和泉リサイクル環境公園のひまわりを撮ってきました。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (55mm, f/4, 1/2000 sec, ISO100) at 10:37 on 2017/08/19

8月もあと10日あまりとなってしまいましたが、みなさまご機嫌いかがでしょうか?
10日間もの夏休みを頂いたものの、お盆頃から天候不順で雨の日が多く、なかなか撮影に出かけるチャンスがありませんで、花に飢えておりました。

私の夏休みもあと2日と迫った土曜日。珍しく朝からピーカンで、「今日が残りのチャンス!」とばかりに「ひまわり」の撮影に行ってまいりました。

撮影に向かったのはコチラ。和泉リサイクル環境公園というところです。

元は産業廃棄物の最終処分場だったところを、地域住民との約束通り、

その跡地を、「自然あふれる、憩いの空間」として再生し

参考URL「リサイクル環境公園」の由来

公園になったというわけですね。

きれいに整備されて、季節によって色んな花が咲いていますが、今の時期は「ひまわり」。

もう見頃は過ぎているとのことでしたが、ラストチャンスを狙っていってまいりました。



まずは望遠ズームで

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO100) at 10:39 on 2017/08/19

到着して園内に入って、まず取り出したのはEF-S55-250mm F4-5.6 IS STM

今のところ「広角レンズ」を持っていなのですが、こういう「景色」を広く撮ることよりも、ワーッっとたくさんあるものの中から、ある一つのものをピックアップして撮るのが好きなんです。

今日は暑いからか、みんな下向いていますな。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (155mm, f/5.6, 1/800 sec, ISO100) at 10:40 on 2017/08/19

そんな暑い中でも、上をしっかり向いた子がぼくは好きです。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO100) at 10:40 on 2017/08/19

ちょっとうつむき加減な子も可愛いですけどね。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/320 sec, ISO100) at 10:41 on 2017/08/19

そうそう、ワーッっとたくさんある中から、こうやって目についたもの、目が合ったものを撮るのが好きなんですよ。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/640 sec, ISO100) at 10:42 on 2017/08/19

まわりの中かから飛び出している子、とかね。しゃがんでひまわりと同じ目線で、特徴的なひまわりを探すのが面白いんです。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (89mm, f/4.5, 1/1000 sec, ISO100) at 10:44 on 2017/08/19

園内をグルっと回っていくと、当然ひまわりの背後に出るわけで、

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (89mm, f/4.5, 1/800 sec, ISO100) at 10:44 on 2017/08/19

まぁ、みんなして同じ方向を向いていますわ。不思議ですね。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO100) at 10:50 on 2017/08/19

ほんでまた、グルっと回ってきて、たくさんの中かから目立った子、可愛い子を撮るわけです。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO100) at 10:52 on 2017/08/19

「同じような構図」になるのは仕方ないですよ。だって、この撮り方が好きなんですもん。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/320 sec, ISO100) at 10:56 on 2017/08/19

「日の丸構図」だって構わないじゃないですか?ひまわり可愛いんだから。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (121mm, f/5, 1/640 sec, ISO100) at 10:51 on 2017/08/19

やっぱ「ひまわり」といえば夏の花。青い夏の空をバックに撮りたい。ちょっと水蒸気が多くて濃い青にならないけど。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (152mm, f/5, 1/250 sec, ISO100) at 10:51 on 2017/08/19

青空をバックに「どーん!」と真ん中に。あ、でもこれだと近くにある花は50mmの単焦点レンズでも狙えるな。

今度は50mm単焦点レンズで

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/500 sec, ISO100) at 11:00 on 2017/08/19

レンズをEF50mm F1.8 STMに交換しました。

絞りを開放で撮ると明るすぎるので、ND8フィルタを付けています。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/500 sec, ISO100) at 11:01 on 2017/08/19

ND8フィルタをつけると、青空が濃く映えますね。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/200 sec, ISO100) at 11:02 on 2017/08/19

手元に咲いているひまわりをパシャリ。元が大きい花だから、あんまりボケないですね。

今度はマクロレンズで

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/400 sec, ISO400) at 11:06 on 2017/08/19

今度は今お気に入りのEF-S60mm F2.8 マクロ USMで。

気にせずどんどんひまわりに寄れるので、気持ちよく撮れます。ちょっと近づきすぎましたか?

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/4, 1/250 sec, ISO400) at 11:07 on 2017/08/19

花弁は大きな1つの花のように見えるが、実際は頭状花序と呼ばれ、多数の花が集まって1つの花の形を形成している。

参考URLウィキペディア・ヒマワリ

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/4, 1/250 sec, ISO400) at 11:11 on 2017/08/19

つまり、我々が「ひまわり」と呼んでいる花は小さな多数の花が集まって1つの花を形成しているわけですよ。ここに写っている小さなひとつひとつが「ひまわりの花」なんですね。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/4, 1/640 sec, ISO400) at 11:08 on 2017/08/19

(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

あ、すみません、お仕事中の方がいらっしゃいました。ミツバチです。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/4, 1/500 sec, ISO400) at 11:08 on 2017/08/19

後ろの足に「花粉団子」つけてるのがわかります?PCでご覧の方は画像をクリックすると大きな画像になります。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/4, 1/800 sec, ISO400) at 11:08 on 2017/08/19

かき入れ時で忙しいんでしょうね。(((((((((((っ・ω・)っ ブーンと去って行ってしまいました。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/4, 1/1250 sec, ISO400) at 11:11 on 2017/08/19

大きい花をわざわざマクロレンズで撮るのってどうなんだろう?って思いますが、離れて撮ったり、寄せて撮ったりするので、マクロレンズって万能だな、と思うんですよ。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/2000 sec, ISO100) at 11:12 on 2017/08/19

絞りを開放にすればきれいにボケてくれますしね。

和泉リサイクル環境公園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/1000 sec, ISO100) at 11:15 on 2017/08/19

ボケ具合はEF50mm F1.8 STMの方が優しいのかな?

まだ両方のレンズの良さを引き出せるほどの技量がなくて。

企業の取組としての緑化公園

大阪府の南部の山中は本当に産業廃棄物処理場が多くて、こんなに山積みにして大丈夫なのかな?と思うくらいのたくさんの産業廃棄物が集められています。

大阪府民の飲水は殆どが淀川から取水したものですので、このあたりの河川から取水したものではありません。それでも、雨が降ると汚染物質が流れ出して川に入り、最終的には大阪湾に流れ着かないのかな?と危惧しています。

もともと大阪の南部の山は広葉樹が茂った豊かな森でした。本当のことをいえば、ブナやクヌギなどを植樹して、元の森に返してあげるのがいちばん良いんでしょう。

でも、地域住民との約束を守り、公園を作って維持していくということは、一企業の努力として認められるべきことなのかな?とも思います。

ちなみに、和泉リサイクル環境公園の入場は無料で、駐車場も無料です。春と秋の季節の良いときは結構込み合うようですのでご注意を。

というわけで、きれいなひまわりを見せてくれる環境を維持して下さる方々に感謝して。
ほなまたみなさん、ご機嫌よう。
さいなら〜ヽ(´ー`)

「写真愛好家」兼「週末Web随筆家」。ちっちゃい花を撮ることがめっちゃ大好き。愛機はCanon EOS Kiss X7。50mm単焦点レンズと60mmマクロレンズで小さな花を撮ることに喜びを感じています。 職業はWEBのシステム屋。「まろ」と呼んでいただけるとうれしいです。
スポンサーリンク