Canonの単焦点レンズ EF50mm F1.8 STMで撮ったシャガがめっちゃ綺麗なんじゃが

シェアしていただけるとうれしいです

靭公園のシャガCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/1250 sec, ISO100) at 12:30 on 2019/04/22

大阪の本町の四ツ橋筋となにわ筋に挟まれたところに「うつぼ公園」というバラ園で有名な公園があります。

ぼちぼちバラが咲き始めているのではないかと偵察に行って来ましたが、残念ながら、まだ全く咲いていませんでした。

カメラパパ
やっぱしバラは、ゴールデンウイーク前ぐらいとちゃうか?
まろ
そんな感じやね

残念ながらバラはまだ咲いていませんでしたが、シャガがたくさん咲いていたので、せっかくなので撮ってきました。

めっちゃ綺麗なシャガ

靭公園の南西の隅の一角に、たくさんのシャガが咲いていました。

靭公園のシャガCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/800 sec, ISO100) at 12:31 on 2019/04/22

シャガはアヤメと同じ仲間で、中国から伝わってきたそうです。

アヤメはもちろん、カキツバタやハナショウブも同じ仲間になるわけですが、アヤメ、カキツバタ、ハナショウブが「和風」な面持ちであるのに対して、シャガはなんとなく「中華風」な面持ちですね。

靭公園のシャガCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/2000 sec, ISO100) at 12:32 on 2019/04/22

アヤメの仲間の花は、雄しべや雌しべは花びらの奥の方にあるので、直接は見えないんです。

いつも花の写真を撮るときは雄しべや雌しべにピントを合わせることが多いのですが、雄しべや雌しべが見えない花を撮るのは難しいです。

どこにピントを合わせるか、悩ましいです。

靭公園のシャガCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.8, 1/640 sec, ISO100) at 12:34 on 2019/04/22

そこで、先っぽがもしゃもしゃっとした内側の花びら(?)にピントを合わせてみました。

レンズのピントはマニュアルフォーカス(MF)で。左手でレンズを下から掴み、ピントリングを人差し指の先っぽで左右に動かしながら、微妙にピントを合わせました。

靭公園のシャガCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.8, 1/1250 sec, ISO100) at 12:36 on 2019/04/22

EF50mm F1.8 STMはとても軽いので手軽に撮れます。とはいえ、手ブレ補正機能はついていないので、それなりのシャッタースピードがないとブレてしまいます。

靭公園のシャガCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.8, 1/2500 sec, ISO100) at 12:38 on 2019/04/22

この日はいい天気で明るかったこともあって、シャッタースピードが遅くなることもなく、手ブレも少なかったです。

靭公園のシャガCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.8, 1/640 sec, ISO100) at 12:39 on 2019/04/22

ただ、シャガのように背がある程度高い花は、そよ風程度でも大きく揺れてしまいます。花が揺れることで写真がブレます。

そこは「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」戦術で、何度もシャッターを切って、いい出来の写真を選ぶしかありません。

靭公園のシャガCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.8, 1/500 sec, ISO100) at 12:41 on 2019/04/22

EF50mm F1.8 STMの絞り値は開放でf/1.8ととても明るいのですが、開放で撮ると「フリンジ」と言って、花びらの縁に不自然に紫の色が出たりします。少し絞ることで「フリンジ」の発生を抑えることができます。

靭公園のシャガCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.8, 1/320 sec, ISO100) at 12:42 on 2019/04/22

…わーっとたくさん咲いているんですけど、こんな感じに切り取って撮るのが好きなもんで。

靭公園のシャガCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.8, 1/800 sec, ISO100) at 12:44 on 2019/04/22

いまいち、わーっと咲いている「賑やか感」が伝わってこないのが難点、といえば、難点ですね。

靭公園のシャガCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.8, 1/640 sec, ISO100) at 12:44 on 2019/04/22

「賑やか感」を出すには、「圧縮効果」を狙って望遠レンズを使うのも一つの手ですね。

まろ
来年試してみよう

撮影データ

靭公園のシャガCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.8, 1/1000 sec, ISO100) at 12:50 on 2019/04/22

写真データはRAWで保存し、Luminar 3を使って現像を行っています。色合いは変えずに、明るさを若干調整しています。

撮影日・撮影場所・天気

4月22日月曜日。靭公園の南西の隅。

ワイシャツでも暑いくらい。いい天気でした。

撮影機材

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

14,770円(05/25 21:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

安くて、軽くて、使いやすい、いいレンズです。普段使いのレンズにも最適。

Canonの単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM は初心者をトリコにするレンズだった!【購入レビュー】
欲しかった「Canon EF50mm F1.8 STM」をやっとのことで買いました。 欲しい!と思ってから、早や、2~3か月は
コンデジのように使えるCanon EOS Kiss X7とEF50mm F1.8 STMは最高の組み合わせだと思うのね
SEという仕事柄、毎日パソコンのディスプレイとにらめっこしているので、目はしょぼしょぼ、肩はぱんぱん、腰はだるだる。 運動不足ですわ。

というわけで、今日はこのへんで。
みなさん楽しいカメラライフを。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事



スポンサーリンク