メルマガの開封数をGoogle Analyticsで調べるには

今の職場は通信販売の会社なのですが、商品を買ってもらったお客さんに、約1ヶ月にわたって計4回、フォローのメールを送っています。商品の詳しい紹介であったり、別の商品の購入を促す内容であったり、その回に応じて異なる内容を送っていて、「ステップメール」と呼んでいます。

先日、Web担当から、ステップメールの開封率と端末の種別(モバイル/PC)の割合を知りたい、という要望がありました。

メールはHTMLメールなので、何かしらタグを埋め込むことができます。例えば、HTMLメールで使う画像をサーバーにおいておけば、画像へのアクセスを解析すれば、アクセス数とユーザーエージェントが取得できます。

しかしまあ、Webサーバーのアクセスログ見つめて一個一個拾っていくのも、ものすごく面倒ですわね。

ということでなんか仕組みを導入できないか考えてみました。

スポンサーリンク

PHPでプログラムを書く

WebサーバーではPHPが動くので、PHPでなんか書けば実現できそうです。

例えば、アクセスがあったらユーザーエージェントを取得し、データベースに蓄積していきます。ユニークユーザー数を知りたければ、GETパラメータに顧客番号でも入れておけばいいですね。

データベースへの処理が終わったら、GDライブラリを使って画像を出力してやればいいです。端末には画像として表示されます。

そうやって作ったPHPファイルに対して、imgタグを使ってアクセスされるようにしてやればいいわけです。

あとは蓄積されたデータベースからSQLを使って数を勘定してやれば、目的は達成されます。

Google Analyticsを使う

ぼくはシステムを作る人間でありながら、非常に面倒くさがりです。特にソースコードを書くのが嫌いですw

コードを書かずに楽にアクセス数や端末の種別を拾う仕組みがないか調べてみたら、Google様が既にご用意なさってくれているのですね。

下記のタグをHTMLメールに埋め込めば、google Analyticsで簡単に計測できました。

少し補足しますと、

  • V=1
    Google AnalyticsのAPIのバージョンです。まだ「1」みたいです。
  • tid=UA-0000000-1
    ご自身のGoogle analyticsのトラッキングコードを入れます。
  • cid=12345
    クライアアントを区別するIDで一意のものをつけなさい、となっています。うちの場合は顧客番号を入れました。文字列でもOKです。

  • t=event
    これは固定のようです。
  • ec=email
    イベントコードです。計測するメールごとに別のコードにすることもできますし、同じにしておけば同じイベントコードとして扱われます。今回はステップメール全体で計測したかったので、「email」としておきました。
  • ea=open
    イベントアクションです。これも別になんでもいいのでしょうが、メールを開いた時のイベントということで、「open」にしています。

この内容は、こちらの記事を参考にさせていただきました。(英語ですがw)
参考http://www.lunametrics.com/blog/2013/06/17/email-tracking-google-analytics/

で、しばらく計測してみると、こんな感じになります。
Google Analyticsの「行動」→「イベント」のところで見ることができます。こんな感じです。
Google Analytics
「セカンダリディメンション」に「モバイル(タブレットを含む)」を指定しています。「yes」がモバイル、「No」がそれ以外(PCなど)ということななります。

Google Analyticsを使うのが正解かと

あらかじめ仕組みが備わっているGoogle Analyticsを使うのが簡単でいいですね。ぼくとしても、面倒なコーディングを避けることができてよかったです(*´-`)

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

NO IMAGE
この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。