コーディングに必要なネーミングを助けてくれるサイトcodicが便利で素敵過ぎる件

シェアしていただけるとうれしいです

プログラマのみなさん、毎日楽しくコーディングしていますか?

チームでシステム開発をしていてよく問題になるのが命名規則
変数や定数、クラス名やメソッド名をつけるときの「名前の付け方の規則」です。

命名規則をチーム内で徹底しておかないと、あとで面倒なことになります。

例えば、PHPであれば、フレームワークごとに命名規則がある程度決めれれていることが多いです。また、最近ではPSRというPHPのコーディング規約の命名規則に則っているフレームワークも多いようです。

PHPに関して言えば、PSR(PSR-2とかPSR-3とか)に準じておけばOK!という感じのようです。

PSRについてはググってください。

命名規則は決まったけど、命名規則のセンスがない

命名規則は決まったけれど、どんな名前をつければいいかわからない。英語が苦手なので名前を考えられない。ダサい日本語英語交じりの名前をつけて失笑された。

まろ
ぼくのことですヽ(´ー`)

英語を使うか、日本語を使うのかという問題については、チーム内で決めることだと思っています。ぼくとしては、ムリに英語のみの名前にするのは可読性を損なうと考えています。英語の意味わかんないし。

とは言っても、日本語にするとローマ字表記になるから、名前が長くなってしまいます。余計に可読性が悪くなることもありえますね。

コーディングに必要なネーミングを助けてくれるサイトcodicが便利で素敵

でね、英語の名前をつけようと思っても英語力がないもんで、グーグル翻訳なんかを使って日本語を英語に翻訳していたのですが、なかなか効率が悪いです。

一つの変数名を決めるのに、5分10分も掛けていたのでは・・・ちょっと・・・

もっと効率の良い方法はないものかと探してみたら、とても素敵なサイトを見つけました。
その名もズバリ、「プログラマーのためのネーミング辞書|codic

codic - プログラマーのためのネーミング辞書
codicは、プログラマーのためのネーミング辞書です。新しいcodicでは、翻訳エンジンを搭載しネーミングをジェネレートできるようになりました。

登録なしでも使えますが、登録しておくと、辞書の編集などをした内容を記憶してくれますので便利です。

使い方は簡単で、「記法」を選んで日本語を入力するだけです。

試しに入力してみます。PHPのメソッド名はキャメルケースを使うことが多いですから、camelCaseを選びます。

プログラマーのためのネーミング辞書|codic

こんな感じです。

プログラマーのためのネーミング辞書|codic

データベースのテーブル名は、小文字のスネークケースにすることが多いですね。

プログラマーのためのネーミング辞書|codic

ああ、もう、素敵すぎて、コーディングの際には手放せません。

詳しい使い方は「使い方ガイド」に書かれていますので、そちらを参照してください。

チーム内で共有して使いましょう

自分ひとりだけいい思いをして楽になってはいけませんので、ぜひ、チーム内で共有して使いましょう。

命名規則を決めても、どうしても個々人の癖が出てしまうことが多いです。できるだけソースコードを均一化して可読性をあげるためにも、共通のツールを使って均一化したほうが、のちのち後悔することが少なくなると思います。

というわけで、今日はこのへんで。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事



スポンサーリンク