なかなか眠れない、寝つきが悪いときに使うとよく眠れるiPhoneのアプリ一選

シェアしていただけるとうれしいです

みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。

ところで、夜の睡眠はしっかり取れていますか?睡眠がしっかりと取れていないと、翌日の昼間の活動のパフォーマンスに影響が出ますよね?

必要な睡眠の長さは人それぞれ違うそうです。短時間睡眠でも十分に活動できる「ショートスリーパー」と呼ばれる人。長時間睡眠を取らないとパフォーマンスを発揮できない「ロングスリーパー」と呼ばれる人。個人差があります。

ぼくはどちらかというと「ロングスリーパー」に属する人で、できれば8時間、最低でも7時間は睡眠を取らないと翌日耐えられません。

最近では「睡眠の長さよりも質が大切」とも言われていますが、ぼくにとっては「長さ」も大切な睡眠の要素の一つです。

ぼくの場合、もう10年以上もうつの症状に悩まされてきて、毎晩就寝前に「睡眠導入薬」を服用しています。

うつ病などの精神疾患を持つ人は、夜眠ることができない「不眠」であったり、なかなか寝付くことができない、眠りにつくまで時間がかかってしまうという「入眠困難」という症状を持つ人が多いです。

精神疾患を持たない健康な人であっても、「不眠」や「入眠困難」という症状になってしまうことがあります。

その日あった嫌なことを思い出したり、翌日に心配なことがあって緊張したりして、なかなか眠れない、という経験はありませんか?

「ああもうこんな時間だ、早く眠らなきゃ」と思えば思うほど、緊張して焦って眠れなかったりしますよね。

睡眠導入薬を飲んでいても、そんなことがよくあるんです。

眠れないときには羊の数を数えればいいと言われますが、あれは絶対ウソです

いつ、どこで、誰が言い出したのか知りませんが、眠れないときには羊の数を数えればいい、なんていいます。

まろ
羊が1匹、羊が2匹、羊が3匹〜

中にはそれで眠れるようになる幸せな人もいるとは思いますが、正直、ぼくには無理です。

まろ
だって、集中力がないんだもん

ぼくはADHDという発達障害持ちで、集中力がありません。数を数えているうちに、どこまで数えたか忘れてしまいます。おまけに完璧主義なもので、途中でどこまで数えたか忘れると「1匹目」から数え直さないと気が済まないタチなんです。

これではいつまで経っても眠れるわけがないですよね。

ヒーリングサウンド、というのがいいらしい

ぼくにはADHDの性質として「集中力に欠ける」というところがあります。職場でかかっているラジオの音楽や、同僚の話し声、道路を走っている車の音まで気になってしまって、仕事に身が入らないことが多々あります。

システムエンジニア・プログラマという仕事をしている関係上、プログラムを「う〜む」と考えながら書いているときに集中力が欠けてしまうと仕事になりません。

そこで、外部からの気になる音を遮断するために、イヤホンをしてiPhoneで音楽を鳴らしながら仕事をしてみました。でも、逆に聞いている音楽が耳についてしまって仕事に集中できません。

まろ
きみにいいことがあるように〜♪あるように〜♪あるように〜♪あるように〜♪ヽ(´▽`)/♪

カメラパパ
あほ、仕事せんかい

まろ
音楽はだめだな

ということで、耳に残らない、なにかいい音はないものかと考えてみました。

無機質な音がいいですよね。無機質で単調で、途中でびっくりするような刺激が入らないような音。

例えば、波の音とか、川の水が流れる音。

そういう音を延々と流し続けるものはないものかと探してみたら、いろいろありました。その中で、「癒しの水の音(WaterSound)」というアプリをダウンロードしてみました。

