なんとなくタバコをやめて5日目



喫煙と禁煙

今日は2016年3月3日、ひな祭りの日です。うちの家には女の子はいませんので、あまり関係のない日です。

ところで、今日で5日目になりました。

何がって?なんとなくタバコを吸わなくなってからです。

ぼくの人生、喫煙と禁煙を繰り返す年月でした。長い時は6年くらい禁煙してたんですよ。

6年の年月なんて、何の重みも価値もありません。一本のタバコの前ではね。

仕事のストレスでイライラしていたとき、差し出された一本のタバコ。悪魔の甘いささやきか、天使の馬鹿野郎の裏切りか。

吸ってしまいました。

禁煙のチャンスはあったんです。たばこ税が上がり、タバコ全般が値上がりしたとき。

ぼくが吸っていたセーラムライトは、いくらだったんだっけ?もう前の値段は忘れてしまったけど、いま、一箱450円もします。

この値段、毎日一箱吸ってたんでは、お小遣いが確実に破綻します。

450円×30日=13,500円。

破綻だ。

セーラムライトでは破綻する。仕方がないので、値段が半分ほどの「エコー」に替えてみたんだけど…

マズイ。これなら、生木を焼いた煙を吸っている方がマシだ。とは言っても、セーラムライトでは破綻してしまう。

そうか!本数を減らせばいいのか。

それからは、タバコが吸いたくなっても、もう少しガマンしよう、あと30分ガマンしよう、と、2日に一箱でやってきました。

そんなぼくに禁煙の転機がやってきたのは、いまから2年前の冬。運悪くインフルエンザにかかり、肉体的にタバコが吸えなくなってしまったわけで、吸いたくても吸えなかったわけです。

熱が下がって、インフルエンザが完治すると、あれ?タバコ吸わなくてもいけんじゃね?

不思議と、タバコが欲しくならなかったんです。ぼくが禁煙したいという人に「インフルエンザに感染しなさい」と勧めるのはこのためなんです。科学的な根拠の有無はともかくとして、実体験に基づく事実ですね。

何でタバコを吸うのか?

インフルエンザにかかって苦しい思いをしてやめれたタバコなのに、また仕事のストレスから、半年後には吸い始め、1年半が経過したところです。

そもそも、何でタバコを吸うのか?

吸い始めは学生のとき。両親ともタバコは吸わないので、友だちの影響、というか、好奇心からですな。

悪魔の甘いささやきによって吸い始めたタバコは、悪魔の隠微ないたずらによって依存症となり、やめられなくなるわけです。

別に、悪いことしてるわけでなし、ギャンブルしてお金をスっているわけでもなし、悪いお姉ちゃんにお金を貢いでいるわけでもなし。

一つぐらい体に悪いことしててもいいじゃないの。

そんな気持ちですかね。

あと、仕事柄、デスクワークが多いことから、気分転換したいとかいうこともありますし。

それと、プログラムを書いていたら、どうしても解決できない壁にぶつかって、カリカリしてくるから、やっぱり、タバコを吸って気分転換するとか。

でもね、タバコを吸いながらでも頭はフル回転していて、結構な頻度で、タバコを吸ってるときにアイデアが浮かんで、デスクに飛んで帰ることもしばしばありますよ。

IT関係の職についてる人は、そういうこと言う人、多いです。

あとは、喫煙所にはいろんな部署や、場合によっては他社の人もいるから、顔見知りになって、いろんな情報を交換したりとかね。そういうことも多々ありますよ。

確かに、タバコを吸うことで自分の寿命をすり減らしているということはあるかもしれないけど、それ以上のものを得ているかもしれないんですよね。

じゃ、何で禁煙するのか?

そこまで言っておいて、なぜ禁煙するのか?

正直、タバコはクサイ。確かにクサイ。電車の席でとなりにタバコを吸うおっさんが座るとクサイ。

自分のタバコのニオイは気にならないものだけど、他人のタバコのニオイはクサイ。

まして、タバコを吸わない人からすれば、タバコを吸う人のニオイは本当にクサイだろうね。

ぼくの場合、自宅では部屋の中での喫煙は禁じられているので、裏庭で吸うか、玄関先で吸うわけだけど、タバコを吸って家に入ったら、家族じゅうから「クサイ」と攻撃を受けるわけです。

やかましいわ!オヤジはクサイもんじゃ!

と、いつも冷たい視線を浴びながら、吸い殻を台所のゴミ箱へ捨てていたのですが。攻撃の急先鋒は、嫁さんですな。

うちら夫婦、基本的には仲良しなのですが、一度ことが起きると、大変なことになります。冷戦です。

嫁と冷戦状態なう。唯一の外交ルートだったLINEは私が切ってしまった。面と向かって口で言えばいいものを、LINEでぐちぐち文句を送っ...

しかし、冷戦も終われば、プラハの春、ではないけれども、また仲良しに戻るわけです。

きゃっ♡

で、先日の日曜日の朝、同じ部屋で寝ている三男がテレビを見るために階下へ降りて行ったのを確認して、嫁さんの布団に潜り込んだんです。

人の布団って、何であんなにあったかいんでしょうね?

嫁さんのパジャマの裾から手を入れて、あれをなになにしながらチュウしようとしたら、拒絶されちゃって、

タバコやめたらチュウしてあげる。

って言うから、「はい、分かりました」って、約束しちゃったのよ。禁煙するって。

で、何が言いたかったのかというと、嫁さんのあれをなになにしながらチュウしてから5日経った、という話だったわけですわ。

もちろんその間、タバコも吸うてませんけどね。

こちらの記事もどうぞ

まだ禁煙続いています!禁煙を始めてから18日目になりました。鋭意禁煙中のさかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です...
みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。たいていのお宅には、部屋の温度を調整するための「何か」...
「写真愛好家」兼「週末Web随筆家」。ちっちゃい花を撮ることがめっちゃ大好き。愛機はCanon EOS Kiss X7。50mm単焦点レンズと60mmマクロレンズで小さな花を撮ることに喜びを感じています。 職業はWEBのシステム屋。「まろ」と呼んでいただけるとうれしいです。
いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事



スポンサーリンク