ナスとトマトとベーコンのパスタの作り方[ペペロンチーノ]

簡単おいしい!ナスとトマトとベーコンのペペロンチーノ

「秋ナス」というくらいですからナスの旬は秋なのかもしれませんが、夏野菜の代表格として、夏のナスもおいしいです。

大阪は意外とナスの生産量が多いらしく、「大阪ナス」と呼ばれる品種のナスが生産され、スーパーなどに出回っています。少し大きめのナスで、皮がつやつやしてね、本当においしいんですよ。

大阪なす
大阪なすは、南河内地域が特産の色鮮やかな中長のなすです。春から夏にかけて、肉質が柔らかく、新鮮で色つやがよいのが特長です。焼なすや揚げなすなどに適し、別名「千両なす」とも呼ばれ、なす料理全般に広く利用されています。
参考URL大阪なす

「南河内地域が特産」と書かれていますが、富田林の方へ行くと、露地物のナスがたくさん栽培されています。

今回は、そんな大阪ナスを使ったスパゲティに挑戦してみました。



簡単おいしいナスとトマトとベーコンのペペロンチーノの作り方

ナスは大阪ナスでなくても大丈夫です(笑)。スーパーで選ぶときは、皮にツヤがあって「パーン」と張ったもの、「へた」にトゲがあって刺さって痛いものを選んでください。古くなるほど、皮がシナシナで、トゲが刺さっても痛くなかったり、トゲそのものが取れてなくなったりしちゃいます。

ナスだけでもいいのですが、ナスは油と相性が良いので、ベーコンを入れてみました。ベーコンをじっくり焼くと美味しい旨味の油が出てきますからね。それと、ちょっとさっぱりさせたいので、フレッシュトマトを小さく切って入れてみました。

材料(4人前)

今日は長男が予備校へ自主勉強に行っていなかったので、4人前ですw

  • スパゲティ:400~500g
  • ナス:大きければ1本、小さければ2本
  • トマト:1個
  • ベーコン:冷蔵庫の余り物
  • にんにく:1片
  • 鷹の爪:2本
    少し辛めにしてみました。
  • オリーブオイル
    ナスが油を吸うので少し多めに

作り方

ナスはさっと洗ってヘタを落とし、5mm幅くらいに輪切りにします。10分ほどアク抜きのために水にさらしておきます。
ナスを輪切りにして水にさらす

トマトは、1.5cm幅くらいの角切りにします。少し熟れすぎていたのでベチャッとしていますが、気にしないことにしておきますw
トマトを1.5cmくらいの角切りにする

大鍋にお湯を沸かし、お湯が沸いたら塩を入れ、スパゲティを湯がきます。
パスタを茹でる
スパゲティの湯がき方はこちらの記事を参考にしてください。

パスタ料理を作る上で「パスタを茹でる」というのは基本中の基本。これを押さえておかないと、せっかく美味しいソースを作っても、パスタが台...

フライパンにオリーブオイルを少し多めに入れ、にんにくと鷹の爪を入れて、弱火にかけます。
にんにくと鷹の爪をオリーブオイルで炒める

火加減はごく弱火です。
火加減はごく弱火

にんにくと唐辛子からいい香りが立ってきたら、ベーコンを投入します。火加減は弱火のまま。じっくりとベーコンを焼きます。
ベーコンをじっくり焼く

ベーコンに焦げ目がついてきたら、火加減を少し強火にし、ナスを焼きます。
ナスを焼く

ナスが油を吸って「しなっ」としてきたら、トマトを加えます。トマトはそんなに火を通さないほうがいいでしょう。
トマトを入れる

スパゲティの茹で汁をおたま1.5~2杯分くらい加えて、火を止めます。
スパゲティの茹で汁を加える

スパゲティが湯がき上がったら、ざるに上げます。
スパゲティをざるに上げる

さっとお湯を切って、コンロに点火、フライパンにあけます。油と水分がよく混ざって乳化するようにささっとよくかき混ぜます。
混ざったら火を止めて、お皿に盛りつけて出来上がり。
フライパンにあける

さぁ、温かいうちに召し上がれ。
簡単おいしい!ナスとトマトとベーコンのペペロンチーノ

ナスがうまい!

油を吸ったナスってなんでこんなに美味しいんでしょうね。オリーブオイルに唐辛子の辛味をつけているにもかかわらず、ナスの甘みを感じます。ナスって甘いんですね。

ベーコンから出た旨味と、トマトのさっぱりした酸味がアクセントになっています。トマトを入れて正解だったと思います。

ナスはね、ミートソースに入れてもおいしいんですよ。そちらはまた別の機会に紹介しますね。

ほなまたみなさん、ごきげんよう。さいなら~。

「写真愛好家」兼「週末Web随筆家」。

ちっちゃい花を撮ることがめっちゃ大好き。愛機はCanon EOS Kiss X7。50mm単焦点レンズと60mmマクロレンズで小さな花を撮ることに喜びを感じています。
職業はWEBのシステム屋。「まろ」と呼んでいただけるとうれしいです。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事