WordPress 80記事 アクセス来ない

シェアしていただけるとうれしいです

日々、様々な検索キーワードでブログに訪れる迷える人たち。キーワードに秘められた思いを勝手に掘り下げ、妄想し、お悩みに回答します。

今日選んだキーワードは
WordPress 80記事 アクセス来ない
です。

まろろぐの現状

ぼくがWordPressでブログを始めてから半年とちょっと。記事数は113件(2015年9月8日現在)。実は160件くらいあった記事から50件近く削除しました。

「せっかく書いた記事を削除するなんてもったいない」
かつてぼくもそう思っていました。でも、それらの記事はものすごく「ネガティヴ」な検索キーワードでの流入が多かったのです。

記事の内容もどちらかというとネガティヴで、書いた当時のぼくの心理状態を表しているといえば表しているのですが。

とは言っても、Google Analyticsでオーガニック検索のキーワードを見ると、あまり精神衛生上よろしくないので、ばっさり切り捨て、つまり、削除しちゃいました。

削除した記事からは1日あたり30〜100PVくらいの流入はあったので、それくらいのPVは減ってしまったわけなのですが、精神衛生的には満足しています。

削除した記事以外にも、過去に書いた記事に対してアクセスがあります。最近は新しく書いた記事よりも、過去の記事の方がPVを稼いでくれています。

ぼくも経験したのですが、80記事書いたくらいが一番辛かったです。ツイッターで記事更新を告知した時は一時的にアクセス数が伸びますが、ほとぼりが冷めたらアクセスはなくなる。検索流入もほとんどなし。

この時期は辛かったですね。

アクセス数の底上げ

80記事に到達した頃から取り組んだのがこちら。

過去記事の見直しをするためにアクセス数の少ない記事を抽出する方法[WordPress]
過去記事の見直しも大切な作業 過去に書いた記事もぼくの大切な資産だから大切においておきたいんですけども、全くと言っていいほどアクセスが無

アクセス数の少ない記事の内容を見直すという作業。

タイトル、hタグ、それらに関連する本文中のキーワード、これらがうまくリンクするように修正を施しました。何かというと、SEOを意識してのことなんです。

記事を読んでもらおうと思ったら、Googleのボットに対して効率よくインデックスしてもらわないといけないのですが、これが功を奏したのか、少しづつ検索流入が増えてきました。

頻繁に過去記事を修正したのが良かったのか、クロール数も伸びました。

また、ボットに対してだけではなく、人間に対しても読みやすくなったなどの効果があったのかもしれません。ページの滞在時間が劇的に増えてきました。

100記事を超えた頃にはそれなりのアクセス数になっていました。
とは言っても、ブログで飯を食ったり、お小遣い稼ぎにはまだまだ遠いですが。

ブログで飯を食うつもりは全くありませんけど。

バズっても一時的

こんなぼくのブログの記事でもバズったことがありました。

バズる

ある日ある時こんな状況になりました。アクセス元を調べると、ヤフーニュースでぼくの記事が取り上げられていました。バズったことよりも、サーバーが耐えられるのか心配でしたがσ^_^;

この日は一時的にPV数が爆発的に伸びました。しかし、それっきりでした。

バズった時にアクセスしてくれた人がそれ以降も定期的にアクセスしてくれるわけでもなく、ホントに一時的なものです。正直なところ、こんなことでPVが伸びてもあまりうれしくはないです。

SNSでの拡散も必要かも

記事数が少ない間は、Googleなどの検索サイトからの流入もまだまだ少ないと思います。

そこでブログの先人たちが熱く説くことは、TwitterなどのSNSでの記事の拡散。記事を書いたら、SNSに記事の紹介を投稿するのです。

その際に気をつけたいのが、SNSの自分のアイコン。

SNSとブログとで別のアイコンを使っていたのでは、同一人物と認めてもらえないかもしれません。匿名でSNSやブログをしている人にとってアイコンは自分の顔になるものですから、特別な思いを持って欲しいと思います。

ブログとSNSにおけるアイコンの重要性についてをとくとくと説いてみたい
今日はいきなりアイコンで登場してみました。 以前、3つのお題でブログを書く「#ぶろぐのぶ」という「試み」をしていたことがありま

Twitterなどでフォロワーを増やす努力ということも必要でしょう。フォロワーが増えると、記事が拡散される機会も増えると考えられます。

ツイッターで記事をシェアしてもらったときにメンションが入るようにしておくと、自分の記事がTwitterでシェアされたことがわかります。シェアしてもらったお礼をツイートすることで、あなたのブログのファンを増やすことができますよね?

ブログをシェアするときにメンションを含めるように設定して欲しい
全国1億1999万9999人のブロガーのみなさん、こんにちは。週末Web随筆家のさかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。

ブログのカスタマイズはさほど重要ではないかも?

WordPressでブログを始めるとやりたくなるのがカスタマイズ。カスタマイズをするためにWordPressを選んだ、という方も少なくないでしょう。

しかし、WordPressのカスタマイズって、それほど重要なことでしょうか?

確かに、同じWordPressのテーマを使っていると、他の方のブログとのデザインの差別化ができない、ということはあります。でも、自分がGoogleなどで検索をしてブログを見に行くシーンを考えてみてください。

デザインを見て、そのブログを見ますか?

そう考えると、ブログのデザインに凝る、ということは、さほど重要ではないかもしれません。

WordPressのカスタマイズに対するぼくの考え方
全国1億2千万人のWordPressファンのみなさん、こんにちは。週末Web随筆家のさかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です

息の長い記事を書く

一時的にバズるような記事を狙って書くのではなく、長く読まれる記事を書いた方がブログの寿命は長いように思います。一時の流行に乗っかった記事はその時アクセスを稼いだとしても、その後アクセスがあるとは限りません。

普遍的なことを真面目に書く。それが長続きして、かつ、そこそこのアクセスを稼いでくれるブログを育てる秘訣ではないかと思ってます。

100年続くブログにしたい - 長くブログを続ける秘訣みたいな
毎日毎日スパゲティコードと格闘している、さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。 みなさん、スパゲテ

そこそこアクセスを稼いでくれる記事ががたくさん集まると、アクセスは相当な数になります。

アクセス数が増えてくると、お問い合わせも増えてきます。記事を読んで「感激した!」なんてメールをいただくと、もっと頑張ろう!って思いますよ。

「感激した!」というメールをいただいて不思議な「縁」を感じて感激した話。
お問い合わせページからメールをいただきました。普通にメールで返事をしても良かったのですが、メールを下さった「しゃなさん」に特別に許可

というわけで今日はこの辺で。みなさん楽しいブログライフを。
ほなまたね。
さいなら〜ヽ(´ー`)

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事