわけで、みなさんも楽しいカメラライフを。
ほなまた、ご機嫌よう。
さいなら〜ヽ(´ー`)

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事