mysqlコマンドを使ってXSERVERのMySQLのデータベースをリストア(復元)する方法[WordPress]

シェアしていただけるとうれしいです


XSERVERでWordPressのMySQLのデータベースのバックアップからデータベースをリストア(復元)する方法は、phpMyAdminから行うのが簡単な方法です。

phpMyAdminでデータベースをインポートする

目的のデータベースを選択し、「インポート」タブをクリックします。バックアップファイルを選択して「実行」をクリックすれば、バックアップファイルをWebサーバーにアップロードしてリストアしてくれます。

前回の記事で、XSERVER上で自動的にバックアップファイルを作成する方法を紹介しました。

mysqldumpコマンドを使ってXSERVERのMySQLのデータベースのバックアップを自動的に取る方法[WordPress]
XSERVERでWordPressのMySQLのデータベースのバックアップを取る方法はいくつかありまして、 phpMyAdminを使

XSERVER上に作成されたバックアップファイルをFTP(SFTP、FTPS)でダウンロードしてphpMyAdminからインポートしてもいのですが、せっかくXSERVER上にあるので、XSERVER上にあるバックアップファイルをXSERVER上でリストアする方法を紹介します。

mysqlコマンドを使ってXSERVERのMySQLのデータベースをリストアする

前回同様、sshでXSERRVERにログインします。
初めての方はこちらの記事をご参照ください。

WindowsからXSERVERにSSHで接続する方法
XSERVERにSSHで接続するには、Windowsでは定番の「Tera Term」を使えば問題なく接続できます。 ダウンロードTera

XSERVERにSSHでログインする

とりあえず、既存のデータベースにリストアしてみてみいいのですが、今回は実験ですので、テスト用の新しいデータベースを作成しましょう。

MySQLにログインします。

MySQLにログインする

テスト用のデータベースを作成する

テスト用に新しいデータベースを作成します。XSERVERのデータベースの命名規則が

[ユーザー名]_XXXX

になっているので、それに則って、ユーザー名が「foobar」であるとして、

foobar_test

というデータベースを作成します。

データベースを作成する

Query OK, 1 row affected

と返ってくればOKです。「quit」と打ってMySQLから切断します。

phpMyAdminでデータベースができているかどうか確認する

データベスが本当にできているかどうか確認します。phpMyAdminから確認してみましょう。

データベースができているか確認する

できていますね。中を見てみましょう。

データベースができているか確認する

まだテーブルを作成していないので、中身は空っぽです。

データベースをリストアする

このデータベースにバックアップした内容をリストアします。

バックアップファイルは、ホームディレクトリの下の「backup」というディレクトリにあり、土曜日にバックアップを取った「foober_blog_Sat.sql」というファイルを使います。

コマンドを実行します。

データベースをリストアする

「OK」も何も返ってきませんが、エラーが出力されなければ成功です。

phpMyAdminでリストアされた内容を確認する

phpMyAdminでリストアされたか確認してみましょう。

phpMyAdminで確認

実際のブログのデータベースと同じテーブルが作成されていれば成功です。

実際の運用では

実際の運用においては、ブログで使っているデータベースに対してリストアを行うことになります。バックアップを取ったファイルに

DROP TABLE IF EXISTS `wp_blc_filters`;

のようにDROP文が入っていればそのままリストアできますが、DROP文が入っていない場合は、テーブルをすべて削除してから行うか、一旦データベースを削除して再度作成してからリストアを行うといいでしょう。

ではでは。
では、楽しいブログライフを!

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事