マクロレンズで撮る花の世界へようこそ!

シェアしていただけるとうれしいです

みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。

小さな花を撮るのが好きで、Canonのマクロレンズ、EF-S60mm F2.8 マクロ USMを購入してから約1年ほどになります。

CanonのマクロレンズEF-S60mm F2.8 マクロ USM を買ったのでレビューしますね
念願だったマクロレンズ、Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USMをやっとのことで買いました。 前回交換レンズを購入したのはCanon EF50mm F1.8 STM、約3か…

マクロレンズを買ったきっかけは、小さな花を普通のレンズで撮ることに限界を感じたから。

初めてマクロレンズを使って小さな花を撮った時には、

まろ
こんなにきれいに大きく撮れるのか!

ってとても魂を揺さぶられました。

第6回あめさんぽのムラサキサギゴケCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/200 sec, ISO100) at 14:52 on 2017/05/14

あめたまさん(@ametama_l2l)主催のフォトウォーク、「第6回あめさんぽ」に参加したときに、あめたまさんにお借りしたマクロレンズで撮影したものです。

京都府立植物園にフォトウォークに行ってきました~第6回・あめさんぽ 参加レポート
みなさん、こんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。 5月14日の日曜日、Twitterでお友達になっていただいているあめたまさん(@ametama_l2l)…

1cmあるかないかくらいの小さな花。その小さな花をこんなに大きく写せるんです。

感動じゃないですか!

花撮り人のぼくがマクロレンズの虜になったことは言うまでもありません。

小さな花をマクロレンズ撮る

ということで、カメラにマクロレンズを取り付けて、ふらふら〜っと、花の写真を撮りに行ってきました。

マツバウンランCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/500 sec, ISO100) at 10:45 on 2018/06/16

マツバウンランという花だそうです。紫と白のツートーン、花の形が「うさぎ」みたいで可愛いです。

マツバウンランCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/800 sec, ISO100) at 10:47 on 2018/06/16

「うさぎ」みたいな花なので、逃げ足も速いんですよ。

花が逃げるはずがない

って?いやいや、この日は風が吹いていて、花が揺れるんですよ。ピントをあわせるのが非常に難しい。

タツナミソウ?Canon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/80 sec, ISO200) at 11:01 on 2018/06/16

シソ科の花だと思うのですが、名前がよくわかりません。タツナミソウによく似ています。

頭に毛が生えた「怪獣」みたいです。

カタバミCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/3200 sec, ISO100) at 10:33 on 2018/06/16

カタバミの花。1cmくらい。とても小さい花ですが、マクロレンズだと比較的簡単に撮れます。

カタバミCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/1250 sec, ISO100) at 10:51 on 2018/06/16

少しクローズアップして。小さな花を撮影するときに気をつけているのは、「蕊(しべ)」の部分にピントを合わせること。絞り開放で撮って全体をぼかせても、蕊の部分にピントが合っていることで、ふんわりとした中にも「ピリッと」した印象を与えます。

緑色の雌しべと、黄色い花びらの根本が紅色に染まって、とても可愛いです。

ベニカタバミCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/200 sec, ISO100) at 10:37 on 2018/06/16

ベニカタバミ。カタバミに比べると一回り大きな花です。これくらい寄ろうと思うと、マクロレンズじゃないと難しいです。

ベニカタバミCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/125 sec, ISO100) at 11:03 on 2018/06/16

咲きかけのベニカタバミ。花びらが「ぼわ〜っ」とボケていて、蕊にピントが合っている撮り方が好きなんです。

ベニカタバミCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/320 sec, ISO100) at 11:09 on 2018/06/16

うまい具合に2つの花の「蕊」の部分にピントが合ってくれました。カメラの角度を変えることでこんな感じに撮れました。このとき風がほとんど吹いていなかったので、条件的に撮りやすかった、ということもあります。

ベニカタバミCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/2, 1/1000 sec, ISO100) at 11:07 on 2018/06/16

ちなみに上の写真はマクロレンズではなく、TAMRONの単焦点レンズ SP 35mm F1.8 Di VC USDに付け替えて、同じ構図で撮ってみました。

TAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USD を買ったのでレビューしますね!
みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。 TAMRONのSP 35mm F1.8 Di VC USDを購入しました。 悩んで悩んで悩み抜いた結…

