私を野球に連れてって〜阪神タイガース編

京セラドーム

2015年3月27日、今年もプロ野球のシーズンが始まりました。この日を待ちわびたファンも多いことと思います。ぼくも生まれつきの阪神ファン。DNAに刷り込まれた縦縞がウズウズします。

阪神の主催試合の多くは、神戸のローカル局である「サンテレビ」が試合終了まで生中継しています。

在阪のタイガースファンの多くはサンテレビでの生中継で試合を楽しんでいると思います。他の局とは違い、試合終了まで生中継してくれるんですからね、かなり満足度は高いです。

でも、テレビで見る試合と野球場で生で見る試合には圧倒的な違いがあります。

テレビの放送内容は、どうしてもピッチャーとバッターとの対戦が中心になってしまいます。

しかし、野球はそれだけではないんです!

ランナーの有無、ランナーのいる塁、アウトカウント、などなど、様々な条件で守備位置が変わります。

例えば、1アウトランナー2塁。点差が開いて勝っているなら、たとえヒットを打たれて2塁ランナーがホームインしても大した影響はないでしょう。

しかし、勝っていても僅差のとき、同点のとき、負けているときは1点たりとも相手チームに与えたくありません。そんな時は、内野は定位置、外野は前進守備で守ります。
外野前ヒットを打たれても、バックホームして2塁ランナーをアウトにできる可能性があるためです。

外野の頭を越えたら、それは仕方がない、という守備体系です。

そういったチーム全体としての駆け引きは、やはり球場に足を運ばないとわかりにくいです。



阪神タイガースのゲームを見に行こう

2015年3月27日の金曜日、京セラドームへ阪神-中日の開幕戦を、嫁さんと三男の三人で見に行ってきました。タイガースのホーム球場は阪神甲子園球場。本来なら甲子園で開幕戦を迎えるはずですが、春の高校野球の大会が開催中なので、オリックスの本拠地である京セラドームでの開催です。

阪神の主催試合はほぼ甲子園で行われますが、夏の高校野球の大会の開催中も京セラドームが使われます。

大阪から阪神タイガースの試合を見に行くぼくのお勧めを教えちゃいます。

甲子園の場合

大阪の北部からなら、梅田から阪神本線の電車に乗るのが一番です。あ、ちなみに甲子園には駐車場はないので、電車がオススメです。

梅田から阪神電車に乗るのですが、その前に阪神百貨店に行きましょう。まず8階の「阪神タイガースショップ」へ行って応援グッズを買います。甲子園でも売っていますが、阪神百貨店の方が落ち着いて選べます。メガホンとジェット風船は必須ですよ。

お気に入りの選手のレプリカのユニフォームを買うのもいいですね。ぼくは、背番号24番、桧山進次郎さんのユニフォームを着てます。引退しても関係ないんです。好きなんですから。

応援グッズを購入したら、地下へ下ります。阪神百貨店のデパ地下は大阪でも屈指の旨いもんが揃っています。美味しそうなお好みのお弁当やお惣菜を買いましょう。

大阪の南部からなら、なんばから阪神なんば線がオススメです。その場合は高島屋のデパ地下でお弁当を買いましょう。

お弁当

で、阪神電車に乗って甲子園で降りるのですが、甲子園の駅で帰りの切符は必ず購入しておきましょう。試合終了後は非常に混雑します。

京セラドームの場合

京セラドームはJR環状線・大正駅が最寄り駅です。地下鉄長堀鶴見緑地線でドーム前千代崎で降りるのもオススメです。なんばから市バスも出ています。

球場に着いたら

チケットに書かれている入場口の番号を確認しましょう。その番号の入場口から入ります。球場内は内野、外野は行き来できないようになっています。

入場口で手荷物検査を受けます。というのも、野球場はカン、ビン、ペットボトルは保安上の理由から持ち込み禁止なんです。ですので、お弁当は外で買っても、飲み物は中に持ち込めないんです。

