WordPressのテスト環境を作りませんか?

スポンサーリンク

サーバーエラーは機会損失


Twitterのタイムラインを追っているとよく見る話です。

WordPressのカスタマイズをしている最中にWebサイトが正常に見れなくなってしまった、というもの。意味不明の英語が表示されたり、場合によってはブラウザの画面が真っ白になったりするから「ホワイトアウト」なんて呼ばれているみたいなんだけど。

意味不明の英語が表示されるのは、PHPで書かれたプログラムのエラーの箇所を表示してくれている。画面が真っ白になっているのは、PHPのエラーを表示しないように設定されているためだ。エラーの内容は外部に知られてはならない情報が含まれている場合があるので、できれば画面が真っ白になったほうが好ましい。

これについては過去に記事にしたから、こちらを参照していただきたい。

PHPのエラー情報は危険がいっぱいWordPressを使っていると、やっぱりカスタマイズしたくなるのが「人間」というもの。書籍を見たり、...

PHPがエラーを起こして正常にWebページが表示されないということは、その間に訪れてくれた読者の方にも記事を読んでもらうことができないわけで、読者の離脱につながりかねない。ぼくのような弱小ブログでは死活問題だ。アフィリエイトプログラムをしている人は当然その間の収入は入ってこないわけで、機会損失につながる。

Webの現場では

ぼくはとある会社のシステム部でWebサイトの管理をしている。サイトはHTMLとPHPで作られていて、PHPのプログラムを主にメンテナンスしている。機能を追加したり、修正したりなどという作業を日々行っている。

会社にはWebサーバーが2台ある。1台は本番サイト用。一般向けに公開しているWebサイトはこのサーバーで運用している。もう1台は開発とテスト用のサイトが1つずつ、計2つのサイト。一般には公開せず、社内と制作会社、開発会社からしか接続できないようになっている。

HTMLやPHP、あと、CSSやJavascriptでもそうなんだけど、ソースを書き換えるときはまず開発用のサーバーにアップロードする。当然エラーが起きたり、表示が崩れたりすることがある。だから、開発用のサーバーで表示確認、動作確認を行うのだ。

開発用のサーバーでの機能追加や修正作業が終わったソースはテスト用のサーバーにアップロードする。ここでシステム部の他のメンバー、Web関連の部署に人たちに表示確認と動作確認をしてもらう。

それで問題がなければ、本番用のサーバーにソースがアップロードされる。

いきなり修正したソースを本番用サーバーにアップロードすることはまずない。トラブルが起きればその間の売上を失うことになる。機会損失につながり、会社としてダメージを受ける。

きっちりとテストを行ったソースでないと本番にはアップロードしないようにしているわけだ。

テスト環境のすすめ

個人が運営するサイトやブログであっても、例えばWordPressならPHPのソースをいじって機能をカスタマイズしたいとか、デザインを変えるためにCSSを触りたいとか、そういう要望はあると思う。そういったカスタマイズを紹介しているブログもたくさんあるから、どんどんチャレンジをすればいいと思う。

ただ、人間は失敗をする動物。

修正をしくじるとPHPがエラーを吐き出したり、画面が「ホワイトアウト」することになる。すぐに元に戻せればいいのだけれども、「どこを触ったかわからなくなっちゃった」みたいなことになると、復旧するまでにかなりの時間を要することになる。時間を要すれば要するほど、機械の損失につながるわけだ。

もったいないと思わない?

ブログを開設するときにカスタマイズは済んでいるから、今後、PHPやCSSはもう触らないよというのであれば問題はない。

まだまだ気に入らないからカスタマイズするよ、という人は、ぜひテスト環境を作って欲しい。まずテスト環境でPHPやCSSを触って、それでOKであれば本番環境へ導入する。

テスト環境なのでPHPがエラーが吐こうがホワイトアウトしようが、まったく問題はない。ワヤクチャになってしまっても、テスト環境をまっさらにして、再度構築してもいいわけだ。

レンタルサーバーが複数のサブドメインを作れる場合

レンタルサーバーによっては複数のドメインやサブドメインを設定して運用できるところがある。新しくドメインを取るとお金がかかってしまうので、今持っているドメインにサブドメインを追加すればよい。

たとえば、ぼくのブログの場合。

maro-log.net

というドメインを取得して、

lab.maro-log.net

というサブドメインでこのブログを運用している。
たとえば、

test.maro-log.net

というサブドメインを追加して、ここに今のWordPressの環境をコピーして、テスト環境として使うわけだ。
もちろん、データベースも新しく作って、テスト用のデータベースとして使う。

気をつかなければいけないのは、ファイルをアップロードするとき、ダウンロードするとき、それと、データベースをいじるとき、それが本番環境なのか、テスト環境なのか、確認をきっちりとしなければならないこと。テスト環境だと思ってファイルをいじっていたら、実は本番だったなんていうことになると目も当てられない

あと、テスト環境はできれば第三者には見られたくないから、アクセスの制限をしておきたい。もちろん、Googleさんにもお越し願いたくない。サイト全体にBASIC認証をしておけば、あなたしかテスト環境にアクセスできなくなる。

BASIC認証についてはこちらの記事に書いてある。

不正アクセスって何?「不正アクセス」という言葉をよく聞くようになりました。イヤな世の中だよね。「不正」なんだよ。正しくないわけね。 ...

パスワードファイル(.htpasswd)を作り、.htaccessの先頭に

と記載する。1行目の「/var/www/html/.htpasswd」の部分はサーバーによって変わるから注意されたい。
.htpasswdと.htaccessはWebのルートディレクトリにアップしておけばいい。

手元のパソコンにテスト環境を作る場合

WordPressをパソコンで動かすことが出来る環境をXAMPPというアプリを使えば実現できる。Windowsだけではなく、Mac版もあるので、結構手軽に環境を作れる。パソコンのスペックは普通にOSが動き、普通にブラウザが使えれば問題ない。

Windows版しか説明していないが、こちらの記事を参考にされたい。Macでも同じようにできると思う。

XAMPPでブログのテスト環境を作ります前回のエントリで、Windows PCの中にApache(Webサーバー)、...
WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

NO IMAGE
この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。