その買い物ちょっと待って!ADHDの衝動性の話

シェアしていただけるとうれしいです

長年うつ病を患っていたのですが、ADHD(発達障害・注意欠陥多動性障害)と診断されて衝撃を受けたのが、昨年(2018年)の5月。

うつ病の原因はADHDによる「生きづらさ」が原因だったわけですが、ADHDと診断されると「確かにそういう傾向があるな」と納得してしまいました。

ADHDの特性としては、「注意欠如」「多動性」ということがありますが、ぼくの特性としてもいくつか当てはまることがあります

ぼくの場合、「多動性」よりも「注意欠如」の傾向のほうが大きいですが、「多動性」の中の「衝動性」に当てはまる部分もあります。

まろ
突然何かを思いつき、その事が頭から離れず、そのことをすぐにでもやりたくなってしまうんだよね

仕事上でのことです。

ある仕事Aをしている最中に、別の仕事Bで詰まっていたところの解決策を思いついたとします。すると、仕事Aを放り出して、仕事Bに今すぐ取り掛かりたくなってしまうのです。

仕事Aを先に完了しなければいけないのですが、仕事Bに手を出してしまうと仕事Aが間に合わなくなります。

思いついた仕事Bの解決策がうまく行かなかったりすると、仕事Aも仕事Bも中途半端なことになってしまう、なんていうことが多々ありました。

まろ
反省。

その「衝動性」でいうと、欲しいものが出てきたときに「衝動的に買ってしまう」ということも、もしかするとADHDの特性ではないか?と思えてきたのです。

このブログを始めてから衝動的に買ったもの

このブログを始めてから4年ちょっとになります。ブログを始めてから購入したモノのレビューの記事もいくつか書いています。

その「購入したモノ」は、今から考えると「衝動的に買ってしまった」のではないか?と思えてきたのです。

どれを買うときも

まろ
あ、欲しい!

と思い、思いつくと居ても立っても居られなくなり、購入しています。

衝動的に思いつき購入している、と言えそうですね。

カメラやレンズを買うとき、また、MacBookを買うときも、自分自身のために自由に使えるお金がありませんでした。

カメラ機材はカードのリボ払いで、MacBookはローンで購入しています。

支払える見込みがあると考えて、AmazonやAppleStoreで「ぽちっ」とクリックして購入しました。

元気に働く事ができている間は、それでも、特に問題はなかったのです。

無職になってから支払いが負担になってきた

MacBookの支払いは、タバコをやめて浮いたお小遣いを当てていました。元気に働けている間はそれで問題はありませんでした。

しかし、ADHDによる二次障害のうつ病が悪化して、会社を退職して無職になってしまいました。ぼくの収入は全くありません。

ADHDの二次障害のうつがひどくなって会社を退職しました
昨年(2018年)5月にADHDであることが判明しました。 ADHDとは、「注意欠如」「多動性」「衝動性」の3つの症状が見られ

無職なのにお小遣いをもらうわけにいかず、MacBookの支払いが家計にのしかかってきています。

カメラ機材の支払いは、このブログの広告収入を当てていました。微々たる収入ですが、リボ払いの引き落とし額をなんとか上回る収入がありました。

ところが、ある日突然Googleでの検索順位が落ちてしまって、ブログのアクセス数が激減し、広告収入も危なくなってきました。

2019年3月12日のGoogleのアルゴリズムの変更で悔しい思いをしているブロガーの話
みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。 今日の記事は「愚痴」です。 しかし、強い

やばいです。非常にヤバイ状態です。

衝動性を持ち合わせている人は、リボ払いやローンでの支払いはよく考えて

癒やしのお姉さん

リボ払いやローンはとても便利です。お金を持ち合わせていなくても、簡単に物を買えてしまいます。

安定した収入がある間は問題がなくても、ある日突然、収入が途絶えてしまったら、支払いができなくなる可能性があります。

一瞬先は闇、とまではいかなくても、いつまでも安定した生活があると考えるのはいかがでしょう?

ぼくだって、まさか会社を辞めて無職になるとは思ってもみませんでした。

ぼくの場合はまだ金額が大したことがありませんのでなんとかなると思っていますが、衝動的に大きな買い物をしてしまって支払いが滞ってしまうようなことがあれば、取り返しがつかないことになってしまいます。

支払いができなくなって売却したとしても、購入したときの金額で買い取ってもらえるわけがないし、売却して手元にモノがなくなってもローンを支払い続けなければならない、なんてバカバカしいことになってしまったら目も当てられません。

また、最初は小さな金額であったとしても、返済に行き詰まり、リボ払いやローンや返済のためにカードローンを借りるということになると、あっという間に多重債務を抱えてしまうことにもなりかねません。

衝動的に買い物をしたくなったとき、大きな買い物であっても、小さな買い物であっても、よくよく考えて購入したいものです。

ADHDで衝動性の特性を持っているみなさんは気をつけましょう。

カメラパパ
いつでもニコニコ現金払いやな

というわけで、今日はこのへんで。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事



スポンサーリンク