ブログの表示を速くするもう一つの方法[WordPress]

シェアしていただけるとうれしいです

ページの表示速度を上げる?

メーター

Canon EOS Kiss Digital N (49mm, f/4.5, 1/640 sec, ISO400) at 11:01 on 2017/03/18

GoogleのPageSpeed Insights、Analitics、AdSenseなどで盛んに表示されるのが「ページの表示速度」。ページの表示速度が速ければ速いほどユーザーの利便性は上がります。逆に、ページが重たく、いつまでたっても表示されない場合は、ユーザーはあきらめて違うサイトに行ってしまって、離脱率の上昇につながります。せっかく読んでほしいことを書いても、表示が遅かったり、そもそも表示されないのではどうしようもありません。

ぼくがWebの世界に入った頃は、「7秒ルール」ということがよく言われました。ユーザーはページが表示されるまで「7秒」は待ってくれる。しかしそれ以上は待ってくれない、というものでした。今みたいに光回線やLTEなんてありませんでしたから、通信回線による影響が大きく、画像のサイズもシビアに削る必要がありました。

今は何秒ルールなんでしょうか?回線のスピードが速くなったとはいえ、やはりページの表示はできるだけ速い方がいいです。せっかちな人が多いですからね。

ページの表示される速度がSEOに影響するかどうか知りませんが、Googleが「ページの表示速度」をやかましくいうからには何らかの影響があるのかもしれません。その辺の知識はないので、SEOの専門家に任せます。

Googleの推奨する方法

GoogleのPageSpeed Insightsで分析を行うと、下記の方法を提案されます。

  • 圧縮を有効にする
  • ブラウザのキャッシュを活用する
  • スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する
  • JavaScript を縮小する
  • 画像を最適化する
  • HTML を縮小する
  • CSS を縮小する
  • サーバーの応答時間を短縮する

どれもほぼWordPressのプラグインで行っていることばかり。それでもPageSpeed Insightsで指摘されるということは、もうこれ以上チューンしようがないということかなぁ?

残された一つの方法

最後の

  • サーバーの応答時間を短縮する

これは、レンタルサーバーを乗り換えるしか方法がなさそうなんだけれども、ただ一つ、我々に残された方法がありました。それは、「データベースの最適化」です。

データベースはデータを追加、修正、削除しているうちに、だんだんスカスカになっていきます。スカスカになっていくとその分ファイル容量が大きくなっていき、データの検索速度も落ちていきます。

WordPressはページが表示されるたびにデータベースからデータを読み取り、表示させる仕組みになっています。記事数が増えれば増えるほどデータの容量も大きくなっていき、記事を修正したり、削除したりすると、スカスカになっていきます。そのスカスカを直せば、若干ページの表示速度も上がるかも?です。

スカスカを直す方法を「最適化」といいます。WordPressで使われているMySQLのデータベースの最適化の方法です。

MySQLデータベースの最適化

phpMyAdminを設定していない方はこちらの記事を参照してください。

phpMyAdminを使ってWordPressのデータベースを操作する方法
WordPressをSQLで操作する WordPressの記事はデータベースの中に保存されています。データベースの中のデータを操作する

phpMyAdminにログインして、WordPressで使っているデータベースを左のメニューでクリックします。
phpMyAdmin

Canon EOS Kiss Digital N (135mm, f/5, 1/500 sec, ISO400) at 09:38 on 2017/03/18

一番右側に表示されている「オーバーヘッド」がデータのスカスカ具合を表しています。数字が大きければ大きいほどスカスカということです。
phpMyAdmin

Canon EOS Kiss Digital N (80mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO400) at 10:51 on 2017/03/18

では、スカスカを直してみましょう。「オーバーヘッドのあるテーブルを確認する」をクリックすると、「オーバーヘッド」のところに数字が入った項目が選択されます。そのままその右側のセレクトボックスから「テーブルを最適化する」を選択します。
phpMyAdmin

Canon EOS Kiss Digital N (45mm, f/5.6, 1/160 sec, ISO400) at 10:45 on 2017/03/18

こんな風に表示されればOKです。
phpMyAdmin

Canon EOS Kiss Digital N (48mm, f/5.6, 1/200 sec, ISO400) at 10:42 on 2017/03/18

再度左のメニューからデータベースを選んで、「オーバーヘッド」がなくなっていることを確認しましょう。
phpMyAdmin

Canon EOS Kiss Digital N (100mm, f/5.6, 1/100 sec, ISO400) at 09:04 on 2017/03/05

たまにやってあげた方がいいかも?

ぼくブログの場合、まだ投稿数が少ないので、劇的な変化はありませんでした。記事数の多い諸先輩方は一度試される価値はあると思います。

最適化の前には念のためバックアップをお願いしますね!

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事