和泉リサイクル環境公園で満開のコスモスを撮って満足してきました

シェアしていただけるとうれしいです

みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。

連日30℃を超えてうだるような暑さの日々も終わって、すっかり秋めいてきました。TwitterやInstagramのタイムラインにも秋らしい写真を見かけるようになってきました。

秋といえば、秋桜コスモス

カメラパパ
秋といえばコスモスって、他にもいろいろあるやん。秋刀魚の塩焼きとか。
まろ
「秋の桜」と書いて「コスモス」。せやから「秋といえばコスモス」。

何はともあれ、秋といえばコスモス。満開のコスモスの写真を撮りに行ってきました。

満開のコスモスのお花畑を撮る

見渡す限り広い、というわけでもないけど、それでも、そこそこ一面のコスモス畑。色とりどりのコスモスが満開に近い状態です。

コスモス畑を見渡してみると、今年は黄色いコスモスがちらほら混じっています。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO100) at 11:07 on 2018/10/13

カメラパパ
イエローキャンパス、っていう品種らしいで

ピンクのコスモスに混じって、結構目立っていました。かわいい色ですね。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO100) at 11:17 on 2018/10/13

ピンクはコスモスの定番の色。
望遠レンズの焦点距離を望遠側にセット。目立つ花にピントを合わせて、背景をぼかすように撮ってみました。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/320 sec, ISO100) at 11:19 on 2018/10/13

お花畑の中に咲いている花のうち、なにか特色があって目立つ花にピントを合わせて撮る、というのが面白いと思うんです。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO100) at 11:21 on 2018/10/13

初心者用のカメラにセットで付いてくるような望遠レンズでも、こんなにきれいに写るので、満足満足。

とはいえ、安いレンズでもこれだけきれいに写るのに、高価なレンズを使うとどれほどきれいに写るんだろう?という興味もあります。

キヤノン EF70-200mm F4L IS II USM EF70-20040LIS2

キヤノン EF70-200mm F4L IS II USM EF70-20040LIS2

150,500円(11/13 00:20時点)
Amazonの情報を掲載しています
まろ
ちょっとこのレンズ、欲しい
カメラパパ
貯金しなはれ

ズームの望遠側ばかりで撮るのではなく、いろいろズームを調整して撮ってみます。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (178mm, f/5.6, 1/640 sec, ISO100) at 11:42 on 2018/10/13

少し広い範囲を写るようにしてみました。
望遠レンズを使って撮ると、とてもボリューム感が出ますよね。
自分の目線で撮るよりも、花の高さに合わせて、少し低い目のアングルから花の間を抜くような感じで撮るのが楽しいです。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/320 sec, ISO100) at 11:36 on 2018/10/13

背の高さを競うようなコスモスの花。
人間は「出る杭は打たれる」のにねえ。コスモスは「出る花は撮られる」わけです。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO100) at 11:23 on 2018/10/13

あっちへウロウロ、こっちウロウロ、いろんな高さから目立つコスモスの花を見つけては「パシャリ」と撮影していきます。
色んな花を眺めながら、どんなふうに撮ろうかな?と考えるもの楽しいです。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO100) at 11:24 on 2018/10/13

ピンクの花に混じって咲く白いコスモス。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO100) at 11:25 on 2018/10/13

去年は、色ごとに、品種ごとに植えられていたような気がするのですが、今年は様々な色、品種を取り混ぜて植えられているような気がします。

和泉リサイクル環境公園の満開のコスモスを撮ってきました

ま、去年は花をクローズアップして撮ることに専念していたので、そんなことに気を配っていなかったのかも?

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO100) at 11:32 on 2018/10/13

ピンクの花と花の間から白い花を狙うと、手前のピンクの花がふわっとボケて、面白い雰囲気になりますね。

きれいなコスモスをクローズアップして撮る

コスモス畑の様子を写しながら、目立つコスモスの花を望遠レンズで狙って撮る、というのも面白いですが、きれいな花をクローズアップして、大きく写すのも楽しいです。

コスモスぐらいの花の大きさだと、マクロレンズを使って一部分を切り取るように拡大して撮るのも面白いです。

CanonのマクロレンズEF-S60mm F2.8 マクロ USM を買ったのでレビューしますね

でも、このときはマクロレンズを持っていかなかったので、被写体まで20cmの距離まで寄れるTAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USDを使って撮影してみました。

TAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USD を買ったのでレビューしますね!

