お昼休みの過ごし方

牛丼

お昼休み、どうしてます?
1日8時間働く人は1時間の休憩を取らないといけないわけですが、みなさんちゃんと休憩を取っていますか?

普通、朝から夜まで働くサラリーマンは、お昼頃に休憩を取っていると思います。多いのは12時〜13時でしょうか?

先日、目にしたおっちゃん(@diyakinaito1)のこちらの記事

おっちゃんが是非ぼくのお昼休みの過ごし方を知りたい、とおっしゃるので、こんな感じだよん、というのを書いてみたいと思います。



ぼくの会社のお昼休み

ぼくが働くのは、大阪市内のオフィス街にあるとある会社。そこの会社のシステム部で社内SEとして働いています。主な業務は、社内の基幹システムのお守り、Webシステムのお守り、サーバーのお守り、ネットワークのお守り。なんか、お守りばっかりなんだけど、あとはWebシステムに新しい機能を追加したり、社内にデザイナがいないのでHTMLやCSSと格闘したり。

そんなこんなな仕事をしております。

さて、うちの会社のお昼休みですが、

  • 早番:11時半〜12時半
  • 遅番:12時半〜13時半

の交代制になってます。なんでかわかんないんだけど。

多分、部署内に必ず誰かが残っているようにするという配慮でしょうなあ。

11時半になると、「どっち?」「どっち?」という声が聞こえてきます。「早番、遅番、どっちにする?」って相談なんだけど、特に誰が早番、誰が遅番、ってことは決まってないのね。

わがシステム部内でもそういう相談が日々繰り返されるんだけど、仕事の都合であったり、今日は絶対あそこのお店のランチを食べたい!とかいうことで、早番、遅番を決めるわけ。

この早番遅番システム、社内では好評で、周辺のたいていの会社が12時からのお昼休みだから、30分早く、もしくは30分遅く、ランチに行けるわけ。混雑を避けることができるので「ランチ難民」となることもないわけなのね。

お昼ご飯は様々。外に食べに行く人、コンビニで買ってくる人、家からお弁当を持ってくる人。

お姉さま方は、ご主人のお弁当を作るからついでにご自身のも作るとか、小娘の中には一人暮らしなので自分で作ってくるという殊勝な子もいるし、「お母さんに作ってもらってるの♡」などという甘ったれたやつもおります。

男性はほとんど外食派ですな。独身が多いのと、奥さんに愛されていない既婚者とか。

オフィス街とはいえ、あちこちにお店があって、食べる場所には困らないようですな。毎日同じ店に通って、お店のおばちゃんと仲良しになり、おまけしてもらう、という凄腕の人もいます。

で、ぼくのお昼休み

男性社員では珍しく、お弁当派です。毎朝、嫁さんに作ってもらってます。長男、次男が高校生でお弁当持ち、嫁さんも仕事でお弁当持ちだから、ぼくの分も問題なく作ってもらってます。

お弁当は休憩室でいただきます。自席でお昼ご飯を食べるのは禁止されてます。そりゃね、仕事してる人がいてるのに、強烈な芳香を放ちながらカップ麺食べるのはどうかと思いますわね。

この日のお弁当はこんな感じ。
お弁当

三男が遠足でお弁当持ちだったので、少々お子様向けになっておりまして、唐揚げ、ウインナー、卵焼きが入っております。

カバンに入れるときに縦にしか入らないので、どうしても寄り弁になっちゃうんですよね〜。
改善の余地ありです。

いつも、お姉さま方、小娘たちと、ワイワイ話しをしながら食事してます。

お姉さま方と一緒の時は、子供の話とか、旦那さんの話とかが多いですね。週末どこに遊びに連れて行ったらいいかとかの相談も受けます。釣りなんかどうです?と強くお勧めしています。大阪に住んでいながら大阪湾で釣りができるのを知らない人もいるんですよね。もったいない。

小娘たちと一緒の時は、わやくちゃですわ。あいつらぼくをオトコと思ってないから、「さかのうえさーん、これ、見て見て!」ってスマホの写真を見せてくれるのはいいけど、おまん、顔が近いねん!ほっぺた、舐めるで!

恋愛相談にものります。どうすれば彼氏ができるのか?あんた、ええ娘やのになぁ。なんで彼氏がおらんのやろうなあ?多分、自分でハードル上げているんやと思うで。

さかのうえさんが小娘たちの話に加わらず、休憩室の隅っこでスマホをいじってる時は、ブログの記事を書いている時ですな。

そんなこんなで、休憩時間の1時間は、あっという間に過ぎ去ります。

みなさんのお昼休憩は?

会社によって、職種によって、様々なお昼休憩があると思います。みなさんがどんなお昼休憩を過ごしているのか見てみたいですね。

あなたのお昼休み、どんなんですか?

「週末写真愛好家」兼「週末Web随筆家」。

ちっちゃい花を撮ることがめっちゃ大好き。愛機はCanon EOS Kiss X7。50mm単焦点レンズと60mmマクロレンズで小さな花を撮ることに喜びを感じています。
職業はWEBのシステム屋。「まろ」と呼んでいただけるとうれしいです。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事



スポンサーリンク