大阪の住宅はテレビのアンテナが3つある

皆さんのお宅にはテレビのアンテナはいくつあります?大抵は地デジのアンテナとBS・CSのアンテナとで2つあるのではないかと思います。

テレビ局の送信所(電波を出すところ)は地域ごとに同じところに集められています。テレビのアンテナは指向性といって、特定の方向からの電波のみ強く受信できるようになっています。他地域の放送局の電波の混信を防ぐためです。

大阪のテレビ局の送信所は、奈良県との県境にある生駒山の頂上にあります。地デジのアンテナはみな生駒山の方に向いています。

あと、BS・CSのアンテナは、お椀型のパラボラアンテナです。これは南の空を向いているはずです。日本の遥か上空、というか、宇宙空間ですね、赤道から36000Km離れた静止軌道上に浮かんでいる放送衛星からの電波を受信しています。

普通はこれらのアンテナがそれぞれ1つずつだと思うのですが、大阪の住宅ではもう一つ、地デジのアンテナを取り付けているお宅が多いです。そのアンテナは生駒山の方を向いていません。

そのアンテナ、実は神戸の方を向いています。正確には六甲山系の摩耶山に向けられています。摩耶山の山頂にもテレビ局の送信所があって、大阪と同じテレビ局の電波を神戸向けに送信しています(テレビ大阪を除く)。

それで、神戸でも大阪と同じ放送が観れる訳ですが、大阪にはない神戸のローカル放送局の送信所が摩耶山にあります。

サンテレビです。

大阪の住宅の地デジのアンテナで生駒山に向いていないアンテナはみな摩耶山の方を向き、実はサンテレビを受信するために設置されているのです。

阪神ファンのための放送局?

サンテレビは、他局の放送枠以外の甲子園、京セラドームでの阪神戦を試合終了まで生放送しています。提携している朝日放送が21時前に生放送を終了しても、「リレー中継」と称して、試合終了まで、引き続き放送してくれます。

そう、サンテレビは阪神戦を試合終了まで生放送してくれるんですよ。

NHKは何か特別な理由がない限り、試合終了まで生放送してくれますが、在阪の他の放送局は、試合終了まで生放送してくれないんですよね。

放送枠があるのは仕方がないとわかっていても、ファンとしては、試合終了まで見たいじゃないですか。それに、放送終了って、チャンスやピンチの場面って結構多いんですよね。阪神ファンは生殺し状態なんですよ。

サンテレビで阪神戦の放送があるときは、安心して放送を見てられるんですよ。必ず最後まで放送してくれますからね。

とは言っても「今日はダメだ、こりゃ」という時は、チャンネル変えちゃったりしますけど。

神戸の方向に向けられたアンテナがあるからといって、そのお宅が阪神のファンかどうかは知りません。少なくとも我が家はみんな阪神ファンですけどね。

やっぱり球場が一番!

サンテレビで阪神戦を試合終了まで生放送で観れるといっても、球場で生で見る方がエキサイティングです。3月27日の開幕戦、京セラドームの3塁側ですが、チケットが取れたので行ってきます!

5月くらいの甲子園のデーゲームも行きたいなぁ。ライトスタンドで応援しながらの生ビール、格別ですよ!

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします