【ハイパーリンクチャレンジ2015】ぼくにとって今年一番印象が強かった記事 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

ハート

今年も終わりですね~♪

気がつけば、もう12月も半ばを過ぎ、後半戦。毎年のことながら年末の喧騒をよそに、淡々と暮らしております、さかのうえのまろ@週末WEB随筆家(@sakanoueno_maro)でございます。

最近はブログの投稿数も減ってきて、平日はほとんど記事の投稿ができておりません。週末に2~3記事投稿ができればいい方ではないかと思います。

決してブログへの熱意が冷めたわけではなく、熱意は以前より増しているような気がします。例えばここのところ熱心なのが、週末にパスタ料理を作って記事にするということ。平日に通勤電車に乗って考えていることは、ブログのネタではなく、スパゲティのメニュー。

定番のスパゲティはほぼ記事にしてきたので、それの派生版か、全く独自に考えるか、そのどちらかになるのだけれども、まぁ、結局レシピが記事なるので、ブログのネタを考えているに等しいわけなのですが。

逢いたくて、恋しくて、泣きたくなる夜~♪

そんな中、天から舞い降りた天使、さっちゃん(@sasyrrs)から、突然、TwitterのDMが。

ねぇねぇ、少しご相談がありまして…

なんと、「ご相談」とな!さっちゃんからの相談とあれば、いつ何時でも承りまする!

さっちゃんからの相談というのは、こちらです。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。先日、「サイボウズ式」の藤村能光さん、「北欧、暮らしの道具店」の長谷川賢人さん

なんかもう、たくさんの方が趣旨について引用されているので、ぼくの記事では省略しますね。リンク先をご覧ください。

さっちゃんとの出会いはいつの頃だっただろう?正直、きっかけも忘れてしまったw

さっちゃんのブログの記事を見たり、さっちゃんとTwitterでやり取りを重ねるうちに、彼女の魅力に惹かれていくぼくがここにいるわけです。

ぼくの彼女の印象は、「小動物」。小さくて、活発で、すばしっこい。でも、たまに気弱になって助けてあげたい。

そんな感じの印象です。ブログの記事もTwitterのツイートも、センスがぼくに非常にマッチしていて、とても快い気持ちになれます。

そんなさっちゃんからのご依頼。受けて立とうではありませんか!

そばに居て、少しでも、話を聞いて~♪

それでもって、今年一番印象に残ったのはこちらの記事。

参考URL我が家の家庭事情(愚痴含みます)

さっちゃん、ごめん。ぼくがいらんことつぶやいたために・・・(T_T)

それまで見たさっちゃんのブログの記事にも、ツイートにも、旦那さんの気配が全く無く、もしかして、旦那さん、別居?みたいな雰囲気を醸し出していました。

ぼくがなにげにツイートした、さっちゃんのこの記事の中に、ただ1行だけ、

一緒に行った旦那様は

と書かれていたので、「なんだ、旦那いるのか( ̄▽ ̄)」と、残念に思った安心したわけです。

一緒に食事に行くくらいだし、いつも明るいさっちゃんだから幸せな家庭生活を営んでいるだろうと思いきや、旦那様への愚痴の記事。

ああ、さっちゃんも世の家庭を持つ女性と同じように悩んでいるんだなぁ。と、少し意外に思ったことを覚えています。

逆に、ぼくにとっては、さっちゃんを身近に感じた瞬間でもありました。

追いかけて~追いかけて~、追いかけて~♪さっちゃん~♪

さて、ぼくが書いた記事の中で一番気に入っているのは、なんといっても、こちら。

2115年6月21日、7時になりました。ニュースをお伝えします。今日午後4時頃、最後の男性生存者だった、日本人の「さかのうえのおまる」さんが、大阪市内の病院で亡くなりました。85歳でし...

こちらの記事を書くきっかけを作ってくれたのは、実は、さっちゃん。

いつだったか、さっちゃんがツイートした内容がきっかけでした。

女性であるが故に、正当に評価されない

といった内容でした。

ぼくたちが就職した頃、男女雇用機会均等法ができました。男女の差別なく、雇用の機会を均等にしようという、まさに法律の名前の通りのことを目的とした法律だったのだけれども、21世紀になった今でも、女性だからという理由で雇用の機会を奪われることがしばしばあります。

女性は、子どもを生むという性。女性でなければできないことです。「原始、女性は太陽であった」はずなのに、妊娠、出産という大事業のために、雇用の機会を奪われるというのは理不尽でなりません。

妊娠、出産だけではなく、「女性だから」という理由だけで、優秀な人でも昇進、昇給されないということもまだまだあります。

さっちゃんのツイートを見て、しばし考えました。だったら、この世からオトコがいなくなったらどうだろう?

それで書いたのがこちらの記事でした。

ぼくの記事は、カテゴリで分けると、「IT」と「生活」という分類になりますが、内容で分けると、「How toもの」「夢想もの」になります。この記事は「夢想もの」に分類されます。

「夢想もの」の記事はのアクセス数は決して多くありません。オーガニック検索で引っかかりにくいからです。それでも、ぼくはこういう記事を書くのが好きです。

ぼくのブログを書く目的として、「お腹にたまったものを書く」ということがあります。徒然草の吉田兼好と同じ考えです。

つれづれなるまゝに、日ぐらし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ。

硯ではなく、PCやスマホに変わった現代ですが、吉田兼好のように好きなことを徒然に書き付くりたいものです。

最近はこの手の記事数が減っているのですが、これからもどんどん書いていきたいです。

というわけで

現在、2015年12月19日、13時6分。
たくさんの方々を渡ってきたと思われるバトンですが、今からバトンを渡す人を探すのも難儀なことですし、渡された人も難儀するでしょう。

私でバトンを置きたいと思います。

企画された方々、バトンを引き継いでこられた方々、ありがとうございました。この企画のおかげで、再度、さっちゃんに対する愛が更に深まりました。

最後になりましたが、さっちゃん(@sasyrrs)のブログを紹介いたします。

キャラ弁・スイーツ・和柄雑貨作り、、、気ままな幸せTime♡

「さっちゃん」と気軽に呼ばさせていただいてますが、正式なお名前は「sachiko」さんです。

さっちゃん、ありがとう。

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします