我が家の庭の草花[2017年3月]

ぼくの家は、大阪府の南部の山手にあります。とても田舎です。大阪とは思えないようなところです。
まわりを山に囲まれているためか、庭にはたくさんの草花が咲きます。
「庭」といっても、猫の額か雀の涙か、というような狭い庭ですけども。

3月になってたくさんの花が咲き始めました。
休みのたびに写真を撮っています。

庭の草花の写真を撮るのって、写真の練習になるんですよね。
撮ってすぐに自宅のパソコンで見ることができますから。失敗したらすぐに撮り直しができますし。

撮りためた写真を花の名前のあいうえお順に並べてみました。

アセビ

アセビCanon EOS Kiss Digital N (61mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO400)

アセビCanon EOS Kiss Digital N (180mm, f/5.6, 1/1600 sec, ISO400)

全然手入れをしていないので、野性味溢れています^^;
それがまた、自然な雰囲気でいいと思うようにします。

小さな花がたくさんついて可愛いです。

クリスマスローズ

クリスマスローズCanon EOS Kiss Digital N (109mm, f/5.6, 1/125 sec, ISO400)

クリスマスローズ大好きなんですけど、とても窮屈なところに咲いていて、撮るのがとても難しいんです。
何十枚も撮って、納得いくのがこれ1枚。

もっときれいに撮ってあげたい。

シクラメン

シクラメンCanon EOS Kiss Digital N (54mm, f/5.6, 1/100 sec, ISO400)

シクラメンCanon EOS Kiss Digital N (135mm, f/5, 1/125 sec, ISO400)

まだつぼみです。咲いたら写真をまたアップします。
数日中に咲くかな?

スイセン

スイセンは二種類咲いているんです。

ニホンズイセン

ニホンズイセンCanon EOS Kiss Digital N (214mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO400)

ニホンズイセンCanon EOS Kiss Digital N (109mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO400)

ニホンズイセンCanon EOS Kiss Digital N (79mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO400)

「スイセン」といえば、この子たちを思い浮かべますが、古来、中国から伝わったらしいです。
ちなみに発音は、ニホンイセンと、「ス」ではなく「ズ」と濁るようです。
発音は「ズ」と濁っても、清楚で可憐でなことには代わりありませんね。

ラッパスイセン

ラッパスイセンCanon EOS Kiss Digital N (49mm, f/5.6, 1/1250 sec, ISO400)

ラッパスイセンCanon EOS Kiss Digital N (55mm, f/4.5, 1/1600 sec, ISO400)

ラッパスイセンCanon EOS Kiss Digital N (135mm, f/5, 1/2000 sec, ISO400)

ラッパスイセンCanon EOS Kiss Digital N (80mm, f/5.6, 1/3200 sec, ISO400)

ニホンズイセンが2月頃から咲き始めたのに対して、ラッパスイセンは3月の中旬でまだ咲き始めの様子。
もう少し開いたら、また写真をアップしますね。

ジンチョウゲ

ジンチョウゲCanon EOS Kiss Digital N (80mm, f/5.6, 1/320 sec, ISO400)

ジンチョウゲCanon EOS Kiss Digital N (80mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO400)

ジンチョウゲCanon EOS Kiss Digital N (54mm, f/4.5, 1/1000 sec, ISO800)

小さな花を一つ一つ見るのも楽しいし、木全体を眺めるのもまた楽し。

ニホンスミレ

ニホンスミレCanon EOS Kiss Digital N (28mm, f/5.6, 1/800 sec, ISO400)

ニホンスミレCanon EOS Kiss Digital N (135mm, f/5, 1/500 sec, ISO400)

ニホンスミレCanon EOS Kiss Digital N (80mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO400)

たぶん、勝手に咲いているのではなく、母が実家から持ち帰ってきたものと思われ。
この子たちももう少しきれいに撮ってあげたいんだけど、なにぶん狭くて寝転べない_(:3」∠)_

ヒアシンス

ヒアシンスCanon EOS Kiss Digital N (45mm, f/5.6, 1/160 sec, ISO400)

白いヒアシンスが好きなんですけどね、濃いピンクの子もかわいい。

ユキワリソウ

ユキワリソウCanon EOS Kiss Digital N (100mm, f/5.6, 1/100 sec, ISO400)

ユキワリソウCanon EOS Kiss Digital N (89mm, f/5.6, 1/80 sec, ISO400)

新潟県の花。
この子たちも、母が新潟の実家から持ち帰ったもの。

新潟では雪の間から芽吹くのかもしれないけど、大阪ではあいにく雪が積もらない。

この子たちが面白いのは、朝見ると花びらが閉じているんだけど、日が高くなるに連れて花びらが開いてくるところ。

ユキワリソウCanon EOS Kiss Digital N (121mm, f/5, 1/250 sec, ISO400)

ユキワリソウCanon EOS Kiss Digital N (48mm, f/5.6, 1/200 sec, ISO400)

これでもか!って思いっきり咲いているところも、かわいい。

ローズマリー

ローズマリーCanon EOS Kiss Digital N (49mm, f/4.5, 1/640 sec, ISO400)

ハーブのローズマリー。
肉を焼くとき、魚を焼くとき、葉っぱをちぎって使います。
使い切れないくらいいっぱいあります。気がついたらものすごく大きくなっていました。

花は小さくてかわいいですね。

ヒマラヤユキノシタ

ヒマラヤユキノシタCanon EOS Kiss Digital N (49mm, f/4.5, 1/320 sec, ISO400)

ヒマラヤユキノシタCanon EOS Kiss Digital N (49mm, f/4.5, 1/320 sec, ISO400)

ヒマラヤ原産でユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属だそうです。
母が叔母からもらってきたそうな。

名称品種不明

赤い花Canon EOS Kiss Digital N (80mm, f/5.6, 1/200 sec, ISO400)

どうやら、以前にフラワーポットを買ったときのが残ってて、また咲いたみたいです。
名前が分かんない。
もうちょっと開いたら分かるかな?

珍客飛来

山の中の家なので、野鳥は多いんです。

メジロは都会のスズメみたいにたくさん飛んでいるし、ムクドリ、コゲラ、セキレイ、モズ、ウグイス、いっぱいいます。
夜になると、「ホーホー」とミミズクらしきものが鳴いているし、5月になると「ケーン!」ってキジが鳴きます。

でも、彼ら臆病で、すぐにいなくなっちゃうから、なかなか写真には収まらないんですよね。

ヒガラ

ヒガラCanon EOS Kiss Digital N (250mm, f/8, 1/2500 sec, ISO400)

ヒガラCanon EOS Kiss Digital N (250mm, f/5.6, 1/4000 sec, ISO400)

高い木の上で、「チーチー」と鳴いていました。たぶん警戒しているのでしょうね。

250mmの望遠で撮ってこれくらいにしか撮れない。
拡大したら、画素数の小さいカメラなので荒くなってしまいます。
とりあえず、これで我慢。

随時更新します

まだつぼみの子たちもいるので、咲き次第写真をアップしますね。
まだ咲いていない花もあるので、毎月こんな感じで写真をアップできたらいいな。


今買うなら欲しいカメラです。


望遠レンズはCanon EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMを持っています。



EOS Kiss X7のダブルズームキットについてくる望遠レンズよりも性能がいいのでオススメです。

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。