WindowsからXSERVERにSSHで接続する方法

シェアしていただけるとうれしいです


XSERVERにSSHで接続するには、Windowsでは定番の「Tera Term」を使えば問題なく接続できます。
ダウンロードTera Term(窓の杜)

ただ、いくつかポイントがあるので、簡単にまとめておきます。

秘密鍵はPuTTYgenで作ったものが使える

XSERVERにSSHでログインするには「秘密鍵」が必要ですが、WinSCPに付属している「PuTTYgen」で作成したものが使えます。
PuTTYgenで秘密鍵を作る方法はこちらの記事を参照してください。

WindowsからXSERVERにSFTPで接続する方法
サーバーにファイルをアップロードしたり、サーバーからファイルをダウンロードするために「FTP」という仕組みをよく使います。パソコン側からは

実際にログインしてみる

実際にログインするには、下記の要領でログインします。

Tera Termを起動し、ホスト名にXSERVERから割り当てられたホスト名を入力します。

Tera Termを起動

ポートは、SSH標準の「22番ポート」では接続できません。XSERVERの場合は「10022番ポート」を指定します。「TCPポート」に「10022」を指定するか、ホスト名の後ろに「:10022」と続けてポート番号を指定します。

「ユーザ名」は「サーバーID(FTPユーザー)」を入力、パスワードは空欄のままでOK(秘密鍵にパスフレーズを設定していない場合。秘密鍵を作成するときにパスフレーズを設定した場合は、そのパスフレーズ)。
「RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う」を選択し、秘密鍵には「PuTTYgen」で作成したものを指定します。

接続の設定

「OK」をクリックすると、ログインできます。

ログイン

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事