ぼくが使っているプラグインを紹介します[WordPress]

シェアしていただけるとうれしいです

わぷー

プラグインってなに?

WordPressでブログを運営してる人って、おそらくなんらかのプラグインを使っていると思うんだけど、そもそもプラグインってなんなんでしょう?

WordPressはPHPというプログラム言語で作られたかなり柔軟なCMS(コンテンツ管理システム)で、WordPressのソースコードを書き換えたり書き加えることで機能を追加したり、修正したりすることができます。

とはいえ、WordPressの本体のソースを触ることは不具合の温床になるし、WordPressがバージョンアップした時に、追加、修正した部分を自分であとから書き加えなければならないという面倒な作業が発生してしまいます。

そんな面倒なことがないように、WordPressにはプラグインという機能が備わっています。プラグインとは、WordPress本体には備わっていない機能を追加したり、WordPressの機能を使いやすいように変更するための、小さなブログラムのことです。

WordPressにはプラグインを追加したり削除したりするしくみがあらかじめ備わっています。このしくみを使えば、様々な機能をWordPressに追加することができるわけです。

ぼくが使ってるプラグイン

WordPressでブログを始めた当初は、いったいどんなプラグインを使えばいいのか全く分からず困惑しました。先輩諸氏のブログの記事を参考にしたり、ググってみたり、いろいろ試行錯誤してみました。

ブログを開始して半年ほどたって、ようやくプラグインを追加したり削除したりすることがなく落ち着いてきました。そこで、ぼくがどんなプラグインをどんな目的で使っているのか、忘備録も兼ねて公開してみたいと思います。

では、管理ページの「プラグイン一覧」からアルファベット順に。こちらで紹介しているプラグインは、すべて管理ページから検索してインストールできます。

Akismet

Akismet

スパムコメントやトラックバックスパム、ピンバックスパムをブロックしてくれるプラグインです。ブログの記事にコメント欄を設けている人はインストールしておいたほうがいいかもしれません。ぼくがブログを始めてから4件のスパムコメントをブロックしてくれています。

Akismet

Autoptimize

Autoptimize

HTMLやCSS、Javascriptの半角スペース、改行コード、タブなど、余計なものを取り除いてファイルサイズを小さくして最適化してくれるプラグインです。ファイルサイズが小さくなれば、サーバーからブラウザまでの転送時間が短くなりますから、ページの表示にかかる時間が短くなります。

ただし、記事中にJavascriptのコードを埋め込むときは、Javascriptの最適化をすると実行されなくなります。HTML、CSS、Javascriptで個別にどれを最適化するか選べるので、Javascriptは選択から外すとOKです。

記事に食べログの店舗情報が貼れないときは[WordPress]
記事に食べログの店舗情報が貼れない! 「食べログ」の「ブログに店舗情報を貼る」のところのソースをブログに貼り付けたら、お店の地図と情報

Broken Link Checker

Broken Link Checker

記事から内部リンク、外部リンクを貼ることが多々あると思いますが、定期的にリンク先のWebページが存在しているかどうかチェックしてくれます。リンク切れがあった時は、一覧からリンク先URLを編集したり、リンクそのものを外したりすることができます。

Broken Link Checker

過去記事を削除した時も活躍してくれました。

Crayon Syntax Highlighter

Crayon Syntax Highlighter

様々なプログラムなどのソースコードを見やすく装飾してくれます。こんな感じです。

プログラム言語は様々な言語をドロップダウンから選ぶことができます。

Crayon Syntax Highlighter

ソースコードを公開するのに便利なプラグインです。

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer

WordPressにアップロードした画像を圧縮してファイルサイズを減らしてくれます。ファイルサイズが小さくなった分、ダウンロードにかかる時間が短くなりますから、Webページが表示されるまでの時間が短くなります。ブログ開設当初から使っていますが、画像が荒くなったり、汚くなったりということは全く無いです。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps

記事を投稿したり、更新したときにsitemap.xmlを自動的に更新して、Googleに通知をしてくれます。Search Consoleでの作業を自動化してくれます。とても便利ですので、重宝しています。

Optimize Database after Deleting Revisions

Optimize Database after Deleting Revisions

WordPressのエディタで記事を書いていると、自動的に内容を保存してくれています。こんな感じですね。

記事の自動保存

あと、下書き保存した記事や、修正して投稿しなおした記事など、本番に投稿してしまったあとは不要な一時保存の記事が残ってしまいます。これら不要な記事の残骸を綺麗さっぱりサクッと削除してくれます。あと、データベースはデータを更新したり削除するたびにハードディスク内の領域がスカスカになっていき、無駄に容量を食ってしまいます。そういった無駄な領域もきれいにしてくれます。

