セロリをまるごと使ったパスタ(ペペロンチーノ)

セロリをまるごと使ったパスタ(ペペロンチーノ)
セロリをまるごと使ったパスタ(ペペロンチーノ)。

「育ってきた環境が違うから、好き嫌いは否めない」まさにそんな感じの野菜、セロリ。

セロリ独特の味と香りが苦手という人は多いです。でも、あの独特の香りと苦味が旨味になるんです。

洋風の煮込み料理に使われる「ブーケガルニ」。セロリも使われることが多いです。中華料理でも、イカやエビの炒め物にセロリが入っていることが多いですね。

味と香りが強いので、和食に使われることは少ないですが(・ω・)

今回は、セロリを葉っぱまでまるごと使ってパスタ料理にしてみました。

スポンサーリンク

セロリをまるごと使ったパスタ(ペペロンチーノ)の作り方

スーパーで年中売られているセロリ、特にいつが「旬」ということはなく、日本全国で栽培され、いつの頃かどこかで最盛期を迎えることから、年中入手ができるそうです。

セロリを食べるのは「茎」の部分が多いと思いますが、実は「葉っぱ」の部分もおいしいです。セロリの茎をサラダにした残りの葉っぱを捨てるのはもったいない。ごま油で炒めて塩・コショウで味を整えてみてください。とても美味しい酒のツマミになりますよ。

独特の味と香りが強いセロリがメインです。味付けはシンプルにベーコンを使ってみました。

それと、マッシュルーム。きのこ類からも旨味が出ますが、今回はセロリとベーコンの旨味を吸わせてみることにしました。

さて、どんな味になりますか?

材料(4人前)

  • スパゲティ:400~500g
  • セロリ:1本
  • マッシュルーム:1パック
  • ベーコン:4枚
  • にんにく:1片
  • 唐辛子(輪切り):1本分
  • オリーブオイル
  • ブラックペッパー(お好みで)

セロリは「1株」ではなく、株から切り離された「1本」です。お間違えのないように(*_*)

唐辛子は、最近こんなのを使っています。


辛さの調節をしやすいので、便利です。

下準備

セロリはさっと水洗いし、葉っぱと茎の部分を分けます。
セロリはさっと水洗いし、葉っぱと茎の部分を分けます。

茎の部分は横向きに5mm幅くらいに細切りにします。
茎の部分は横向きに5mm幅くらいに細切りにします。

セロリの葉っぱの部分は細く刻んでいきます。見た感じ「大葉」みたいですが、たしかにセロリの葉っぱです。強烈なセロリの匂いがします。
セロリの葉っぱの部分は細く刻んでいきます。

マッシュルームは、縦に細切りに。薄いほうが火が通りやすいです。
マッシュルームは縦に細切りに。薄いほうが火が通りやすいです。

ベーコンは、1cm幅くらいに切っておきます。
ベーコンは、1cm幅くらいに切っておきます。

あと、にんにくも薄くスライスして、唐辛子も1本丸のままの場合は種を抜いて輪切りにしておきます。

作り方

大きな鍋にパスタを茹でるお湯を沸かします。パスタ100グラムに1リットル必要です。
大きな鍋にパスタを茹でるお湯を沸かします。パスタ100グラムに1リットル必要です。

フライパンにオリーブオイルをしき、にんにくと唐辛子を炒めます。
フライパンにオリーブオイルをしき、にんにくと唐辛子を炒めます。

火加減は、ごく弱火です。隣のパスタを茹でるお湯の火加減と比べてみてください。ね、ごく弱火でしょ?
火加減は、ごく弱火です。隣のパスタを茹でるお湯の火加減と比べてみてください。ね、ごく弱火でしょ?

にんにくがほのかにきつね色になってきたら、ベーコンを投入します。火加減はそのままで、じっくりとベーコンの旨味を引き出します。
にんにくがほのかにきつね色になってきたら、ベーコンを投入します。火加減はそのままで、じっくりとベーコンの旨味を引き出します。

お湯が沸いたらパスタを茹でます。
お湯が沸いたらパスタを茹でます。
パスタの茹で方はこちらの記事を参考にしてください。

パスタ料理を作る上で「パスタを茹でる」というのは基本中の基本。これを押さえておかないと、せっかく美味しいソースを作っても、パスタが台...

ベーコンが少し「カリッと」してきたら、少しだけ火を強めて(でも弱火)、セロリの茎の部分を炒めます。
ベーコンが少し「カリッと」してきたら、少しだけ火を強めて(でも弱火)、セロリの茎の部分を炒めます。

セロリがしんなりしてきたら、マッシュルームを加えます。マッシュルームもよく炒めてください。
セロリがしんなりしてきたら、マッシュルームを加えます。マッシュルームもよく炒めてください。

マッシュルームにもよく火が通ったら、セロリの葉っぱの部分を加えて、さっと炒めます。
マッシュルームにもよく火が通ったら、セロリの葉っぱの部分を加えて、さっと炒めます。

パスタの茹で汁を、オタマに1.5杯ほど入れて、火を消して、パスタが茹で上がるのを待ちます。
パスタの茹で汁を、オタマに1.5杯ほど入れて、火を消して、パスタが茹で上がるのを待ちます。

パスタが茹で上がったら、ザルに開けて、しっかりとお湯を切ります。
パスタが茹で上がったら、ザルに開けて、しっかりとお湯を切ります。

コンロに再び点火、フライパンにパスタを開けます。
コンロに再び点火、フライパンにパスタを開けます。

全体が混じるように、油と水分が混じって乳化するように、フライパンを揺すりながらしっかりと混ぜます。
全体が混じるように、油と水分が混じって乳化するように、フライパンを揺すりながらしっかりと混ぜます。

しっかり混ざったら、できあがり。お皿に盛り付けて、冷めないうちに召し上がれ。
セロリをまるごと使ったパスタ(ペペロンチーノ)

セロリ、セロリ、そして、セロリ

まずは何もかけずにそのまま召し上がってください。どうですか?セロリの味ですね。

そこへ、ブラックペッパーをお好みの量、ふりかけてみてください。コショウのピリッとした辛味とセロリの味がとてもマッチして、さらに旨味が引き立ちます。シャキシャキとした歯ごたえもいいですね。

マッシュルームが旨味を吸っていておいしいです。

今回、ベーコンを使ったのですが、中華だしを使って中華風にしてもおいしいかも?



「創味シャンタン」か「味覇」で中華風にして、最後に水溶き片栗粉でとろみを付けたらおいしいんじゃないかな?

今度やってみます。焼きそばみたいになっちゃうかな?

セロリが苦手な人にはダメかもしれないけど、うちの息子たちは平気なので、「おいしい!」と言って食べてくれましたよ。

ではまた次回お会いしましょう。ごきげんよう。さいなら~ヽ(´ー`)

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。