アクセスして欲しくないページを404 Not Foundにする[WordPress]

シェアしていただけるとうれしいです

アクセスしてほしくないページにアクセスされたら404 Not Foundを返却する

WordPressの場合、「/author/」以下のディレクトリは、投稿者ごとの記事が表示されます。ところが、この「掲載者」というのがクセモノで、WordPressの管理ページにログインするときの「ユーザー名」であることが多いです。

悪意を持った第三者に、わざわざユーザー名を教えているようなものです。

このブログでは、「投稿者」の表示をTwitterのアカウントにしているのですが、それでもなぜか「/author/」以下のページにアクセスがあります。少し気持ちが悪いので、「/author/」以下にアクセスがあったら「404 Not Found」を返してやることにしました。

404 Not Foundを返却する方法

こちらの「記事のURLを別のURLに転送(リダイレクト)する方法」を使います。

WordPressでURLを別のURLにリダイレクト(301リダイレクト・自動転送)する方法
WordPressで一度投稿した記事を別のURLににリダイレクト(自動転送)させたいということは、まれにあると思います。 記事

具体的には、.htaccessに下記のように記述します。

これで、「/author/」以下にアクセスすると、下記のページが表示されます。

404 Not Found

クエリストリングにも対応

「/?author=投稿者」といった、クエリストリングでもアクセスできてしまうみたいです。これを拒否するには、下記の記述でうまくいきました。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事