結果的に、レンタルサーバーの無駄なディスク容量の削除、データベースの動作速度の向上が見込まれます。

データベースの最適化にOptimize DataBase[WordPress]
WordPressが記事を表示する仕組み 日本で流行りのWordPress。いわゆるCMS(Contents Management Sy

Revive Old Post (Former Tweet Old Post)

Revive Old Post (Former Tweet Old Post)

過去に投稿した記事をランダムにピックアップして、SNSにシェアしてくれます。シェアできるSNSは、Twitter、Facebook、Linkedin(有料版のみ)、Xing、Tumblrです。

投稿したくない記事は、カテゴリを選択したり、個別に選択することができます。ピックアップする記事の投稿期間を設定できるので、季節ネタなどで今は投稿してほしくない記事を除外しておくことも可能です。

有料版は「何曜日の何時」という形で自動投稿できるようですが、無料版は残念ながらできません。無料版は「何時間おき」という設定しかできません。ぼくの場合は、8時間おき(1日3回)にして、お昼の12時、夜8時、朝4時(これは8時間おきなので仕方なく)に投稿されるようにしているのですが、いかんせんこのたぐいのプラグインは、どこかのページにアクセスがあった時点で動く、という仕組みになっているので、仮にお昼の12時にプラグインを起動しても、毎日少しずつ時間が後ろにずれていってしまいます。そこが難点といえば難点ですね。

過去記事の掘り起こしにRevive Old Post[WordPress]
Twitterでよく流れてくる「過去記事紹介」 Twitterのタイムラインを見ていると、よく流れてくるのが「過去記事紹介」として過去のブロ

Simple Map

Simple Map

Google Mapを簡単に記事中に挿入できるプラグインです。記事に挿入するときは下記のように書きます。

[map]大阪駅[/map]

緯度、経度を指定することも可能です。

[map lat=”34.664226″ lng=”135.501379″]南海なんば駅[/map]

釣りに行った時などの記事で重宝しています。

現在はGoogle Mapを直接貼り付けています。

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Plugin

WordPressのログインページと管理ページを不正アクセスから守ってくれるプラグインです。日々観察していると、不正アクセスしようとしている痕跡があるのがわかります。とりあえずこのプラグインを入れておくと安心です。

WordPressのセキュリティを守るプラグインSiteGuard WP Plugin
インターネット上にあるものは、日々、攻撃の脅威にさらされています。ブログも例外ではありません。 特に、WordPressを使っているサイ

Table of Contents Plus

Table of Contents Plus

言わずと知れた、目次を自動作成してくれるプラグインです。この記事の一番上にも表示されています。How Toものの記事には入れてますが、読み物の記事は入れたくないので、記事ごとに設定をしています。

WordPress Popular Posts

WordPress Popular Posts

当日、1週間、1か月、全期間の人気記事を抽出してくれます。ぼくのブログの記事の一番上に表示している「今日の人気記事」もWordPress Popular Postsを利用しています。

プラグインをインストールするときの注意

WordPressを運用している環境は、それぞれのブログによって異なります。サーバーの環境や設定、他のプラグインとの相性、使っているテーマなど、環境によってはうまく動作しないプラグインがあるのが実情です。

例えば、ぼくはSimplicityというテーマを使っていますが、このテーマはキャッシュ系のプラグインとは相性が悪いのです。

あるいは、すでにインストールしているプラグインと干渉してうまく動作しないこともあります。

そんなときは、新しくインストールしようとしていたプラグインの使用はあきらめないと仕方ないです。

あと、プラグインによっては、長期間バージョンアップなどのメンテナンスがされていないものがあります。プラグインに不具合、それもセキュリティ上の不具合があれば、外部からの攻撃を受けることがあるから注意が必要です。

また、現行のWordPressのバージョンでの動作テストが行われていないプラグインが結構な数存在します。こういったプラグインをインストールすると、動作が不安定になったり、最悪、動作しなくなることも考えられるので、やめておいたほうが無難です。と言いながら、使っているのがありますが(・ω<)

お役に立てれば

今のところこれらのプラグインで動作がおかしくなったり、不安定になったりということは起きていません。プラグイン選びに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

利用は自己責任でおねがいしますね。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事