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/2.5, 1/320 sec, ISO100) at 12:19 on 2018/10/13

ピンク?薄いムラサキ?の縁取りのコスモス。花びらの縁取りも面白いし、先っぽの形も面白いし、花びらに縦に入った筋も面白いですね。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/2.5, 1/800 sec, ISO100) at 12:21 on 2018/10/13

それでいて、花の真ん中の「しべ」の黄色が印象的。

黄色のコスモス。「イエローキャンパス」ですね。花びらの付け根の方が白っぽくて、全体的に淡い黄色。かわいいですね。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/2.5, 1/400 sec, ISO100) at 11:56 on 2018/10/13

紫がかったピンク色のコスモス。様々な色のコスモスがあるものですね。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/640 sec, ISO100) at 12:29 on 2018/10/13

ちょっと変わった花びらの形のコスモスを見つけました。色は先程の紫がかったピンク色のコスモスと同じなのですが。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/800 sec, ISO100) at 12:27 on 2018/10/13

まろ
八重咲きなのかな?
カメラパパ
いやいや、ちゃうで

よくよく見ると、花びらが「筒状」というか「袋状」になっています。
こんな形の花びらのコスモスもあるんですね。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/2.5, 1/500 sec, ISO100) at 11:58 on 2018/10/13

同じうような色のコスモスだけど、このコスモスの花びらはオーソドックス。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/2.5, 1/400 sec, ISO100) at 12:07 on 2018/10/13

うん、かわいい、かわいい、満足、満足。

望遠レンズでもクローズアップして撮れる

なにも、マクロレンズや寄って撮れるレンズ(最短撮影距離が短いレンズ)だけがクローズアップして撮れるレンズというわけでもなく、望遠レンズでも至近距離から撮れば、クローズアップして撮れます。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/320 sec, ISO100) at 11:08 on 2018/10/13

蕊の部分にピントを合わせたつもりでしたが、上の写真は少しピントが外れてしまいました。
下の写真は、レンズをMFモード(マニュアルフォーカス)にして、ファインダーを覗きながら自分でピントを合わせてみました。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/9, 1/160 sec, ISO100) at 11:38 on 2018/10/13

レンズ任せのAFモード(オートフォーカス)よりも、「自分でレンズを操作している!」という感触を満載に得られるMFモードのほうが面白いかも。

黄色の「イエローキャンパス」も、こんな感じに望遠レンズでクローズアップ。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/9, 1/200 sec, ISO100) at 11:40 on 2018/10/13

カメラパパ
望遠レンズでこれだけ撮れるんやったら、望遠レンズ1本だけ持っといて、他のレンズは売ったらええんちゃうん?
まろ
いやいや、それは・・・!

望遠レンズと標準レンズとでは「特性」が違うので、同じようにクローズアップして撮っても、印象が違いますよね。いろんなレンズでいろんな撮り方をしたいですしね。

花びらを透かすように撮ってみる

さて、お待たせいたしました。オトコのロマン、「スケスケ」です。(笑)

Twitter

「スケスケ」に賛同してくださる方、結構いらっしゃいますので、自信を持って下から覗くように撮りましょう。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/5.6, 1/160 sec, ISO100) at 11:49 on 2018/10/13

ピンク色の花を下から覗くように、また、太陽の方向に向かって逆光気味に撮っています。
ただ、そのようにして撮ると明るすぎるので、ND8フィルタを使って減光しています。

晴天下の明るい環境でNDフィルターを使ってバラの撮影をしてみた

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/1.8, 1/1600 sec, ISO100) at 11:52 on 2018/10/13

ND8フィルタを使うと、青空がより青く写るんですよ。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (35mm, f/2.5, 1/1250 sec, ISO100) at 12:04 on 2018/10/13

濃い色よりも薄い色の花のほうが、きれいに透けて見えますね。

和泉リサイクル環境公園のコスモスCanon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO100) at 11:11 on 2018/10/13

望遠レンズでも、真横から、逆光気味で撮ると「スケスケ感満載」になります。楽しいです。

カメラパパ
盗撮行為は犯罪やで

花を撮るときは「盗撮行為」ではないので、大胆に、堂々と、下から覗くように撮りましょうw

感謝の気持ちを忘れずに写真を撮りたい

場所はこちら。大阪府和泉市にある「和泉リサイクル環境公園」。

季節ごとに様々な花が植えられて、気持ちをなごませてくれる素敵な場所です。

2018年はいくつもの台風が上陸しましたが、特に台風21号は大阪でも甚大な被害をもたらしました。
和泉リサイクル環境公園の施設も、暴風でかなり被害を受けたということです。台風通過後、暫くの間は復旧作業のために閉園していました。

スタッフの方々の作業のおかげで、こうして今年も無事にコスモスを見ることができ、写真に収めることができました。

影で献身的にお花畑を守っていくれるスタッフのみなさんの努力があって、われわれアマチュアカメラマンは、かわいいコスモスの花たちを撮ることができる。

いつも、感謝の気持ちを持って、写真の撮影に望みたいものです。

というわけで今日はこの辺で。みなさん楽しいカメラライフを。
ほなまたね。
さいなら〜ヽ(´ー`)