EOS Kissユーザーにオススメ!2本目の交換レンズ

シェアしていただけるとうれしいです

みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。

ぼくが写真を始めてから1年半ほどになります。まだまだ駆け出しの初心者アマチュアカメラマンです。

カメラはキヤノンのEOS Kiss X7を使っています。2017年4月に購入しました。

世界最小一眼レフCanon EOS Kiss X7を買ったのでレビューしますね
世界最小の一眼レフカメラ、Canon EOS Kiss X7を買ってしまいました。 購入した理由はこちら。 これまで使っていたEOS Kiss Digital Nの性能に不満を持ち始…

デジタル一眼レフカメラの中では最も小さい機種で、女性にも扱いやすいカメラです。

EOS Kiss X7

Apple iPhone SE (4.15mm, f/2.2, 1/40 sec, ISO25) at 00:00 on 1970/01/01

EOS Kissシリーズは、初心者向けとして簡単で扱いやすく設計されたカメラです。初心者向けとはいっても、基本的な性能はしっかりしています。スナップ写真のみならず、本格的な写真撮影もできます。

デジタル一眼カメラの魅力は、撮影シーンに応じて、レンズを交換できることです。カメラに付いてきた普段使っている「標準レンズ」から交換することで、1クラス上の写真を撮ることができます。

普段はお子さんや家族の写真を撮るだけのパパさんやママさんにおすすめする、ちょっとだけ本格的な写真を簡単に撮ることができる交換レンズを紹介します。

交換レンズとは?

先にも記載しましたが、デジタル一眼カメラは、レンズを取り外して、別のレンズに交換することができます。

広い範囲を撮るためのレンズ、人の目で見た感じで撮れるレンズ、遠くのものを撮るためのレンズなど、様々な画角のレンズがあります。

画角で分けると、大別して3種類のレンズに分けることができます。

撮影できる範囲角度のことを画角といいます。
明確な区分わけがあるわけではなく、メーカーなどによって若干区分が異なることもあります。

標準レンズ

焦点距離が50mm程度というのが「標準レンズ」のくくりになるようです。メーカーの区分としては、35〜70mmくらいの焦点距離のレンズを「標準レンズ」としているようです。

標準レンズは、人の目で見た感じの画角に近いため、もっとも使いやすいレンズとも言えます。

いわゆる「キットレンズ」としてカメラに付属してくるレンズには、標準レンズが多いです。一般的な撮影シーンに適しているからです。

Canon EOS Kiss X9のレンズキットについてくる標準レンズです。

Canon 標準ズームレンズ EF-S18-55mm F4.0-5.6IS STM APS-C対応

Canon 標準ズームレンズ EF-S18-55mm F4.0-5.6IS STM APS-C対応

12,966円(07/22 18:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

18mmという広角域から55mmの標準域に対応しています。

広角レンズ

「標準レンズよりも広い範囲が撮れるレンズ」というのが一般的な区分です。

広大な景色や星空など、人の目で見たよりも広い範囲を撮ることに長けたレンズです。

望遠レンズ

「標準レンズよりも狭い範囲を撮るためのレンズ」です。

「狭い範囲を撮る」ということは、望遠鏡のように遠くにあるものを撮影したり、近くにあるものを大きく撮影することに適したレンズです。

EOS Kissユーザーにおすすめのレンズ

EOS Kissユーザーで、既に標準レンズをお持ちの方にオススメする2本目のレンズを紹介します。

ターゲットは「EOS Kissを使っている初心者」になりますので、

  • 安価であること
  • 必ずステップアップできるレンズであること

を条件にしてみました。

望遠レンズ

遠くのものを撮るためのレンズ、近くのものを大きく撮るレンズとしてオススメするのはCanon EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMです。

Canonの望遠ズームレンズ EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMを買ったのでレビューします
みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。 Canonの望遠ズームレンズ、EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMを買いました。 今…

EOS Kissなどのキヤノン製のAPS-Cサイズのイメージセンサーの機種専用のレンズです。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO100) at 11:36 on 2017/10/08

2万円以下の安価な値段で購入でき、性能も申し分ありません。また、非常に軽いので、女性にもオススメできるレンズです。

第6回あめさんぽCanon EOS Kiss X7 (127mm, f/5, 1/500 sec, ISO800) at 16:44 on 2017/05/14

お子さんの運動会でも活躍しますし、花も綺麗に撮ることができます。

花の文化園のスイレンCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/800 sec, ISO100) at 08:22 on 2017/07/15

