過去記事の掘り起こしにRevive Old Post[WordPress]

シェアしていただけるとうれしいです

Twitterでよく流れてくる「過去記事紹介」

Twitterのタイムラインを見ていると、よく流れてくるのが「過去記事紹介」として過去のブログの記事を紹介するツイート。いつでもどこでも夜中でも!流れてくるので、いったいこの人はいつ寝ているんだろうと思っていたのだけれども。

ぐぐってみたら、自動的に過去記事を紹介するツイートを流してくれるプラグインがあるんですねぇ。ぼくも過去記事の掘り起こしのためにテスト的に導入してみたので、どんな感じか紹介してみます。

インストールは簡単

WordPressの管理ページの「プラグイン」→「新規追加」で、「Revive Old Post」と入力して検索します。
「Revive Old Post」が検索に上がってくるので、「今すぐインストール」をクリックして、「有効化」をクリックするだけです。

超簡単!

設定も簡単

インストールと有効化が完了すると、メニューにでかでかと「Revive Old Post」というのが下の方にあると思います。そこをクリックすると動作の設定をすることができます。

SNSのアカウントとの連携

「Accounts」でSNSとのアカウントの設定を行います。ぼくはTwitterしかしていないので、ツイッターのアカウントを設定してます。
Revive Old Post

一般設定

「General settings」でRevive Old Postの一般的な設定をします。
Revive Old Post

  • Minimum interval between shares
    過去記事をSNSに投稿してから次の投稿までの時間の間隔を設定します。単位はHour(時)です。
  • Minimum age of post to be eligible for sharing
    SNSに投稿する過去記事のうち、何日前の記事までシェアするか設定します。単位はDay(日)です。
  • Maximum age of post to be eligible for sharing
    今度は、何日前の記事からシェアするか設定します。
    「Minimum age of post to be eligible for sharing」で設定した日と、「Maximum age of post to be eligible for sharing」で設定した日の間の期間の記事がSNSにシェアされます。
  • Number of Posts to share
    一度にいくつの記事をシェアするか設定します。
  • Share old posts more than once
    一回シェアした記事をもう一回シェアするか?
    チェックすると、一回シェアした記事をもう一回以上シェアします。
  • Google Analytics Campaign Tracking
    Google Analyticsのキャンペーン用のトラッキングコードをつけるかどうか設定します。
    チェックすると、URLにトラッキングコードをパラメータとしてくっつけてくれます。
  • Exclude Specific Categories
    シェアするのを除外するカテゴリ。
    チェックすると、そのカテゴリの記事は除外してくれます。

フォーマット

Revive Old Post

  • Post Content
    SNSに投稿する内容を選択します。
  • Length
    SNSに投稿する文字数。Twitterだから140文字がいいですね。
  • Additional Text
    投稿する内容の頭にくっつける文字。ぼくの場合、
    【まろろぐ】過去記事紹介?
    をくっつけてます。
  • Additional Text At
    上記の文字を投稿のどこにくっつけるか?頭かおしりを選択します。ぼくは頭にくっつけてます。

使ってみての感想

面白いって言えば、面白いんだけれども、使い方を誤ると「うざいだけ!」になってしまいます。

投稿の回数

例えば、「Minimum interval between shares」。
いっぱい読んでほしいからといって、一日になんども過去記事を投稿していると、はっきり言ってフォロワーさんに鬱陶しがられると思います。節度のある回数が望ましいのでは?
デフォルトで4回になっていましたが、僕の場合は2回に設定しています。

一日に2回ということは、おおよそ、12時間に1回、投稿されるということになります。投稿時間の設定ができればいいのですが、お金を払ってProバージョンにしないと駄目みたいですね。

一日に2回の投稿、それも12時間に1回の投稿ですから、タイミングを考えないといけません。

「START SHARING」をクリックしてしばらくすると1回めの投稿が行われます。1回めの投稿をいつ行うかでタイミングが決まるわけです。

ぼくの場合、朝の通勤時間、それと、夜の落ち着いた時間に投稿したかったので、午前8時前後と午後8時前後に投稿されるように、夜の8時前に「START SHARING」をクリックしてみました。

「8時前後」と曖昧な書き方をしたのは意味があって、必ず「8時ちょうど」に投稿が行われるとは限らないからです。なぜなら、WordPressのこの手のプログラムって、希望の時刻の後に「アクセスがあって」起動されるからです。タイムスケジューラなどがあってそれで起動されるわけではありません。
当然誰もブログにアクセスしてくれなければ、いつまでたってもRevive Old Postが起動しない、という寂しいことになりえます。

どれくらい古い記事まで投稿するか

Twitterのタイムラインを見ていると、残念な「過去記事投稿」があったりします。
例えば、「賞味期限がある投稿」

iOSの記事を書いていらっしゃるのだけれども、現行のiOSのバージョンは8.4(2015年7月9日現在)。にも関わらず、iOS8.3などの古いバージョンのレビューを書いた記事を紹介してもらってもなぁ・・・。

これから季節は夏。暑くなってくるというのに「寒い時期はあったかい○○を作って食べよう」みたいな。我慢大会かよ・・・見たいな。

「Minimum age of post to be eligible for sharing」と「Maximum age of post to be eligible for sharing」の値を調整するのと、「Exclude Specific Categories」で除外するカテゴリを設定してやれば、そういった悲しい出来事は防げると思います。

僕の場合は、7日前から28日前までに限定しています。あまり古い記事はネタが古いし、どちらかと言うと、最新の記事を見逃したフォローワーさん向け、という感じに設定しています。

何事も節度が肝心

ブログの記事を書けば、できるだけたくさんの人に読んでもらいたいというのが人情。しかし、それが仇となって、うざったく思われたり、胡散臭く思われるのは非常に心外。

節度のある使い方が肝心ですね。

では、使用上の注意をよく読んで、楽しいブログライフを。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事