雑記ブログはペルソナを明確にするために分けるべきだ

雑記ブログはペルソナを明確にするために分けるべきだ
全国1億1999万9999人のブロガーのみなさん、こんにちは。ネタに困った時はブログ論を書く傾向にある週末Web随筆家のさかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。

「ペルソナ」ってご存知ですか?

恥ずかしながら、すっかり忘れていました。

実は先日、いつも面白い記事を書いていらっしゃるのりこ@シュフー知恵袋さん(@noriyuayuzuyui1)が「ペルソナ」について言及していらっしゃったのを読んで思い出しました。

ペルソナを意識した文章の書き方って分かりますか?ペルソナを意識した文章は具体的な文章になります。しかし、このペルソナ設定、案外難しいんですよね。ココではペルソナを意識した文章を書くためのコツについて書いています。

ああそういえば以前、杉成就さん(@jouju_sugi)が詳しくペルソナの記事を書いていらっしゃったなと、再度検索して読み返してみました。

マーケティング活動を行なう上で必ず設定する必要がある『ペルソナ』について説明し、設定するメリットと、その具体的な設定方法と手順を詳しく紹介しています。

杉さんの記事によりますと、「ペルソナ」とは、

「企業が提供する製品・サービスにとって、もっとも重要で象徴的なユーザーモデル」

とあります。マーケティング用語なんですね。

一歩踏み込むと、ブログの世界で言えば、

ブログが提供する記事にとって、最も重要で象徴的な読者層

ということになります。

「ペルソナを想定して記事を書け」というのは、「読者層を意識して記事を書きなさい」ということなんですね。

なるほど。

読者層をはっきりとさせることで、記事の内容を伝えたいターゲットを絞り、その人たち向けに意識して書けば、目的の人たちに思いを届けやすくなる。

そういうことですね。たぶん。

ぼくのブログ記事のペルソナ

ぼくが運営しているブログは、

1つ目は、この「まろろぐ

2つ目は、「まろらぼ

くらしにITの力を!

3つ目は、「まろくっく

料理を作ることと食べること専門

と、3つあります。

「まろろぐ」も「まろくっく」も、元は「まろろぐ」のブログの中のひとつのカテゴリでした。

カテゴリの中の記事数が増えてきたので、分離させて、独立した別のブログにしたのです。

特に意識はしてなかったのですが、今から考えると、別のブログにしたのは正解だった、と考えています。

「まろらぼ」は、IT関連の話題、特に、WordPress関連で、ぼくがブログを運営する上で調べたこと、やってみたことについて書いています。

必然的に、読みにきてくださるのは、WordPressで困った方が見にきてくださっています。

検索ワードで検討はつきますわね。

「まろくっく」は、料理の話題、中でも、ぼくの大好きなパスタ料理のレシピをたくさん載せています。

週末にパスタを作っては、せっせと記事を書いています。

Google Analyticsで調べると、25〜45歳の人、しかも女性のアクセスが非常に多いです。

まろくっくの読者層(年齢)

まろくっくの読者層(年齢)


まろくっくの読者層(性別)

まろくっくの読者層(性別)


もしかすると、晩御飯の参考になっているのかも?と思うととてもうれしいです。

ふたつのブログ、両方ともカテゴリの中の記事が増えて目立ってきたので別のブログにしたわけですが、これ、意図せず「ペルソナ」に繋がってるんですよね。

WordPressに困って来てくれた人が、「このパスタうまそうヽ(=´▽`=)ノ」と料理の記事を見てくれる可能性はあるかもしれないけど、まあ、その数は少ないでしょう。

晩御飯のおかずの参考にと来てくれた人が「なるほど!WordPressのこの設定をすればいいのか!」とIT関連の記事をついでに見て行ってくれる可能性も非常に低いでしょう。

そこに食いついてくれそうな方を知ってはいますが。

ITは「まろらぼ」、料理は「まろくっく」

分けたことで分かりやすくなって、ターゲットも設定できた。「ペルソナ」を意識した記事を書きやすくなったのは事実です。

その逆に、この「まろろぐ」では「ペルソナ」を意識せず、書きたいことを書きつくれるというメリットも出てきました。

自分の書きたいことに応じて書く場所がそれぞれあるというのは、とても精神衛生上、気楽でよろしいです。

ブログを分割しよう!

ぼくみたいな「雑記」ブログを書いている人は、どこかしら違和感を抱きながら記事を書いていると思うんですね。

カテゴリという形で記事を分類しても、相容れないカテゴリの記事が新着一覧に並ぶことに違和感を感じてしまいます。

そんなときは、思い切ってブログを分けてしまうしかないです。

WordPressを使っているなら、比較的簡単にできます。

今のブログのコピーのブログを作り、それぞれのブログからいらない記事をゴミ箱へ入れるだけです。

作業の内容は、「まろろぐ」から「まろらぼ」を分けたときに書いたこちらの記事を参考にしてください。

ブログをふたつに分けてみました大阪ではすっかり桜の花も散ってしまって、今年も花見に行きそびれた、さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)でございます。みなさまいかがお過ごし...

ブログを分けたときに気になるのが、分割元のブログから記事がなくなってしまうことで失ってしまうアクセスのこと。

これについては、元の記事のURLから分割先のブログの記事のURLに「301 リダイレクト」という方法を使って、読者に意識させることなく自動的にジャンプさせることができます。

ページを転送させたい一度投稿した記事を別のURLに自動的に転送(リダイレクト)させたいということは、まれにあると思います。記事のカテゴリを変更したのでURL(パーマリンク)が変更されてしまったブログを別のドメインに引っ越したので、URLが変

また「301 リダイレクト」は、Googleの評価も引き継げますから、アクセスが落ちることもありません。

ブログを分割した直後、一時的にアクセスが減りましたが、

今年8月でめでたく50歳になる、さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。この歳になって、「無謀」とか「暴走」とかいう言葉に密かにあこがれを抱いています。あこがれを抱くところか、...

翌月には戻っています。

思いつきが形になってきて喜んでいる、さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。先月の運営報告こちらの最後の方で書いたこれなんですけど、早速、5月に入ってTwitterの友...

このときは、ブログの分割とドメインの変更をほぼ同時にしてしまっています。

アクセスが減ったのは、ドメインを変更したことによる影響の方が大きいと思われます。

「新規ドメイン」は、Googleの評価が高まるまで、一定期間かかることは考えられます。

ちなみに、「まろろぐ」から「まろくっく」を分割したときには、アクセスに対する影響はなかった模様です。

例年以上に夏バテが堪えているさかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。こんにちは。夏の初め、7月頃は暑さも控えめで、なんだ、今年の夏は猛暑という割には楽勝やん、と楽観視していたわけ...
これについては、新規ドメインを取得したのではなく、「サブドメイン」という形式にしたためかもしれません。

書きやすい環境が一番!

意図せずとはいえ、ブログを分けることでペルソナが明確になり、以前より記事を書きやすくなったのは事実です。

自分のブログのトップページを見て、記事のごちゃごちゃ感がなくなってスッキリしました。

これだけのことでも、ブログを分けてみて良かったと思っています。

今書いているブログに違和感を感じ始めたあなた、雑記ブログならカテゴリごと別のブログに分けてみませんか?

気持ちいいですよ!

というわけで、今日はこの辺で。
ほなまた、みなさん、ご機嫌よう。
さいなら〜ヽ(´ー`)

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします