簡単おいしい!フライパンを使ったローストビーフの作り方

簡単おいしいローストビーフ

ローストビーフ大好きなんですが、簡単においしいローストビーフを作るためにはオーブンが必要だと思ってたんです。うちには残念ながらオーブンがありません。でも、フライパンで簡単においしく作れるんですね!

コウケンテツさんのこちらの記事を参考に、少しアレンジしてローストビーフを作ってみました。

オーブンいらずで、誰でもきれいに仕上げられる「フライパンローストビーフ」のレシピです。プロの料理家・コウケンテツさんによる、牛かたまり肉、サニーレタス、バターなどを使った、356Kcalの料理レシピです。

本当にフライパンだけで、オーブンなしでも作れました。

意外と簡単に作れたので、自分のメモのためにも保存しておこうと思い、レシピを残しておきます。



簡単おいしいローストビーフの作り方

ローストビーフというからには、牛肉のブロックが必要なわけですが、去年のクリスマス前から近所のスーパーをあちこち探してみたものの、なかなか売ってなかったんですよ(´・ω・`)

それがたまたま、嫁さんと一緒に買い物に行ったスーパーで、オージービーフのモモブロックを見つけまして。

急遽、晩ご飯のおかずをローストビーフに変更したのです。

作ったことがなかったので、失敗したらどうしよう?という不安がありましたが、まあ、生焼けで失敗したら焼肉に変更、ということでσ^_^;

材料

  • 牛肉モモブロック
  • 塩(岩塩)
  • ブラックペッパー
  • ローズマリー(あれば)
  • オリーブオイル

牛肉はオージービーフのモモブロックを購入しました。うちは家族が多いので2パック。

塩はね、お気に入りの岩塩を使ってみました。「ヒマラヤピンクソルト」ってやつです。
ヒマラヤピンクソルト
ヒマラヤピンクソルト

これ、どんな料理に使ってもおいしくって、湯豆腐にかけたときは感動的なおいしさでした。塩自体の旨みもあるんですが、素材の味を引き立たせてくれるんですよ。

購入したモモブロックには、モランボンのスパイスが「おまけ」に付いていたので、1パックはヒマラヤピンクソルトで、もう1パックはおまけのスパイスを使ってみました。
モランボンのスパイス

ローズマリーは自宅の庭に生えてたやつです。なくてもいいけど、香りが引き立ちます。
ローズマリー

用意するもの

  • アルミホイル
  • バスタオル

フライパンで焼いた肉を包むためのアルミホイルとバスタオルを用意します。

アルミホイルで肉を包んでも、肉汁が漏れることがありますので、使っていない古いバスタオルを用意するのがいいと思います。

決して、お父さんのバスタオルをこっそり使わないように。

作り方

モモブロックは、作る1時間ほど前に冷蔵庫から出しておいて、室温になじませておきます。

塩、コショウ、ローズマリー(またはスパイス)を肉全体に振りかけ、手でこすりつけます。
塩、コショウ、ローズマリー(またはスパイス)を肉全体に振りかけ、手でこすりつけます。

結構な量を振りかけたんですが、写真では分かりにくいかな?右側の肉におまけのスパイスを振りかけたのですが、かなり黒っぽく見えますよね?つまり、これくらいです。

少し多いかな?というくらいでいいと思います。

10分ほど置いて、なじませます。

フライパンにオリーブオイルをしいてコンロに火をつけます。
フライパンにオリーブオイルをしいてコンロに火をつけます。

火加減はこれくらいの中火で。強火にすると焦げちゃうと思います。
火加減はこれくらいの中火で。強火にすると焦げちゃうと思います。

フライパンが温まったら、肉を焼いていきます。
フライパンが温まったら、肉を焼いていきます。

コウケンテツさんのレシピによると、

牛肉の厚さ1cmにつき1分、4cmなら4分が目安

とありました。

購入した肉の厚みがちょうど4cmくらいだったので、片面2分、ひっくり返して2分、他の面は1分づつ焼いてみます。
購入した肉の厚みがちょうど4cmくらいだったので、片面2分、ひっくり返して2分、他の面は1分づつ焼いてみます。

約、1分半経過後です。じんわり焼けてきてます。
約、1分半経過後です。じんわり焼けてきてます。

2分経過。ひっくり返します。
2分経過。ひっくり返します。

さらに2分経過。サンドウィッチ状になってますね。いい感じ。残りの面を1分づつ焼きます。
さらに2分経過。サンドウィッチ状になってますね。いい感じ。残りの面を1分づつ焼きます。

おお!なんかうまそう!
 おお!なんかうまそう!

肉が立たないときはトングを使って。
肉が立たないときはトングを使って。

全ての面を焼いたら、アルミホイルを二重にして、その上に乗せます。
全ての面を焼いたら、アルミホイルを二重にして、その上に乗せます

クルクルっと巻いてアルミホイルで包みます。
クルクルっと巻いてアルミホイルで包みます。

その上からバスタオルをクルクルっと巻いて、1時間放置します。
その上からバスタオルをクルクルっと巻いて、1時間放置します。

さて、1時間後、どうなったでしょうか?

真ん中で切ってみました。こんな感じです。

真ん中は半ナマっぽいのですが、触ってみると温かいので、火は通っています。いい感じではないでしょうか?

柔らかくて普通の包丁では切りにくいので、刺身包丁で切りました。

お皿に並べて、食事の時間まで冷ましておきます。夏場なら冷蔵庫に入れた方がいいでしょうね。

お皿に盛り付けて、ローストビーフの完成です!٩(ˊᗜˋ*)و
簡単おいしいローストビーフ

す、スジが!

早速食べてみましょう。
味見をして、味が足りなければソースを作るか、わさび醤油、しょうが醤油で食べようと思ってたのですが、しっかりと塩、コショウとスパイスで味付けしたので、そのままで十分おいしいです。

おまけのスパイスを使った方もおいしいのですが、ヒマラヤピンクソルトの方が肉の旨みが引き立ってうまい!

ヒマラヤピンクソルト、オススメです。

ただ、肉のスジが硬い。噛み切れない。

出来上がりの写真の白っぽいところ、肉のスジなんですよ。これが噛み切れない。

肉を焼く前にスジの方向を確認して、スジを断ち切るようにスライスしたんですけどね。少し厚く切り過ぎましたかね?

肉が柔らかいので刺身包丁で切ったんですが、厚みがあるのと肉が柔らかくて、なかなか薄くは切りにくいんですよ。

これについては、なごみさん(@yururimaaruku)からアドバイスをもらいまして、冷蔵庫で冷やしてから切るといいとのことです。

しんさん(@ikuji_to_IT)からは、肉刺ししておろしニンニクを刷り込むといいことがある、と思わせぶりなツイートをいただきました!

次回、リベンジしよう。

肉のスジが硬いのはともかく、味は抜群においしかったです。めちゃくちゃ簡単に作れたので、みなさんもぜひどうぞ!

ではまた次回お会いしましょう。ごきげんよう。さいなら~ヽ(´ー`)

スポンサーサイト

コチラもご覧ください。

「週末写真愛好家」兼「週末Web随筆家」。

ちっちゃい花を撮ることがめっちゃ大好き。愛機はCanon EOS Kiss X7。50mm単焦点レンズと60mmマクロレンズで小さな花を撮ることに喜びを感じています。
職業はWEBのシステム屋。「まろ」と呼んでいただけるとうれしいです。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事



スポンサーリンク