なんでもない自然の花の意外な表情が豊かで美しい

シェアしていただけるとうれしいです

アメリカフウロCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/3.2, 1/160 sec, ISO400) at 16:12 on 2019/05/02

小さい花の写真を撮ることが好きで、それはプロファイルにも書いてあるんだけど、

アメリカフウロCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/3.2, 1/160 sec, ISO400) at 16:14 on 2019/05/02

なぜ小さな花の写真を撮ることが好きなのか?

アメリカフウロCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/3.2, 1/320 sec, ISO400) at 16:15 on 2019/05/02

一つ言えることは、何度も何度も小さい花の写真を撮っていても、毎回新しい発見があって、新しい体験ができる。

アメリカフウロCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/3.2, 1/160 sec, ISO400) at 16:18 on 2019/05/02

アメリカフウロの萼の先は紅色になっていることを新しく発見したり。

アメリカフウロCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/3.2, 1/1250 sec, ISO400) at 16:21 on 2019/05/02

花びらの経が1cmに満たいないような小さな可憐な花。でも、ちょっと暗めに写すと、なんとも言えない婉容な姿に写るとか。

小さな花の意外な表情に戸惑ってみたり。

ニワゼキショウCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/3.2, 1/320 sec, ISO400) at 16:23 on 2019/05/02

小さな花の前に跪き、頭を垂れ、息を潜めて、カメラのファインダーからこっそりと見つめる。

ニワゼキショウCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/3.2, 1/320 sec, ISO400) at 16:23 on 2019/05/02

ニワゼキショウ。一輪だけひっそりと咲いていたのを見つけた。花の中心の雄しべにピントをあわせるのが好きだ。

ニワゼキショウCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/5, 1/160 sec, ISO400) at 16:24 on 2019/05/02

雄しべや雌しべが見えないときは、手前の花びらにピントを合わせてみたり、

ニワゼキショウCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/5, 1/160 sec, ISO400) at 16:25 on 2019/05/02

奥の花びらにピントを合わせてみたり。カメラの設定を変えてみたり。

こうやって、一輪の花を、色んな角度や設定で撮るのが好きだ。

キュウリグサCanon EOS Kiss X7 (60mm, f/5, 1/400 sec, ISO400) at 16:30 on 2019/05/02

キュウリグサ。経が5mmくらいの、本当に小さい花。こんな小さな花でも、真ん中に雄しべや雌しべがあって、豊かな表情を見せてくれる。

こうやって、小さな花と戯れることが好きだ。小さな穴と戯れる時間。ぼくにとっての至福の時間。心癒される時間。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事



スポンサーリンク