下町ぺぺろん(キャベツとベーコンのスパゲティ)の作り方[ペペロンチーノ]

下町ぺぺろん
夏休みですね。おまけに今日は山の日ですし。
そうはいっても、さかのうえ家はみんなバラバラで、嫁さんは仕事、長男は予備校でお勉強、次男は高校の友人とBBQ。お昼の自宅には、夏休み中で部活もお盆休みの三男と、暇人のぼくしかおりません。

多分、嫁さんがお昼ごはんにって買ってくれてあったんだと思うんですけどね、


日清の「焼すぱ 下町ぺぺろん」。まぁ、おいしいんですけどね。朝からこれを眺めていて、これなら自分で作れるなぁと思ったわけです。

スポンサーリンク

簡単おいしい下町ぺぺろんの作り方

ようはですね、ペペロンチーノにキャベツが入っているわけですよ。どうせキャベツを入れるなら他のものも入れてみるかな?と冷蔵庫をのぞいてみると、ベーコンもあったりしたので入れてみることにしました。

材料(2~3人前)

  • スパゲティ:300g
  • キャベツ:2~3枚ほど
  • ベーコン:冷蔵庫の余り物
  • にんにく:1片
  • 鷹の爪:2本
    少し辛めにしてみました。
  • オリーブオイル
  • だし醤油、青ネギのみじん切り
    ちょっと和風にしてみました。

スパゲティの300gは、2人前としては多いです。しかし、食べ盛りの中学1年生とそのお父さんの分としては「適量」ですw

作り方

大きな鍋にお湯を沸かします。スパゲティの茹で方はこちらを参考にしてください。

パスタ料理を作る上で「パスタを茹でる」というのは基本中の基本。これを押さえておかないと、せっかく美味しいソースを作っても、パスタが台...

キャベツを適当な大きさに切ります。3cm角くらいでしょうか?
キャベツ

ベーコンは適当な大きさだったので、そのままです。普通のベーコンであれば、1cm幅くらいで切ればいいです。
ベーコン

にんにくを輪切りにして、鷹の爪と一緒にフライパンへ放り込みます。オリーブオイルをダバダバとかけます。
にんにく、鷹の爪、オリーブオイル

フライパンを火にかけます。火はごく弱火です。これくらいです。
フライパンを火にかける

鍋のお湯が沸いたらスパゲティを投入します。スパゲティを茹でている時間でソースが作れてしまいますから同時進行しましょう。
スパゲティを茹でる

にんにくと鷹の爪からいい香りが立ち、こんがりしてきました。
にんにくと鷹の爪を香りが立つまで炒める

火を中火にして、ベーコンを投入します。しっかりと焼きます。
ベーコンを焼く

ベーコンに軽く焦げ目がついてきたら、キャベツを投入します。
キャベツを焼く

キャベツが焼けてしなっとしてきたら、コンロの火を止めて、スパゲティの茹で汁をおたま1杯フライパンに入れます。
スパゲティの茹で汁をおたま1杯入れる

スパゲティが茹で上がったら再びコンロに点火、フライパンにスパゲティを入れます。
スパゲティ投入

スパゲティを入れたら、フライパンを揺すりながらよく混ぜます。よく揺すりながら混ぜることで、水分と油分がよく混ざり、「乳化」という現象が起きるわけです。ペペロンチーノが少し「ねっとり」しているのはこのためです。
よくかき混ぜる

仕上げにだし醤油を軽く回しかけて、青ネギのみじん切りをふりかけ、さっとかき混ぜて出来上がり。
お皿にきれいに盛りつけて、さあ、めしあがれ。
下町ぺぺろん

あっさりした「下町ぺぺろん」

日清の「下町ぺぺろん」もそれなりにおいしいのですが、味が濃いですし、少し塩辛いです。
自分で作るとあっさりとしておいしいし、鷹の爪を増量して刺激的な辛さにもできます。三男も中学生になり、「辛いのがいい!」と少し大人びたことを言ってます。

だし醤油は、我が家ではこちらを使っています。


鰹だしがよく効いていて、普通の醤油よりも塩分控えめですから体にも良さそうです。おひたしに使うとおいしいですよ。お試しください。

製作時間15分、食べるの3分の「下町ぺぺろん」でございました。みなさんもどうぞ。

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。