裏庭の「マダツボミ2号」が可憐なテッポウユリになった日

以前このブログで、不思議なポケモン「マダツボミ」が裏庭に住み着き、とても麗しいユリに成長した話を載せました。

庭の「マダツボミ」Canon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO100) at 05:59 on 2017/07/19

6月の中旬頃だったと記憶しています。 裏庭のそこそこ背の高い一本枝の先っぽに、先の尖った形の「ツボミ」がついていることに気がつきま...

あのユリは、7月28日未明に降った強い雨で、壮絶な最後を遂げました。花びらが全部落ちて「棒」になってしまったのです。

「マダツボミ」だった「棒」Canon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/100 sec, ISO100) at 07:54 on 2017/07/29

7月29日の朝、「棒」になってしまった「マダツボミだった麗しかったユリ」を、呆然と眺めていました。

「花の命は短くて」

あまりにもきれいな散り際。今か今かと咲くのをじらせ続けた「マダツボミ」は、短い花の命を謳歌して、去ってゆきました。



気づけばそこに「マダツボミ2号」が!

7月29日土曜日

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO100) at 07:52 on 2017/07/29

「マダツボミ1号」が咲いていた少し奥の場所に、奇しくも「マダツボミ1号」が去ったその日に、またユリのツボミを見つけました。

「マダツボミ」にあやかって「マダツボミ2号」と名付けました。

8月5日土曜日

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO100) at 07:18 on 2017/08/05

少し大きくなった「マダツボミ2号」は「お辞儀」を始めていました。

終始一貫上を向き続けた「マダツボミ1号」とは違い、少し気の弱そうな、「なよなよ」っとしたやつなのかもしれません。

8月10日木曜日

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/100 sec, ISO400) at 06:58 on 2017/08/10

随分ツボミの長さが長くなってきました。

8月11日金曜日

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (60mm, f/3.5, 1/125 sec, ISO100) at 09:29 on 2017/08/11

いつもと角度を変えて撮ってみました。シュッと線が入っていて、鼻筋が通ったようにも見える。どんなべっぴんさんが咲くのだろう?

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (60mm, f/3.5, 1/60 sec, ISO100) at 09:29 on 2017/08/11

いつもの角度で。特に変わった様子はなさそうですが、ちょっと長くなったかな?

8月12日土曜日

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/250 sec, ISO100) at 12:58 on 2017/08/12

特に昨日と変わった様子はありません。ちょっとピンボケなのはご容赦。

8月13日日曜日

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO200) at 08:00 on 2017/08/13

昨日と明らかに様子が違っています。写真の写り具合ではありません。全体的につぼみが「白っぽく」なってきています。

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/400 sec, ISO100) at 12:44 on 2017/08/13

ツボミのさきっぽも、少し割れてきているようです。いよいよかな?

8月14日月曜日

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/250 sec, ISO100) at 13:33 on 2017/08/14

いよいよ、明日、明後日くらいに咲きそうな気がします。つぼみが張ってパンパンです。

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/200 sec, ISO100) at 13:33 on 2017/08/14

ツボミのサキッポをEF-S60mm F2.8 マクロ USMを使ってドアップで。

最近覚えた、「マニュアルフォーカスでフォーカスを固定して、カメラを前後に動かしてピントを合わせる」という技を惜しみなく使って撮影した写真です。

割れ目が深くなってきています。

8月15日火曜日 咲きました٩(ˊᗜˋ*)و

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (60mm, f/3.5, 1/60 sec, ISO100) at 08:20 on 2017/08/15

朝起きてくると、「マダツボミ2号」は可憐な「テッポウユリ」になっていました。

あいにくの雨にもめげず、しっかりと咲いています。

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (60mm, f/3.5, 1/100 sec, ISO100) at 08:21 on 2017/08/15

まだ雌しべも雄しべもフニャッと柔らかい様子。一日も経てばしっかりしてくるのでしょうけれども、雨が心配だなぁ。

8月16日水曜日 可憐なテッポウユリになりました

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (60mm, f/5.6, 1/320 sec, ISO400) at 08:16 on 2017/08/16

雨にも負けず、「マダツボミ2号」は可憐な「テッポウユリ」になりました。雌しべも雄しべもしっかりとしています。

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.8, 1/125 sec, ISO100) at 08:18 on 2017/08/16

「テッポウユリ」はその名の通り、花の丈が長いのが特徴です。

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/500 sec, ISO100) at 08:19 on 2017/08/16

無事に可憐なテッポウユリになってくれて、うれしくて思わず涙したのでありました。

8月17日木曜日 昨日よりさらに美しく

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/320 sec, ISO100) at 07:47 on 2017/08/17

花びらの縁をよく見ると、引きちぎられたような感じになっています。おそらくツボミから花になるときに避けたときのあとなんでしょうね。

ユリは他の花と違って、花びらが重なってツボミになっているのではなく、いわば「筒状」のつぼみが裂けて花になるようですから。

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/320 sec, ISO100) at 07:47 on 2017/08/17

昨日よりさらにしっかりとした姿になっってきました。

マダツボミ2号Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.8, 1/100 sec, ISO100) at 07:47 on 2017/08/17

立派な姿になってうれしい。いつまでもきれいな姿でいてほしいね。

観察日記風で面白かったです

同じ花のツボミをずっと追いかける、観察日記をつけるようで面白かったです。観察日記なんて、小学校1年生のアサガオの観察日記以来じゃないのかな?

あまり変化が見られないなと思ったら、急激な変化がやってきて、翌朝には咲いていた、というような慌ただしさも面白かったです。

うちには息子しかいないので感覚がわからないのですが、娘が急に大きくなってきれいなって、お父さんドギマギしてしまう、ってこんな感じなのかな?と思いながらまとめてみました。

「週末写真愛好家」兼「週末Web随筆家」。

ちっちゃい花を撮ることがめっちゃ大好き。愛機はCanon EOS Kiss X7。50mm単焦点レンズと60mmマクロレンズで小さな花を撮ることに喜びを感じています。
職業はWEBのシステム屋。「まろ」と呼んでいただけるとうれしいです。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事



スポンサーリンク