サイトをパクられないようにする方法[WordPress]

シェアしていただけるとうれしいです

サイトをパクられた?

Twitterのタイムラインでちょこちょこ目にするのがサイトを丸ごとパクられた!という内容。一体どうしたのかと見てみると、全く別のドメインのサイトに、ご自身のサイトの記事と全く同じ内容の記事が見つかった!というもの。

ひどい場合は、別ドメインのページがGoogleにインデックスされてしまっていて、ご自身のサイトには全く検索流入してこないという。

せっかく書いた記事が、言わば、他人のものになってしまって、ご自身の努力が水の泡、となってしまいかねない。まことに腹立たしいっちゃありゃしない。

Googleにインデックスの削除依頼をしたり、著作権侵害の申し立てをする方法は他のブログに詳しいところがあるので、そちらを参照されたい。

今回は、なぜ他のサイトに自分の記事が掲載されてしまうようなことになったのか、検証してみる。

今回の記事、可能性の一つとしてあげさせてもらっているので、もしかすると的外れなことを書いているかもしれない。
あくまでも、そういうこともあるかもしれない、という意識でご覧いただければ幸いだ。

一般公開してるということは

Webの記事というものは、紙などの媒体と違ってデジタルデータなので、比較的コピーすることが簡単なのはご存知の通り。

ブラウザでWebページを表示して、マウスの右ボタンを押して表示されるメニューから「ソースを表示」を選べば、HTMLのソースが表示される。

それを名前をつけて保存し、他のドメインのサーバーで公開すれば、コピーページの出来上がり。実際にはCSSやJavascript、画像へのパスを書き換えないといけないから、そんな簡単にはいかないけれど。

人気サイトの人気記事なら、ひと手間かければパクれるということはお分かりいただけると思う。

実際のパクリの手法

ただ、そういう方法でパクったHTMLのソースを掲載しても、広告をクリックした時の収益はパクリ元のアカウントのままになっているから、パクった側としては美味しくない。その部分は書き換えないといけないわけだ。

それに厄介なのが、ページのデザイン。WebページのデザインはCSSで定義するわけだけど、まるっきりパクリ元と同んなじデザインにするならまだしも、パクリ先のサイトのデザインに合わせるなら、CSSの指定は邪魔になる。デザインに絡んだり、ページの特殊な動きを実現するためのJavascriptも不要だ。

そう考えると、HTMLをかなり加工しなければ、パクリ先のデザインに合わせられない。そこまで手が込んだことをするなら、自分で記事を書いた方が早いというもの。

もっと効率よくWebページをパクる方法がないものかと考えてみたら、実は、あった。RSSフィードだ。

RSSフィードは、サイトのWebページの更新内容を他に伝えるもので、公開日、カテゴリ、タイトル、記事の概要などを公開している。

WordPressにもこの機能があって、RSSフィードを公開し、FeedlyなどのRSSリーダーで読んでもらったりする。

Feedlyで記事を読んだ時に、ある違いに気づかないだろうか?記事の全文を読めるWebページと、記事の一部しか読めないWebページがあるのだ。

ぼくのWordPressは、記事の一部しか公開していない。なので、Feedlyで見た時に、記事の先頭部分しか表示されていない。

RSSの一部のみ公開

もしかすると、パクられているサイトのRSSフィードは、記事の全文を表示していないだろうか?

RSSフィードの記事の部分はWordPressでいえば記事の本文のみで比較的加工しやすい。ヘッダやフッタ、サイドバーは含まれていない。おそらく簡単なプログラムを通せば、パクリ先のサイトに合わせた加工を自動でできるのではないだろうか?

RSSフィードは記事を投稿、もしくは更新すれば自動的に更新される。定期的にパクリ先のRSSフィードを見に来て、更新されていれば記事を取り込んで自分のサイトに掲載する、というようなプログラムは作れると思う。

いったんプログラムを作って動かしておけば、あとは自動でRSSから記事を取り込んでパクリサイトに掲載できてしまう。

RSSフィードは全文掲載しない方がいいんじゃない?

そう考えると、記事の全文を掲載したRSSフィードは、あたかも、ぼくの記事をパクってくださいね、と言わんばかりのものではないか?という気もしてくる。

RSSフィードの役割が、記事を投稿しました、概要はこんなのです、ということを通知するものであるなら、全文掲載する必要はない。

WordPressでは、こちらで設定できる。

RSSの設定

これでパクリサイトがなくなれば万々歳なのだが、いかがなものだろうか?

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事