ぜひ持っておきたいレンズとしてオススメします。

望遠レンズをつかって撮影するコツをこちらの記事にまとめています。

望遠ズームレンズを使ってうまく写真を撮るための3つの効果を覚えよう!
みなさん、望遠ズームレンズって持っていらっしゃいます?「ダブルズームキット」などといわれるセットのカメラであれば、カメラ本体と、標準ズームレンズ、望遠ズームレンズの2本のレンズがセットになっていたと思…

単焦点レンズ

標準レンズはいわゆる「ズームレンズ」で、ズームリングを回すこと焦点距離を変えることができます。標準レンズとして紹介したEF-S18-55mm F4.0-5.6IS STMは、18mmの広角域から55mmの標準域まで調整することができます。

一方、単焦点レンズというのは、ズームレンズのように焦点距離を変えるための機構を持っていません。焦点距離は固定になっています。

被写体までの距離をカメラを撮る自分が動いて調整します。

ちょっと不便ですね。

ただし、単焦点レンズにはズームレンズにない特徴があります。

ズームレンズは焦点距離を変えるための仕組みがレンズ本体の中にあって、中は屈折率の異なるたくさんのレンズで構成されています。

たくさんのレンズを光が通過してくるので、途中で光が弱くなってしまい、暗くなってしまいます。

一方の単焦点レンズは、ズームの仕組みがレンズ本体には備わっていないので、構成するレンズの数を減らすことができます。

そのため、ズームレンズに比べて明るく写すことができます。

明るさの調整はF値で表しますが、単焦点レンズはズームレンズに比べるとF値を小さくすることができます。F値を小さくするほど被写界深度といって、ピントが合っている距離(深さ)が短くなり、ピントが合っていない部分がボケやすくなります。

標準レンズに比べると、綺麗にボケた写真を撮ることができるわけです。

オススメする単焦点レンズはCanon EF50mm F1.8 STMです。

Canonの単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM は初心者をトリコにするレンズだった!【購入レビュー】
みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。 ず~っとず~っと欲しかった「Canon EF50mm F1.8 STM」をやっとのことで買いました。欲しい…

1万5千円を切る値段で購入できるとても安価なレンズでありながら、玄人のカメラマンも使う性能が高いレンズです。

F1.8という明るいレンズで、被写体の背景が綺麗によくボケてくれます。また、50mmという標準域のレンズなので、標準レンズから取り替えてもさほど違和感がありません。

なんといっても軽いです。重さが160gしかありません。付けていることを忘れるくらい軽いです。

第6回あめさんぽCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/1250 sec, ISO100) at 13:42 on 2017/05/14

スナップ写真も撮りやすいし、花を撮るにも最適のレンズです。明るいレンズですので、部屋の中でも明るく撮影することができます。

靭公園のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/4, 1/2000 sec, ISO100) at 14:32 on 2017/06/02

性能の高さの割には格安で購入できることから、メーカーが初心者に交換レンズを買わせるための「撒き餌レンズ」などと呼ばれています。

確実に自分の写真がステップアップしたと感じるレンズです。ここはぜひ「撒き餌」に寄せられて、みなさんにも使っていただきたいレンズです。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

13,980円(07/22 04:04時点)
Amazonの情報を掲載しています
部屋の中で撮ると、お子さんの全身を撮ることは難しいかもしれません。その時は、40mmとか24mmのレンズを使ってみるのことをオススメします。

Canon純正ではありませんが、35mmくらいだと、部屋の中でも十分に撮影できます。

TAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USD を買ったのでレビューしますね!
みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。 TAMRONのSP 35mm F1.8 Di VC USDを購入しました。 悩んで悩んで悩み抜いた結…

「家族写真」から一歩踏み出すために

家族の写真を撮るために購入したEOS Kiss。

大切な家族を写真に残すことも重要なのですが、そこから一方踏み出て、新しい写真の撮り方にチャレンジすることもとても楽しいです。

もちろん、今回紹介したようなレンズを使って、家族写真を撮ってみるのも楽しいです。新しい写真の世界が広がります。

年に一度の運動会の時だけ、とか、お出かけの時だけ、カメラを取り出して写真を撮る撮るっていうのはもったいないです。

日頃の生活の中にもたくさん撮るべきものはあります。

今持っているレンズに加えて新しいレンズを手に入れて、新しい生活を楽しんでみませんか?

きっと、日々の生活がもっと楽しくなりますよ。

というわけで今日はこの辺で。みなさん楽しいカメラライフを。
ほなまたね。
さいなら〜ヽ(´ー`)

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事