道具を整えるチームは強い?

野球のボール

野球を始めとする少年スポーツ。少年スポーツの目的は「勝つこと」ではありません。子どもたちにスポーツの楽しさを教えることはもちろんのことですが、それ以上に大切なことがあります。

それは、人間としての成長です。

スポーツの楽しみの一つが「勝つこと」であることは否定しません。試合をするからには勝ちたいし、頑張って勝つ喜びを子どもたちに覚えてもらうことも少年スポーツの大切な役割です。

ただ、「勝つこと」が目的となってしまったとき、いったいどういうことになるのでしょうか?

残念ながら勝利至上主義の少年野球チームは存在します。勝つためにはなんでもします。ルールのすきを突いてこすいことでもなんでもします。たとえ下の学年であっても、上の学年の子を退けて試合に出します。それって、子どもたちの成長にとって良い影響を与えるでしょうか?

勝てば評価される、勝つためには何をしてもいい。これからの日本、これからの社会を担う子どもたちにそういうことを教えてもいいのでしょうか?

「勝つこと」それはあくまでも「目標」なんです。大切なのは「過程」、そして、「思いやり」です。

スポンサーリンク

過程と思いやりを大切にできるか?

試合中によく見る光景が、エラーをした子を監督が即交代させているシーン。エラーをしたからしかたがないという考えもありますが、人間はエラーをするもの。失敗をして交代させられてあとがないチームでは、二度と失敗することができません。エラーをした子に二度とチャンスがないようでは、萎縮して試合どころではなくなってしまいます。

なぜエラーをしたのか、どうすればエラーをしなくなるのか、その子に考えさせることも大切ですし、そもそも野球はチームプレー。誰かがえらーをしてもカバーできるようになっているはずです。誰かがエラーをしても別の誰かが助けてくれる、失敗しても仲間が励ましてくれる、そういうチームのほうが人間的に強くなれます。

「お前がおらんようになっても、ベンチには出たい奴がいっぱいおるんや!」

監督がそんなことを言ってしまったら、チームワークもへったくれもないですよね?試合に出たい子どもたちがお互いに足の引っ張り合いを始めませんか?そんなことでチームとしてまとまるんですか?野球はフィールドに立っている9人と、ベンチにいる数名が一緒になって戦う競技。9人だけでは試合ができないんですよ。

目的は子どもたちを育てること

少年スポーツの目的は、子どもたちを健全に育てることだと思っています。ぼくの場合、たまたまその手段が少年野球だっただけで、長男が「ラグビーしたい!」と言っていたら、今頃、少年ラグビーのコーチをしていると思いますw

精神論をあまりスポーツに結びつけたくはないのだけれども、スポーツは子どもたちを育てるためのツールとしてはとてもふさわしいものだと考えています。一人の子どもの精神を強くするのはもちろんのこと、チームプレーの大切さを学び、協調性だとか、助け合いだとか、これからおとなになっていく過程で身につけなければならないことをたくさん学ぶことができます。

そういう「目的」を達成するために、「試合で勝ちたい、試合で勝とう!」という目標を掲げるんだと思います。だから、「目的」と「目標」を取り違えると大変なことになるのです。

道具をきちんと整理できるチームは強い

はっきり言って、道具をきちんと整理できているチームは強いチームが多いです。なぜなら、球技以外のことまで考えて、行動ができているからです。

例えば練習中。
バットやグローブ、ヘルメットがきれいに並んでいるか?キャッチャー道具がきれいに置かれているか?ボールがあちこちに散らばっていないか?

試合に行ったとき。
対戦相手のチームや他のチームの人たち、大会本部の人たち、ブラっと見に来ているどこかのおっさん、そういった人たちにきちんと「こんにちは!」と大きな声で挨拶ができているか?かばんやチーム道具を置くときにきちんと並べられているか?

誰かひとりが気がついて整理整頓すればいいというものではありません。チームのみんなが気をつけて、声を掛け合って、みんなでできないと意味がありません。

少年野球で言えば、野球以外のこと。普段の生活、挨拶、整理整頓。そういったことがきちんとできない子、できないチームは、いくら野球がうまくても、弱いです。大会で勝ち進んでいたとしても、弱いです。人間的に弱いです。人間的魅力がありません。だから、弱いです。

道具をきちんと揃えているチームは、野球以外のこともきちんと出来ています。人間的に成長できています。心も強いです。

だから、強いんです。

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。