Twitterであなたをフォローする理由

もはやTwitterなしでは生きていけそうにないさかのうえのまろ@sakanoueno_maro)です。

1日24時間のうち、一体何時間Twitterしてるでしょう?子どもにスマホのしすぎはよくない!と言いつつも

子どもとスマホの問題。新しいようで古いような、古いようで新しいこの問題。子どもが何歳になったら、何年生になったらスマホを持たせるのか...

自分は結構な時間、Twitterに費やしているのではないかと思います。

ぼくがTwitterにアクセスするのは、ほぼ、iPhoneからです。iPhoneのバッテリーの使用状況を見ると、49%がTwitterという事実。
Twitterよく使ってます
ぼくのiPhoneの半分はTwitterでできてます(=゚ω゚)ノ

実際にTwitterにいつアクセスしているか考えてみると、

  • 行き帰りの通勤電車の中
  • 昼休み
  • 自宅でテレビを見ながら
  • 就寝前の布団の中

って感じが多いですかね?

行き帰りの通勤電車の中で、往復で合計1時間位にはなります。自分のブログの記事にコメントしてくれている人がいないか検索してお返事したり、「#b0783」や「#ぶろぐのぶ」にツイートがないか検索します。

落語の形態のひとつに「三題噺(さんだいばなし)」というのがあるそうです。 三題噺(さんだいばなし。三題話、三題咄とも)とは、落語の形態の一...

お昼休みも小娘たちがいれば彼女たちの話に付き合っていますが、

お昼休み、どうしてます? 1日8時間働く人は1時間の休憩を取らないといけないわけですが、みなさんちゃんと休憩を取っていますか? ...
彼女たちがいなかったり、いても話がつまらんときは、Twitter見てます。

自宅でテレビを見ながらTwitterをチラチラ見たりもしますが、笑点や真田丸など、集中して見なければならない番組のときはiPhoneはテーブルの上に置いています。

寝る前も布団の中でTwitterを見てますが、iPhoneのNight Shiftを有効にすると自然に眠りにつけることに気がついたので、寝る前のTwitterの時間は減り気味ではあります。

なお、これらの時間にぼくがTwitterに現れないときは、基本的にブログの記事を書いているときであります。今もiPhoneで記事を書いていますので、Twitterのタイムラインは見てません。

通知が来たら、現れるときはありますけど。

スポンサーリンク

フォローしてる人を整理しました

過去にTwitterでフォローしている人を大整理したことがあるのですが、

Twitterを始めて2年余り。フォロワーさんの数は400人に迫り、私がフォローしている方も370人ほどになっていました。これまで、...

今回も整理しました。

できるだけたくさんの人をフォローしたいと思っていたのですが、どうしてもタイムラインが煩雑になってくるし、本当に見たい人のツイートを見逃してしまうことになってしまうじゃないですか?

「見逃し」については「リストを作るといいよ」と、以前に親切な方から教えてもらったのですが、基本的に面倒臭がりということと、やっぱり面倒臭がりということで、どっちにしても面倒臭がりなので、リストは作っていません。

Twitterは「一期一会」だと思っているし、本当に見たい人のツイートも「一期一会」でいいやと思ってるので、見逃しも仕方ないかな?とは思っています。(どっちやねん?)

でもね、たくさんの人をフォローしだすと、あまり見たくないツイートとか、正直腹立たしいツイートも目に付きだして、楽しみにしているTwitterが精神的につらいものになりかねないな、そう考えて、フォローしている人を整理したんです。

整理した方について

Twitterでフォローするしないは自分の自由だと思っているので、一部Facebookで行われているような「フォローしてよろしいですか?」みたいな事前お問い合わせは必要ないと思っています。

アンフォロー(リム、っていうんですかね?)にしても、自由だと思っています。ただ、リムするといっても、相手はマイクロソフトのAIの女の子とは違って生身の人間だし、感情があるわけだから「まろのやつ、リムしやがって!」みたいに思われたくないじゃない?

だから、ちょっとだけ、気は使ったんですけどね。

今回リムした人たち

今回リムしたのは、次のような人たちです。

意見の合わない人

意見の合わない人。例えば、水と油のような。右と左のような。

意見の合わない人のツイートも見て、見識を深めたり、自分の信条を確認したりしなければと思ったんですが、ぼくは聖人君子ではないわけで。

しんどくなってきちゃった。

面白くない人

「面白くない」というのは語弊がありますね。関心のある分野の違う人、センスが合わない人。価値観の違う人。

なんだろう?関心のある分野が違っても、センスが違っても、価値観が違っても、面白い人は面白い。「面白くない」と「面白い」のどこがどう違うのか、まだ十分に説明できるだけの材料を持ち合わせていないのだけど、ウマが合わない、ウマが合う、そういう違いなのかな?

アイコンが嫌いだ、それだけの理由でリムした人はいます。だって、センスが合わないから仕方がないでしょ?

ぼくをリムした人

なんかもうこの人とは終わりかな?って思っていたら、ある日その人からリムされていることに気がついて。

なんだ、リムされてるのか(・ω・)

ってリムすることがあります。最近このパターンでリムすることが多いような気がします。

いっときは気が合って盛んにツイートを交換したのにね。熱が冷めて冷静になったんだよねきっと。

一方で、リムされていることに気がついて愕然としたこともあります。
え?なんで〜?みたいな。

結構、精神的にキツイですが、ぼくも同じように他の人をリムしているわけなので、仕方ないですよね。

リムされても興味のある人はそのままフォローしていることもありますが、そのうちこちらも熱が冷めて、結局のところ、リムしちゃうんですけどね。

あくまでも自分の楽しみのためなので

TwitterはSNSではないと叱られたこともありますが、広義な意味でのSNSは自分の楽しみのために参加しているわけなので、ストレスを感じたり、嫌な思いをするのは本末転倒ですよね?もっと気軽に楽しくやりたいものです。

Facebookは実名で顔出ししている人が多いからリムするのに結構勇気がいりますが、Twitterは実名じゃないし顔出ししている人も少ないからFacebookに比べるとリムしやすいです。ぼくはそう考えているのですが。

ぼく自身、本来は人の好き嫌いをあまりしない人間だと思っていました。しかしそれは違ったんです。嫌いな人は視界に入っていなかったんです。自分の中では好きな人しか視界に入っていなかったんですね。

だから好き嫌いしない、というわけで。

深層心理では、好き嫌いの選別をしていたんでしょう。Twitterのフォロー、リムは、深層心理でやっていたことをバーチャルな世界で実際に「選別」という行動に出しただけなのかもしれません。

みなさん、フォローする人の整理って、してはります?

ま、Twitterを楽しく使いたいですよね。というわけで、ほなまたみなさん、ごきげんよう。さいなら〜。

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。