SP 35mm F1.8 Di VC USDは、カメラのセンサー面から20cmの距離まで寄って撮れます。20cmというと、ほとんどレンズにくっつけて撮っている感じです。

EF-S60mm F2.8 マクロ USMは絞り開放でf/2.8。

一方のSP 35mm F1.8 Di VC USDはf/1.8です(ボケすぎるのでf/2.0にしてます)。

比べてみるとボケ方が全然違いますね。このへんは好みの問題かと思います。

ただ、SP 35mm F1.8 Di VC USDはこれ以上は被写体に寄ることはできません。このベニカタバミよりも小さい花をうまく撮ることは難しいです。

「寄れる単焦点レンズ」とは言えども、マクロレンズにはやはり敵わないですね。

ベニカタバミCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/80 sec, ISO100) at 11:24 on 2018/06/16

「蕊」の部分を更にクローズアップ。これだけ寄るにはマクロレンズじゃないと無理です。

肉眼でもなかなか見えない「蕊」の部分がきれいに撮れて満足です。

フウロCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/1250 sec, ISO100) at 11:18 on 2018/06/16

フウロの仲間だと思いますが、名前がわかりません。先端が丸く2つに別れた濃いピンクの花びら。濃い色の筋が印象的です。濃い紫色の雄しべがチャームポイントですかね?

いっとき花の名前を必死になって調べていた時期もありましたが、最近は

まろ
別に花の名前知らなくてもいいか。

って思い始めています。花の名前って、人間が勝手に決めたものですしね。花の名前を知らなくても、可愛く綺麗に撮れればいいか、って思っています。

大きな花もマクロレンズ撮る

マクロレンズは「小さな花を撮る」だけに使うのではなく、大きな花を撮るときに使っても面白いです。

ハイビスカスCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/5, 1/60 sec, ISO100) at 10:13 on 2018/06/16

なんじゃこれ?

って思うでしょう?

ハイビスカスCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/3.2, 1/320 sec, ISO100) at 10:15 on 2018/06/16

ハイビスカスフヨウかなんかの花だと思うのですが(よくわかってないw)。

大きな花をそのまま普通に撮っても普通でしょ?ですので、花の中の印象的な部分を拡大するように撮ってみました。

細かい毛の生えた赤い雌しべと、黄色い花粉がたくさんついた雄しべ。これだけ見ると別の生き物みたいですよね。

ハナショウブCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/3200 sec, ISO100) at 10:24 on 2018/06/16

ハナショウブが咲いていました。ふわふわしている様がきれいで可憐で可愛いです。

これを普通に撮っても普通なだけですが、

ハナショウブCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/640 sec, ISO100) at 10:26 on 2018/06/16

真ん中の部分を切り取るようにして撮ると、更につややかで、妖艶で、色っぽい。って、全部おんなじ意味か。

あじさいCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/125 sec, ISO100) at 12:17 on 2018/06/16

アジサイです。息を止めて、花びらの先端にピントを合わせてみました。花びらのカーブが面白いのと、花びらの先端にピントが合うことで花全体がふわっとボケていて大好きなんですが。こういう撮り方。

インスタではあんまり評判よろしくないですけども‪( ‘ω’ )‬

みんなおいでよ、マクロレンズの世界

マクロレンズって、小さな世界を撮るためのレンズと思われがちですが、普通に単焦点レンズとしても使えます。

あじさいCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/320 sec, ISO200) at 12:15 on 2018/06/16

アジサイもこんなふうにきれいに撮れます。絞りを開けるときれいにボケてくれますし、絞るとピリッとした写真も撮ることができます。

でも、マクロレンズの真価が発揮されるのは、こういった小さい花を撮るときかな?って思います。

オオイヌノフグリCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO100) at 13:54 on 2018/03/04

オオイヌノフグリです。今のところ、一番お気に入りの写真です。草むらの中で寝転んで、枯れ葉まみれになりながら、1時間近く粘って撮った写真です。

カンタンお手軽に撮るスナップ写真も楽しいですが、粘って粘って苦労した写真も楽しいですよ。

Canon 単焦点マクロレンズ EF-S60mm F2.8マクロ USM APS-C対応

Canon 単焦点マクロレンズ EF-S60mm F2.8マクロ USM APS-C対応

38,790円(07/22 23:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

というわけで今日はこの辺で。みなさん楽しいカメラライフを。
ほなまたね。
さいなら〜ヽ(´ー`)

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事