インフィールドフライとは何ですか?詳しく解説します!

シェアしていただけるとうれしいです

野球のルールには様々なルールがありますが、バッターがアウトになる条件の中に打球がフライになって野手に補球されたときということがあります。

打球がゴロになったとき、内野ゴロであれば、バッターランナーが1塁に到達するまでに、1塁にボールが転送されて、ボールを持っている野手にタッグされるとアウトになります。

フライの場合はどうでしょう?

フライは、地面にボールが落ちる前に捕球するとアウトになります。落としたときは、ゴロのときと同じ扱いになります。

この辺のルールはみなさんご存じでしょう。ところが、野手がボールを落としても、バッターランナーがアウトになるケースがあります。

そのようなケースをインフィールドフライといいます。

※バッターランナーとは、
バッターだった人が、ピッチャーの投球を打ってアウトになるまで、もしくは、ランナーになったことに対するプレーが終わるまでのことを指します。
※タッグとは、

  • 野手が手、または、グローブでしっかりとボールを持った状態で身体を塁に触れる(ベースを踏むことか多いですね)。
  • 確実に手に持ったボールをランナーに触れる。
  • 確実にボールを持った状態で、その手またはグローブをランナーに触れる。

ことをいいます。

インフィールドフライとは

インフィールドフライとは、

  • ノーアウトまたは1アウトで、
  • ランナーが1塁2塁、または満塁のとき
  • バッターが打ったフライで、内野手が普通の守備をすれば取れるフライ

のことです。ただし、

  • ライナーやバントによるフライは除く
  • ピッチャー、キャッチャー、外野手が内野で守備をしたときを含む

という条件があります。

また、

  • 外野手が捕球したとしても、内野手が簡単に捕球できるはずだったと審判員によって判断されたとき

も、インフィールドフライになります。

つまり、インフィールドフライとは、

ノーアウトまたは1アウトで、ランナーが1塁2塁または満塁のとき、ライナーやバントによるフライを除き、内野手が普通の守備をしていれば捕球できるフライのことで、外野手が捕球したとしても、内野手が簡単に捕球できるはずだったたと審判員が判断したフライも含まれる。

ということになります。

審判員とは、キャッチャーの後ろに立っている球審、ベースの近くにいる塁審のことです。

審判員のうち、誰かがインフィールドフライと宣告すれば、そのフライはインフィールドフライになります。

逆に言うと、審判員が誰もインフィールドフライの宣告をしなければ、そのフライはインフィールドフライにはなりません。

インフィールドフライが宣告されたとき

野球規則(野球のルールブック)には、

明らかにインフィールドフライになると判断したとき、審判員は、直ちにインフィールドフライの宣告をしなければならない。

と記されています。

審判員によってインフィールドフライの宣告があったときは、バッターランナーはアウトになります(後述しますが、ファールになったときは除きます)。

また、そのときはタイムはかからず、ボールインプレイ(プレイが継続されること)となります。インフィールドフライが宣告されたからといって、守備妨害や走塁妨害のときのように、ボールデッド(プレイが中断されること)にはなりません。

インフィールドフライが宣告されたとき、ランナーは、塁から離れても、次の塁へ進んでも構いません。

ただし、インフィールドフライが野手に捕球されたときは通常のフライと同じに扱われます。ランナーは元にいた塁に戻らなければなりません。塁に戻るよりも先に野手にタッグされるとアウトとなります。

通常のフライと同様に、野手が捕球する前にベースにリタッチ(ベースに戻ること)して、アウトになる危険を冒して、捕球後に次の塁へ進塁することもできます(タッチアップといいます)。

仮にインフィールドフライを野手が落としたとしても、審判員によってインフィールドフライの宣告があったときは、バッターランナーはアウトになります。内野ゴロのときとは異なり、ランナーに進塁の義務はなくなります。つまり、ランナーは次の塁へ進まなくてもよいわけです。

インフィールドフライ・イフ・フェア

フライがベースライン(ホームベースから1塁の方向と3塁の方向へ惹かれた白線)の近くに上ったときは、インフィールドフライ・イフ・フェアを宣告します。まさに「もしフライがフェアだったら、インフィールドフライです」の意味になります。

仮にファールフライだったとしてもバッターランナーはアウトになります。また、野手がインフィールドフライ・イフ・フェアと宣告されたフライをファールゾーンで落としたとしたら、ファールになります(バッターランナーはアウトになりません)。

インフィールドフライの宣告がなかったとき

インフィールドフライの宣告がなかったときは、インフィールドフライにはなりません。なぜなら、審判が宣告して初めて効力を発するからです。

また、インフィールドフライの条件が揃っていたのにもかかわらず、審判員によるインフィールドフライの宣告がなかった場合、監督や選手からアピールや抗議があっても、インフィールドフライにはなりません。

野球規則には、インフィールドフライはアピールプレイではないと記載されていて、審判員がインフィールドフライの宣告をしなかったときは、通常のフライと同じ扱いになります。

インフィールドフライを捕球しなかったとき

野手がインフィールドフライをボールに触れないで捕球しなかった場合、打球がフェアになる場合とファールになる場合があります。

打球が結果的にファールになった場合は、通常のファールと同じ扱いで、バッターはアウトにはなりません。

打球が結果的にフェアになった場合は、インフィールドフライのルールが適用されます。つまり、バッターランナーはアウトになります。

審判員のジェスチャ

インフィールドフライになる条件が揃ったとき、バッターが打席に入る前後くらいに、審判員は右手を胸に当ててお互いに確認し合います。

打球がインフィールドフライになったときには、打球を指さして「インフィールドフライ(またはインフィールドフライ・イフ・フェア)」と声を出してコール(宣言)します。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、プロ野球の試合を見に行くと、インフィールドフライの条件が揃ったときには、球審と塁審が右手に手を当てて確認しあっている様子が見られます。もちろん、高校野球でも少年野球でも同じです。

なぜインフィールドフライのルールが作られたのか

バッターがフライを打って野手が捕球したらアウトになります。そのとき、ランナーには帰塁の義務が発生します。直前にいた塁へ戻らなければなりません。

しかし、野手がわざとフライを補給せずに落球したとしたら、バッターランナーは直ちにアウトにはならないので、ランナーは進塁の義務が生じます。つまり、次の塁へ進まなければならないのです。

フライが上がったと思って塁の近く様子を見ていたランナーは、野手がボールを落としたのを見て、すぐに次の塁へ進まなければなりません。

しかし、どうしてもスタートが遅れてしまうため、ダブルプレーを取られる可能性が高くなります。

そのようなプレイは「ズルい」ということで、インフィールドフライのルールが設けられたと考えられます。

なかなか野球のルールは奥が深いですね。

というわけで今日はこの辺で。
ほなまたね。
さいなら〜ヽ(´ー`)

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事