夏休み最初の日曜日のひまわりを大阪府立花の文化園で撮ってきました

シェアしていただけるとうれしいです

みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。

しかしまあ、毎日暑い日が続きます。みなさん、体調を崩していませんか?

7月23日は「大暑」だそうです。1年で最も暑い時期に当たるわけですが、それにしても今年の夏は暑すぎます。

暑すぎるからといって冷房の効いた家の中で過ごしていると、あっという間に夏は終わってしまいます。

ぼくら大人には関係ありませんが、子どもたちは夏休み。夏休みといえば思い出すのが「ひまわり」。

何で「ひまわり」かって?

子どもの頃の記憶に出てくる夏休みの記憶には、必ずといっていいほど「ひまわり」が出てくるからですよ。

夏休みの花といえば「ひまわり」

というわけで、夏休み最初の日曜日。午後になると殺人的に暑くなるので、日が高くなる前にひまわりを撮りに行ってきました。

撮影場所は、大阪府立花の文化園。

車でお越しの際は、「道の駅・くろまろの里」の駐車場に停めましょう。駐車料金は無料です。花の文化園前の駐車場は体の不自由な方向けの駐車場になっています。

花の文化園に入園すると、正面の花壇の上の方にひまわりが咲いていました。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/250 sec, ISO100) at 10:26 on 2018/07/22

愛機のEOS Kiss X7に、最近お気に入りのTAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USDを取り付けて、早速、ぱしゃり。

TAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USD を買ったのでレビューしますね!

暑いけれどしっかりと太陽の方を向くひまわりの花。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/500 sec, ISO100) at 10:27 on 2018/07/22

みんな並んでお日様の方を向いています。不思議ですね。ほとんどの花が南の方角を向いているんですね。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/320 sec, ISO100) at 10:28 on 2018/07/22

一輪ぐらい反対を向いているひまわりがないものかと思って探してみましたが、ないですね。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/320 sec, ISO100) at 10:31 on 2018/07/22

ひまわりが咲いているのは花壇の一角で、さほど広くはないのですが、花と同じ目線で撮影するとボリューム感を感じます。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO100) at 10:45 on 2018/07/22

望遠レンズCanon EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMにチェンジしました。

Canonの望遠ズームレンズ EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMを買ったのでレビューします

望遠レンズの「圧縮効果」で、遠くに咲いているひまわりも近くで咲いているように見えます。花の密度がより高くなったように感じるため、ボリューム感のある写真になります。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (100mm, f/4.5, 1/500 sec, ISO100) at 10:52 on 2018/07/22

花壇の中で目立つひまわりを見つけて、花がきれいに見える角度と、遠くの花がフレームに入る位置を探してシャッターを切ります。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/320 sec, ISO100) at 11:07 on 2018/07/22

沢山の花が咲いているときは、そうやって望遠レンズの特性を考えて引き出しながら撮るのが好きです。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO100) at 11:11 on 2018/07/22

高価な高性能のレンズではありません。いちばん望遠にするとf/5.6になってしまいます。それでも手前にあるひまわりの花がしっかりとぼけてくれるので、今のところは不満はないです。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/500 sec, ISO100) at 10:32 on 2018/07/22

こちらのひまわりは写り方が違って色合いが変わったのではなく、レモン色の花びらで中心部がこげ茶色の品種です。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/640 sec, ISO100) at 10:29 on 2018/07/22

ひまわりといえば、青空。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/320 sec, ISO100) at 10:37 on 2018/07/22

ほとんど雲のない快晴。ぽつんぽつんと空に浮かぶ雲をフレームに入れてみました。

懐かしい、子どもの頃に見た夏休みのひとコマ。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/200 sec, ISO100) at 10:41 on 2018/07/22

ひまわりが咲いている花壇の近くの木陰では、夏休みに入った子どもたちがひまわりの絵を書いていました。夏休みの宿題でしょうか?

小学生の頃のぼくは、8月の末になってようやく宿題を始めるような子どもだったので、その頃にはひまわりはもう咲いていませんでしたw

まろ
よい子のみなさんは、早めに宿題を始めましょうね。

TAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USDをマクロレンズみたいに使ってひまわりを撮る

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/160 sec, ISO100) at 11:21 on 2018/07/22

最近お気に入りのTAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USDですが、最短撮影距離が20cmと、ほとんどレンズフードの先っぽくらいまで寄って撮れるので、マクロレンズみたいに撮影することができます。

レンズをマニュアルフォーカスモード(MF)にして、カメラの方からそっと花びらに寄っていきます。ピントが合った瞬間に、ぱしゃり。

花びらの先端にピントを合わせることに意識を集中して。意識を集中しすぎて息を止めていると、窒息します。お気をつけて。

Canon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/500 sec, ISO100) at 11:26 on 2018/07/22

明るい快活なイメージのひまわりですが、花びらをじっと見つめると、その縁に妖艶さすら感じます。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/250 sec, ISO100) at 11:23 on 2018/07/22

暑さも忘れて、じっとこらえて花びらの先っぽに意識を集中させる。花びらの色っぽさにドキドキしながら。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/160 sec, ISO100) at 11:27 on 2018/07/22

暑さでびっしょり汗をかいていることも忘れます。

水分補給もお忘れなく。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/160 sec, ISO100) at 11:31 on 2018/07/22

ひまわりは太陽の花。その花びらは、太陽のプロミネンスのように、エロティックにうねって。

花の文化園のひまわりCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/100 sec, ISO100) at 11:31 on 2018/07/22

近寄ってみると、普段と違うひまわりの一面が見えますよ。

暑さ対策を忘れずに

じっとしているだけでも汗をびっしょりかくような炎天下。じっとカメラを構えていても大量に汗をかきます。時間を忘れて写真を撮っているうちに、脱水症状になっているかもしれません。

こまめに水分を取りながら、無理のないように撮影に望みたいものですね。それと、日差し対策もお忘れなく。

というわけで今日はこの辺で。みなさん楽しいカメラライフを。
ほなまたね。
さいなら〜ヽ(´ー`)

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事