レンタルサーバーをWindowsのネットワークドライブにするソフト・SFTP Net Drive[WordPress]

シェアしていただけるとうれしいです


WordPressでブログを始めると、ローカルのパソコンからサーバーにファイルを転送したり、逆に、サーバーからローカルのパソコンにファイルを転送したい、という欲望が出てきます。例えば、

  • ファイルのバックアップをとっておきたい
  • CSSやPHPのカスタマイズをしたい

といった時です。

こんな時には、FTPのクライアントソフトを使うのが一般的です。

やさしいFTPクライアントソフト・FFFTPの使い方[WordPress]
みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。 ブログやWebページを置いているWebサーバにはファイ

この「FTPクライアントソフト」ですが、様々な種類のものがあります。使用料金が必要なシェアウエアや、無料で使えるフリーソフトまで、多数のソフトをダウンロードして使うことができます。

例えば、著名どころでFFFTP。左側の窓がローカル側(パソコン側)。右側の窓がサーバー側。我々Webの中の人は昔からこの手のソフトを使っているので慣れてはいるのですが、初めて使う人にとっては直感的に使いにくいのではないでしょうか?

実は、社内のシステムに会社の事務手続きや業務に関するQ&Aサイトがあるのですが、どうしても申請書類のPDFやExcelのファイルを登録したいという要望が出てきたんです。Q&A自体はWordPressみたいに管理画面から登録すればいいのだけれども、添付ファイルはFTPクライアントソフトでアップロードしなくてはならなかったんです。ファイルをアップロードするたびに呼ばれていたんではぼくも仕事にならないので、FTPクライアントソフトを使えない人でも、なにか簡単にサーバーにファイルをアップロードできる方法がないかな?と探していたんです。

それで、こちらのソフトに行き当たりました。
参考URLSFTP Net Drive

SFTPのクライアントがWindowsのExplorerに統合されていて、SFTPサーバーがネットワークドライブとして扱えるというソフトです。サーバーへファイルをアップロードするときも、サーバーからファイルをダウンロードするときも、Explorerのウインドウにファイルをドラッグ・アンド・ドロップするだけでOKというすぐれものです。

ところで・・・

「FTP」とは、サーバーとファイルをやり取りするときの方法のことですが、FTP自体は通信が暗号化されていないので、最初のログインの時のユーザー名、パスワード、やり取りしている最中のファイルを第三者に盗み見られる可能性があります。

それではまずいということで考えられたのが、「SFTP」と「FTPS」です。両方とも通信経路が暗号化されているので、通信内容が仮に第三者に漏れたとしても、暗号化された内容を解析することがとても難しいので、安全というわけです。

今回のSFTP Net DriveはSFTPのクライアントソフトです。社内からサーバーへ転送するファイルは、個人情報は含んでいないけれども、社内文書であり、外部に漏れるのはあまりよろしくないので、通信経路が暗号化されているのは安心です。

とても便利ですので、WordPressのユーザーの皆さんにも紹介したいと思います。

※このソフトは、お使いのレンタルサーバーでSSHもしくはSFTPが利用できる場合のみ使用可能です。

SFTP Net Driveのインストール

SFTP Net Driveのダウンロード

SFTP Net Driveはこちらからダウンロードできます。
参考URLSFTP Net Drive

SFTP Net Drive

「SFTP Net Drive Free」をクリックすると、インストーラーがダウンロードされます。ポチポチっとクリックして、インストールを開始しましょう。

SFTP Net Drive

SFTP Net Driveのインストール

SFTP Net Drive

管理者権限があるユーザーでWindowsにログインしていることを確認して「はい」をクリック。

SFTP Net Drive

「Install」をクリック。

SFTP Net Drive

「OK」をクリック。

インストール作業は、これだけ。

SFTP Net Driveの設定と使い方

デスクトップにアイコンができていますから、ポチポチっとクリックして起動しましょう。

SFTP Net Drive

「New Profile…」をクリックします。

SFTP Net Drive

「Hostname or IP address」に、お使いのレンタルサーバーのSSHサーバー名、または、SFTPサーバー名を入力します。「New profile name」はお金を払わないと入力できないみたいですw。
「OK」をクリックします。

SFTP Net Drive

「Profile」「Server」には自動的に先ほど入力したサーバー名が入ります。
「Port」は特にレンタルサーバーからの指示がなければ「22」のままです。
「User Name」はレンタルサーバーから指示されたユーザー名(アカウント名)を入力します。
「Authentication」は「Password」を選んで、パスワードを入力します。

では、「CONNECT」をポチッとクリックしてみてください。

SFTP Net Drive

あ、もしかすると1回めの接続だけ、こんなダイアログが出るかもしれません。「Accept」をクリックしてください。

SFTP Net Drive

ほーら、こんなふうにExplorerのウインドウが開いて、サーバーの中身が見えるでしょ?標準では一番最後のドライブレター(ドライブ名)になります。ぼくの場合はZドライブです。

ブログを置いているフォルダをクリックすると、ほら、WordPressのファイルとフォルダたちが見えます。

SFTP Net Drive

試しになんかダウンロードしてみます?

セキュリティの警告

Windowsはこんなダイアログが出ますけれども、「OK」をクリックしてください。大丈夫です。

ドラッグアンドドロップ

ファイルをドラッグ・アンド・ドロップすれば、サーバーからファイルをコピーできます。こんどはなんかアップロードしてみます?

ドラッグアンドドロップ

ファイルをドラッグ・アンド・ドロップすれば、サーバーへファイルをコピーできます。簡単でしょ?

特筆すべき点

サーバーがネットワークドライブとして扱えるということは、サーバー上のファイルを直接Windowsのアプリケーションで開くことができるということです。

ファイルを直接開く

例えば、Simplicityの小テーマのstyle.cssを開いてみましょう。.cssの拡張子が適切なアプリケーションに関連付けされていれば、そのアプリケーションで開くことができます。

秀丸で開く

秀丸で開いてみました。タイトルバーのところのパスが「Z:\」になっているのがおわかりでしょうか?

ブラウザを見ながら編集

アプリケーションで開いたファイルで編集を行い、保存をすれば、すぐにサーバー上のファイルに保存されます。転送する手間も必要ありません。こんな風にテキストエディタとブラウザと並べて、ブラウザで表示確認しながらstyle.cssを編集するということも可能です。

便利でしょう?

ご注意!

編集した内容を保存すると、すぐさまサーバーに反映されます。ファイルを編集するときは、ファイルをコピーしてから編集したほうが無難です。また、ファイルやフォルダを削除しても、ゴミ箱に入りません。すぐさまサーバー上から消えてしまいます。

ぜひ使ってみてください

これで簡単にサーバーとローカルのパソコンの間でファイルのやりとりをすることができるようになりました。記事を書いた時の画像、テーマを更新したとき、ファイルを更新した時は、面倒くさがらずに必ずローカルのパソコンにファイルをコピーして、バックアップを取るようにしてください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事