子どもたち!野球やろうよ!〜少年野球のすすめ〜

野球

ぼくが小学校の時は空き地がいっぱいあって、子どもが集まれば日が暮れるまで野球をしていた。今と違って大らかな時代だったから、バットをブンブン振ってても大人は何も言わなかったしね。

今じゃ大変だよね。野球する場所がない。公園はバット使用禁止、下手したらボールも使用禁止。力が有り余った小僧どもはどこで力を発散すればいいんだろうね。

今の子どもをとりまく環境ってそんな感じだから、子どもが大きくなったら何かスポーツをさせたいと思っているお父さん、お母さんは多いと思う。毎日部屋に閉じこもってゲームしてられるより、多少やんちゃでも、スポーツできたほうがいいよね。

何より、サッカーも野球もそうなんだけど、集団競技だから、チーム、つまり、集団の中の自分というものに早く気がつけるわけ。それは学校とは違う。学校はみんな平等で競争はない。でも、集団競技はゲームに出れる人数が決まっているから、競争に勝ち抜かなければならない。チームの中での自分の位置を知らしめられるわけ。

たとえ、べったでも、補欠でも、それはそれでいい。なぜなら、少年スポーツは勝つためのものではなく、教育が目的だからだ。チーム内では競争だが、その競争をうまくコントロールできているかどうかが、後ほど述べる「チーム選び」の一つのポイントになる。

スポンサーリンク

とりあえず必要なものは?

とりあえず、グローブは買ってあげよう。少なくとも野球をしたいという子なら、チームに入らなくてもキャッチボールの機会はきっとあるはずだ。

グローブは6〜8千円くらいの軟式の学童(小学生)用の牛革のものを選ぼう。人工皮革のものもあるけど、型がつきにくく、結局あとで買い換えることになる。

グローブを見ていると、いろいろな種類のものがあるでしょう?
とりあえず、キャッチャーミット、ファーストミットは除外ね。たいていチーム用があるし、本当にポジションがかたまってから買っても遅くない。

あと、外野手用。外野手用は内野手用に比べて長い。外野への飛球を取りやすくするためなんだけど、逆に外野手用のグローブで内野は守りにくい。しっかり手のひらで掴むイメージで捕球するから、短いほうがいい。
投手用、なんてのもあるけど、内野手用でもピッチャーできるから大丈夫。

さかのうえコーチのオススメは、ショート(遊撃手)用か二塁手用。大きさも手ごろでキャッチボールもしやすい。もちろん、外野だって守れる。

ただ、気をつけてもらいたいのは、ピッチャーをしたい子は、単色の、白やグレーでないものを選んで。ヒモの色も同色。野球規則で、複数色や白やグレーのグローブはピッチャーは使えないことになってるの。

単色の内野手用のグローブを選んでおけば、どこのポジションでも守れるよ。

あと、ボールね。グローブだけではお父さんとキャッチボールもできないし。軟球だったらC球を選ぼう。一般・高校がA球、少年(中学)がB球、学童(小学生)はC球って決まってて、大きさが少しずつ違うんだ。

バットはチームに入ってからでも遅くはない。監督やコーチの家に余っているのがあるかもしれないし、先輩のを譲ってもらえるかもしれない。ぼくも家にゴロゴロ余ってたから譲ってあげたことあるし。しばらくはチームメイトのを借りて練習してもいいと思うよ。

どこでチームを探そう?

肝心のチーム探しが結構難しい。グローブを買いに行ったスポーツ用品店にポスターやビラを貼っていなかった?

あと、ウエブサイトかな?たとえば、「お住いの市町村の名前+少年野球連盟」ってググってみて、そこの連盟に所属しているチームが載っていないか探してみるとか、連盟の責任者の人にチームを紹介してもらうとか?

あと、同じ小学校の同級生やお兄ちゃんお姉ちゃんが入ってるチームがないかとか?

なんだかんだ探してみると、結構あるもんです。
うちのチームも、小学校の下足場、スポーツ用品店、自治会の掲示板なんかにビラを掲示してますので、よろしかったらぜひ連絡ください(=゚ω゚)ノ

体験に行ってみよう

チームが見つかったら、とりあえず体験に行ってみよう。できればチームの窓口になっている人に連絡をして、都合のいい日を決めよう。こちらが都合がよくても、大会や試合でチームが不在にしていたり、他のチームが来て練習試合をしていて対応してもらえないこともあるし。

体験に行くときは、Tシャツ、できれば長スボン、運動靴、帽子、それから、グローブ。それと、水筒も忘れずに持って行こう。

体験者が多いときは別メニューになるかもしれないけど、うちのチームは基本的に同じ学年で同じことをしてもらってます。そのほうがチームに入ったときの実感がわくだろうしね。

体験は、また別の日に2〜3回くらい行ってもいいと思うよ。そうでないと決めにくいと思うし。別のチームにも体験行きながら、ゆっくり決めたらいいんじゃないかな?晩御飯のときにでもお子さんの意見もじっくり聞きながら。

どんなチームがいいの?

