ある夜のこと

ヤサグレオヤジ

最近歳のせいだろうか。眠くなるのがとても早い。9時頃には眠くなってきて、10時過ぎには三男坊と一緒に布団に入る。布団の中でしばらくシマホをいじくり、Twitterでやりとりをしていると自然に眠りにつく。

どういうわけだか、その夜は布団に入ったけど寝る気がしなくて、何か気持ちがむしゃくしゃしていた。布団から出て、寝間着のまま、コンビニまで車を走らせる。タバコを吸いたくなって、2月からやめていたセーラムライトを買い、一服吸う。懐かしい味。この一箱でやめるつもりではあるのだが。

たまに無性に車を走らせたくなる。車は好きだ。今乗っている車はもう7年落ちたが、とても気に入っている。ホンダの車だが、まさかホンダの車を買うことはないと思っていた。

知り合いにホンダのディーラーの営業さんを紹介してもらい、当初はFITを買うつもりだった。それまで乗っていた日産のプリメーラワゴンがちょうど車検の時期を迎え、かなりガタが来ていたので新車に買い換えようと思っていた。買い換えようとは思っていたものの、まとまったお金もなく、勤めていた会社が弱小IT企業で給料も安く、ボーナスも期待できなかったから安い小型車にしようと思っていた。

ディーラーにFITの試乗を申し込んで、嫁さんと一緒に試乗に行った。

思ったよりも車内が広く、乗り心地も悪くなかったので、そのまま価格交渉をしようかと思ったが、ストリームの試乗車が空いているということだったので、なんとなく、ストリームにも乗ってみた。

雲泥の差だった。室内の広さはもちろん、ホイールベースが長いこともあって、直進安定性が全く違う。サスペンションの出来も全く違う。乗り心地はストリームのほうが数倍上だった。

一目惚れだった。というか、ストリームが発表されてから少し気になっている車ではあった。ミニバンのカテゴリに属する車だが、そのフォルムはどちらかいうと、ぼくが好きなステーションワゴンに近い。

見積もりをしてもらうと、FITより月々の支払が安いことになってしまった。当時FITが発表されて間もないころだったので、ローンの金利がストリームより高かったのだ。

即決した。はんこを押した。

ストリームはミニバンのカテゴリに属するというものの、どちらかというとスポーツタイプで、エンジンの回転数を上げた時のエグゾーストノートが心地よい。ホンダの車はそういうところにこだわりがあっていい。

7年経ってもアクセルを踏み込むと6000回転まで一気に吹き上がり、適度な加速感を味わえる。カーブてクッとアクセルを緩め、ハンドルを切り込むとタックインして回頭性もいい。

ストリームははミニバンのくせに車内がそれほど広くない。スポーツタイプということもあって、車高が低い。狭いから使い勝手が悪いかというとそういうこともなく、キャチャー道具やヘルメットなどのチーム道具を積んで少年野球のガキども乗せて試合にも行ける。おかげで車内は絶えずドロドロだが。

車はいい。適度な密閉感の中に身をおいて、道の続く限りどこまでも行ける。非日常を味わうのに最適なツールだ。やさぐれたオヤジの心を慰めてくれる。

もう一本セーラムライトを吸って、一回りして帰ろうか。

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします