ミートソースのパスタの作り方[ボロネーゼ]

ミートソースのペンネ

うちの家族は麺好きで、ラーメンはもちろんパスタも大好きなのですが、「晩ごはんにパスタを食べたい」ということになると、ぼくの出番になります。

どうせパスタを作るなら、今までブログの記事に載せてないやつを、と思うわけですが、もう何種類も作ってきて、いい加減ネタ切れになってきました。

ぼくらの小さい頃、スパゲティといえば、ケチャップギトギトのナポリタン、そして、ミートソースが一般的でした。スパゲティを茹でて、缶詰のミートソースをかけるやつです。

日曜日に家族で買い物に行って、百貨店のレストランで食べるといえば、ナポリタンかミートソース。やっぱりケチャップギトギトかスパゲティにミートソースがかけられているやつでした。それがお手本なので、家で食べるスパゲティもその2種類になってくるわけですが。

前にケチャップギトギトのナポリタンを作ったので、

昔、出張でフランスのパリに行ったことがあります。パリでなぜか寿司を食いました。パリで寿司を食わなければならないことになった経緯はここ...

今回はミートソースに挑戦です。

いつもならスパゲティを使うのですが、今回はペンネを使ってみました。いわゆる「マカロニ」というやつですね。形がペンの先の形になっているから「ペンネ(Penne)」というわけです。

スポンサーリンク

ミートソースのパスタの作り方

今回もいつも同様、ソースに濃い味付けはしていません。(ケチャップギトギトのナポリタンを除くw)

材料(5人前)

  • ペンネ:500g
  • トマトの水煮缶:2缶
  • 合い挽きミンチ:300g
  • 玉ねぎ:1玉
  • にんにく1片、塩、コショウ、オリーブオイル

お肉は合い挽きを使いました。牛のみ、豚のみでもいいのですが、牛50%豚50%のが美味しいように思います。
今回は鷹の爪は入れていませんが、ちょっとピリッと感を出すのであれば、入れてもいいと思います。そのへんはお好みで。

下準備

玉ねぎはみじん切りにしておきます。
にんにくは輪切りに。
ミンチは冷蔵庫から出して室温に戻し、軽く塩コショウをしておきます。これ、味付けのためではなく、なんのためだろう?臭み抜きかな?

ミートソースを作る

フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、ごく弱火にかけます。にんにくがじっくりと焦げてくるまで待ちます。

にんにくを炒める

にんにくの香りが立ってきたらみじん切りの玉ねぎを投入して強火にします。一部みじん切りになっていないのは見逃してくださいw

玉ねぎ投入

玉ねぎがしなっとなってきたら、ミンチを投入します。ミンチをほぐすようにして炒めていきます。

ミンチ投入

ミンチはしっかりと炒めて、旨味を中に閉じ込めるようにします。
ミンチをしっかり炒める

ミンチがある程度炒まったら、トマトの水煮缶を投入します。トマトはヘラで潰すようにかき混ぜます。火の加減を見ながら、焦げないように気をつけてください。
トマト投入

トマトが煮詰まってきたら、一旦火を止めておきます。
一旦火を止めておきます

ペンネを茹でる

ペンネの茹で方は、スパゲティの茹で方と同じでいいと思います。塩加減も同じです。

パスタ料理を作る上で「パスタを茹でる」というのは基本中の基本。これを押さえておかないと、せっかく美味しいソースを作っても、パスタが台...

ただ、激しくかき混ぜると、ペンネが割れてしまうようです。(実際かなり割れちゃった)

ペンネとソースを合わせる

ペンネが茹で上がったら、ソースに再び点火、ザルに上げてお湯をよく切り、フライパンに入れます。
ペンネ投入

さっさっさと軽く混ぜて、
軽く混ぜる

お皿に盛りつけて出来上がり。冷めないうちに召し上がれ。
ミートソースのペンネ

パスタの種類

今回パスタはペンネを使いましたが、もちろん、スパゲティでもOKですし、きしめんみたいなフェットチーネでも美味しいと思います。

いつも味にうるさい次男が「うん!うまい!」と言って平らげてくれたのが嬉しかったですね。

さて、次は何を作りましょうか。

ミートソースといえばやっぱりスパゲティ?

ミートソースといえば、やっぱり定番はスパゲティですよねー?
ミートソーススパゲティ
スパゲティは1.6mmの少し太めのを使っています。太めの方がソースと絡みやすいので美味しいです。

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。