これも判断が難しい。
ただこれだけは言えるんだけど、「勝利至上主義」のチームと、少年野球をきちんと「教育」ととらえているチームがある。
「勝利至上主義」のチームは、主力メンバーと補欠が別メニューで練習してたりする。ひどいチームだと、補欠組は勝手に練習しておけとばかりに、指導するコーチもいなかったりする。

うちのチームは違う。6・5年生の高学年と4年生以下の低学年に分かれて練習しているが、主力も補欠もいない。みんなが同じメニューをこなす。熟度の高い子も低い子も同じところで同じ練習をする。

必死で頑張ってボールを追いかけている子には、自然と周りから声が出る。「がんばれ!」とか「もう少し!」とか。そういうのがチームとしての一体感を生み、熟度の低い子のできた時の喜びはとても大きい。

短い体験の時間の中でそこまで見抜けるかどうか、それはかなり難しいところだと思う。休憩時間に監督やコーチに積極的に話しかけて、指導者の考えを探っていくことも必要だろうね。

いつ入る?

これはもう、お子さんが入りたい!って言った時に入るのが一番いいんだろうけど。

入る時期としては、春先か秋口。
暑くなる前か寒くなる前がいいと思う。暑い時期に入るとへばっちゃって嫌になっちゃうかもしれないし、寒い時期も凍えて嫌になっちゃうかもしれない。

大阪は冬の大会もあったりして、年がら年中野球やってるけど、雪が積もる地域では冬の間は野球できないよね。

そう考えると、春先が一番いいのかなあ?と思うよ。

あと、学年は3年生くらい。3年生くらいなら1年生から始めてる子にすぐ追いつくよ。逆に5年生、6年生になると未経験の子は難しいかもしれない。チームとして完成してきてるから。もちろん、その子のやる気次第だし、うちのチームみたいに受け入れてくれるチームはあると思う。実際に過去6年生の未経験の子が入ってきたこともあるしね。

お父さんもいかがですか?

これ、子どもを体験に連れて行ったら必ず聞かれると思った方がいい。「いかがですか?」は、お父さんもコーチしませんか?の意味。「はい!」なんて答えようなら、たぶん次の月には28番のユニフォーム着てベンチにいてることになるから。

監督もコーチも無償で子供たちの世話をしているボランティア。少しでも多くの人に協力してもらわないと、チームとして立ち行かない。

仕事や家族構成を考えて、できる範囲でお手伝いしてもらえると嬉しい。土日に仕事が入るとか、下のお子さんがまだ小さいとか、率直に監督にお話すればいい。その中でご自身ができそうなことを協力していただければ十分だと思うよ。

毎回練習は来れないけど、試合の時は車を出します。とか、たまに練習のぞきにきます。とか。

野球やったことなくても大丈夫ですよ。ぼくも野球未経験ですから(=゚ω゚)ノ

野球は楽しい!でも…

せっかく始めた少年野球。できれば6年生まで続けて欲しい。学校生活だけでは得られないたくさんの経験をできるからだ。だからと言って次のことがおろそかになってはダメだ。

学校のこと

毎週土日の野球の練習が楽しくて宿題がおろそかになったり、お手伝いをしなくなったり、そういうのはダメだ。日常のことができてこその少年野球。

あと、試合前に熱が出たからといって、小学校休んでるのに試合へ行くのもダメだ。ちゃんと熱が下がってから、小学校へちゃんと行けるようになってからだよ。

お父さんのこと

コーチ引き受けると楽しいのよ。子供たちは「コーチ!」って呼んでくれるし、子供たちと戯れるのも楽しいし。
だからと言って、土日で疲れて仕事休むのダメです!!

ご家族のこと

少年野球チームに入ったからといって、毎週土日野球漬けはダメです。
特に下のお子さんが小さかったりする場合も、また、野球を始めるお子さんも低学年のうちはそうなんだけど、たまには家族でお出かけをしてください。

もちろん、女の子もぜひ!

春と秋に地元の連盟の大会の審判をするんだけど、女の子がいるチームもたくさんあるよ。たまにキャプテンでキャッチャーで4番!なんて子もいて、かっこいいのよ。

サードゴロ飛んで「サード!」って指示するんだけど、三塁手の男の子がぽろっとエラーすると、「テメー!何やってんだよ!(♯`∧´)」って。三塁手の男の子、しょぼん(´・_・`)みたいなσ^_^;

少年野球に男女の区別はありません。

みんな、野球やろうよ!

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。