‎癒しの水の音 ( WaterSound )
‎メディカルカテゴリー1位!App総合35位獲得! 癒し系ヒーリングサウンドアプリの定番といえばWarterSound! このアプリは「水」の環境音に特化したヒーリングアプリです。 様々な「水の音色」を手軽に聞くことができるため、どんな空間でも癒しの空間にすることができます。 快眠、集中力向上、リラックス、ヨガ、瞑想

ヒーリングサウンド、っていうんですね。

アプリの説明を読んでみると、「集中力向上」と書かれていますが、それよりも、「快眠」「リラックス」の方に目が行きました。

そういえば、思い出しました。

水の音、例えば、雨水が「ぴちょん、ぴちょん」と落ちる音を聞きながら寝ると眠りにつきやすい、ということを聞いたことがあります。

その昔、ブロックを並び替えると様々な電子回路を作ることができるという「学研の電子ブロック」という少しマニアックな「おもちゃ」がありました。その中に「水滴が落ちる音を発生する回路」というのがあって、「ぴちょん、ぴちょん」って音がスピーカーから流れるのです。それを聞きながら寝ると眠りやすい、と回路の説明に書いてありました。

試しに、「癒しの水の音(WaterSound)」で「雨の音」を鳴らしながら寝てみました。うん、なかなかリラックスできて、良いですね。

なかなか眠れない、寝つきが悪いときに使うiPhoneのアプリ一選

このアプリ、「浜辺の音」というのもあります。これもなかなか良いです。しかし、水着姿のきれいなお姉さんを思い浮かべてしまって、ぼくにはあまりよろしくありませんでした。

なかなか眠れない、寝つきが悪いときに使うiPhoneのアプリ一選

お姉さん
スケベ

「滝の音」っていうものありましてね、試してみた結果、これが一番良く眠れるように思います。

なかなか眠れない、寝つきが悪いときに使うiPhoneのアプリ一選

一晩中流し続けても特に害はないとは思いますが、眠りについたら音は必要ありませんよね。タイマーが付いていて、何時間何分後に音を止める、ということができます。ぼくは1時間後に音が止まるようにしています。

なかなか眠れない、寝つきが悪いときに使うiPhoneのアプリ一選

つまり、布団に入って1時間後には眠りにつけている、ということです。

で、効果のほどは?!

「癒しの水の音(WaterSound)」を使い始めてから、布団に入ってしばらくすると眠れるようになりました。

「癒しの水の音(WaterSound)」を使う前の睡眠のグラフと、

なかなか眠れない、寝つきが悪いときに使うiPhoneのアプリ一選

「癒しの水の音(WaterSound)」を使い始めてからの睡眠のグラフを比べてみてください。

なかなか眠れない、寝つきが悪いときに使うiPhoneのアプリ一選

「癒しの水の音(WaterSound)」を使う前は、布団に入ってから1時間ほどしないと深い睡眠になっていません。しばらく「うつらうつら」している状態です。

それに対して、「癒しの水の音(WaterSound)」を使い始めてからは、すぐに深い睡眠に入っています。

なかなか効果があるのではないでしょうか?

ちなみに、「音」を聞きながら心地よく眠りにつく方法は、「何も考えずに音を聞く」です。音を聞いていると、頭の中から雑念が消えていきます。頭の中から雑念が消えると、すーっと眠りにつくことができますよ。

よりよい睡眠を求めて

癒やしのお姉さん

睡眠の障害は、うつ病などの精神疾患の原因にもなります。逆に言うと、睡眠をしっかり取ることによって、うつ病などの精神疾患をある程度防ぐことができるのではないかと思います。

うつのなり始めは睡眠の具合が悪くなってくることが多いです。睡眠がしっかり取れないと、体の疲れはもちろん、精神的な疲れ、頭の疲れが取れません。日常生活のパフォーマンスに大きな影響を与えます。

疲れを取るには快適な睡眠がいちばん!
みなさんもどうぞお試しください。

というわけで今日はこの辺で。
ほなまたね。
さいなら〜ヽ(´ー`)

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事