飲み残しのジュースとかは、使い捨てのコップが用意されているので、それをもらって入れます。

確信犯的に、外で缶ビールを買って入り口でコップに移し替えるというのもアリかもしれないけど、やったことはないですw。

入り口に係員さんにチケットを渡して半券をもらって中に入ります。半券は大事に保管しておきます。球場を出入りするとき、裏の通路からスタンドに戻るときに、半券を係員さんに見せなければなりません。トイレから戻るときもですよ。

先に、トイレの場所を確認しておきましょう。野球は試合時間が長いし、ビール飲むとトイレが近くなります。

自分の席が分からない時は、スタンドの入り口に係員さんが立っているので、チケットを見せて場所を教えてもらいましょう。

あ、荷物に余裕があったら、スタンド裏の通路の売店で、ビールやおつまみを先に買っておくのもアリですよ。

周りの人たちと友達になろう

三塁側はビジター席なので、相手チームの応援の人もいますが、甲子園や京セラドームはほとんどが阪神ファン。同じ時間を共有する戦友です。積極的に話しかけてみましょう。次の作戦を立てあうのもよし、継投策を練るのもよし、点が入った時にメガホンを叩き合ってお互いに喜びあうのもよし。

うちの三男も後ろの席のおじさんたちと友だちになってましたよ。

「なぁ、ぼく、次、ピッチャーに打順回ってくるから、代打出さんとあかんのとちゃうん?」

「うーん、関本!」

「よっしゃ、関本!え〜ぶりば〜でぃせ〜ぃ、セ・キ・モ・ト!!って、俊介出てきたやんw」

「テヘペロ」

「まあ、関本はまだ後においとかなあかんからな」

「うん!」

ビールの買い方

ビールはスタンド裏の売店でも売ってますし、売り子のお兄さんお姉さんが樽を背中に背負って売り歩いています。好きな銘柄のビールを背負った人を呼ぶのもよし。お気に入りのお姉さんを呼ぶのもよし。

「すいませーん!ビールちょうだーい!」

「はい、ありがとうございます!あれ?さっきも買ってくださいましたよね?」

「はい、お待ちしておりましたw」

ジェット風船を膨らませるタイミング

7回の裏になると儀式があります。阪神ファンみんながジェット風船を飛ばすのです。これ、以外と膨らませるタイミングが難しいんですよね。

ジェット風船は膨らませるのに結構時間がかかります。7回の表が終わってから膨らませていると間に合わないことがあります。

かと言って、7回の表が始まってすぐに膨らませると、持っている手が我慢できなくなって虚しく飛ばしてしまったり、モノと擦れて割れてしまったりします。

オススメは7回の表、2アウトになった時です。バッターが簡単に三振しても十分間に合います。

2アウトからピンチになってしまった時は、我慢して持ち続けてくださいw

帰りの時間は余裕を持って

プロ野球の試合時間は3時間くらいは見積もっておいたほうがいいです。ナイトゲームなら6時試合開始ですから、終わるのが9時くらい、阪神が勝てばヒーローインタビューを聞いて、六甲おろしを歌って、それから球場でてくると9時半は回っているでしょう。そこから並んで電車に乗るのに30分近くかかることもあります。

家が遠い人は、涙を飲んで、早めに引き上げましょう。阪神電車で梅田やなんばに出られても、そこからの電車がない…なんてことになりませんように。

野球に行こうよ

野球にいこうよ

周りの人たちと一緒になって大きな声で応援していると、小さな悩みなんて吹き飛んでしまうし、ストレスも発散できます。

野球は見ても楽しいスポーツです。ぜひ野球場へ足を運んでください。
マートン選手
ちなみに、ぼくが見に行ったこの開幕戦は、阪神のサヨナラ勝ち!
六甲おろし歌って帰って来ましたよ。

よろしかったら、こちらもご覧ください。

日々繰り広げられるプロ野球の熱戦!ぼくと同士の阪神ファン(と思われる人)から寄せられたお悩み(検索キーワード)について、いちいち記事にできないのでまとめてお答えします。

「写真愛好家」兼「週末Web随筆家」。

ちっちゃい花を撮ることがめっちゃ大好き。愛機はCanon EOS Kiss X7。50mm単焦点レンズと60mmマクロレンズで小さな花を撮ることに喜びを感じています。
職業はWEBのシステム屋。「まろ」と呼んでいただけるとうれしいです。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事