わさび菜のペーストのパスタ

わさび菜のペーストのパスタ


イタリアンと言えばバジルをよく使いますが、なかなかスーパーなどの小売店では手に入りません。売られていたとしても少量で結構な値段がします。

バジルソース(ペースト)を使ったジェノベーゼを食べたいとずっと思っていまして、市販の瓶入りのバジルソースを買ってもいいのですが、前に自分で作ってみた「手作りバジルソース」の味がなかなか忘れられなくて。

イタリアンでよく使う香草にバジルがあります。日本の大葉と同じような種類だそうですが、独特の香りがあって、パスタやピザに使われているのは皆さ...

バジルがなかなか手にはいらないのであれば、バジルに変わる野菜を使ってみよう!ということで、自宅から20分ほど車を走らせたところにある農産物の産直場へ行ってみました。

そちらで見つけたのが、これ。わさび菜です。
わさび菜
わさび菜、つまり、わさびにくっついている葉っぱです。わさびって、アブラナ科の植物なんですね。「生のままサラダや、おひたしにどうぞ」と書かれていたので、モノは試しにと買って帰ってきました。

葉っぱをかじってみると、ほんのりわさびの香りがします。少し辛味がありますが、わさびを舐めたときのようなツーンとした辛さではなく、ほんのり「辛いかな?」というくらいの辛さです。うまく使うとバジルの代わりになるかもしれません。

今日は、わさび菜をペーストにしてパスタ料理に挑戦してみます。

スポンサーリンク

わさび菜ペーストを作る

手作りバジルソースの作り方」と同じようにして、わさび菜ペーストを作ってっみます。

材料

  • わさび菜:1袋(約160gくらい)
  • にんにく:1片
  • ミックスナッツ(クルミ、カシューナッツ、アーモンド):適当
  • 塩(クレイジーソルト):小さじ1杯
  • オリーブオイル:200ccくらい
  • 粉チーズ:適当

ミックスナッツは、農産物の産直場の帰りに「ファミリーマート」に寄って仕入れましたw
ファミマのミックスナッツ
全部は使わないです。これくらい。
ミックスナッツの分量
残ったミックスナッツは、焼酎のアテになるか、会社に持っていっておやつにします。

前回作ったバジルソースのときよりもわさび菜の分量がかなり多いのですが、わさび菜の淡い香りを楽しみたいので、その他の分量は前回のときよりも控えめにしています。

わさび菜ペーストの作り方

わさび菜をさっと洗います。きれいに見えますが、結構な量の土と虫がついていました。丁寧に洗いましょう。
わさび菜をさっと洗います。きれいに見えますが、結構な量の土と虫がついていました。丁寧に洗いましょう。

ざっくざっくと切ります。
ざっくざっくと切ります。

前回のバジルソースのときよりもかなり分量が多いですね。ちっちゃいミキサーの瓶では到底入り切らないので、大きな瓶の方を使いました。
ちっちゃいミキサーの瓶では到底入り切らないので、大きな瓶の方を使いました。

にんにくを輪切りにして入れます。
にんにくを輪切りにして入れます。

ミックスナッツを入れます。
ミックスナッツを入れます。

塩(クレイジーソルト)を入れます。
塩(クレイジーソルト)を入れます。

最後にオリーブオイルを入れます。
最後にオリーブオイルを入れます。

ミキサースイッチオン!・・・しかし、空回りしてなかなかペーストになりませんorz
ときおりフタを外して、菜箸で押し込んで、また回します。
フードプロセッサがほしい・・・
ときおりフタを外して、菜箸で押し込んで、また回します。

ミキサーをしばらく回しては菜箸で押し込み、また、ミキサーをしばらく回しては菜箸で押し込み、と繰り返していると、ペースト状になってきましたヽ(=´▽`=)ノ
ミキサーをしばらく回しては菜箸で押し込み、また、ミキサーをしばらく回しては菜箸で押し込み、と繰り返していると、ペースト状になってきました

ここで味見をしてみると、やはりバジルソースのときと同様、コクが足りません。粉チーズを入れてみます。
ここで味見をしてみると、やはりバジルソースのときと同様、コクが足りません。粉チーズを入れてみます。

粉チーズを足して、しばらく「ぶぃーん」とミキサーを回します。
粉チーズを足して、しばらく「ぶぃーん」とミキサーを回します。
真ん中の穴は、指を突っ込んで味見をした跡ですww
味見をして足りないものを少しづつ足して調整してください。

うん、なかなかおいしいです。これでOKとしましょう。

わさび菜のペーストのパスタを作る

作ったわさび菜ペーストを使って、早速パスタを作りましょう。

材料(4人前)

  • パスタ(スパゲティ):400g
  • 塩:適量

以上です。え?以上です。今回は、にんにくも唐辛子も使いません。わさび菜の淡い風味を大切にしたいからです。これ以上にんにくと唐辛子を入れると、わさび菜の風味が負けてしまうかもしれません。

とういうことで、パスタだけ茹でます。

わさび菜のペーストのパスタの作り方

大きな鍋にお湯を沸かします。パスタ100gに対して1リットルは必要です。
大きな鍋にお湯を沸かします。パスタ100gに対して1リットルは必要です。

お湯が沸いたら塩を入れますが、いつもの半分の量にしてみました。ペーストにしっかりと味がついていますので。
お湯が沸いたら塩を入れますが、いつもの半分の量にしてみました。ペーストにしっかりと味がついていますので。

パスタをお鍋に投入。いつも通り「指定の時間マイナス1分」茹でます。
パスタをお鍋に投入。いつも通り「指定の時間マイナス1分」茹でます。

パスタの茹で方については、こちらの記事を参考にしてください。

パスタ料理を作る上で「パスタを茹でる」というのは基本中の基本。これを押さえておかないと、せっかく美味しいソースを作っても、パスタが台...

パスタが茹で上がったら、ザルに開けて、軽くお湯を切ります。
パスタが茹で上がったら、ザルに開けて、軽くお湯を切ります。

コンロに乗せたフライパンの中にパスタを投入。コンロに弱火で点火します。ボールで混ぜてもいいのですが、冷めちゃうのでフライパンで混ぜます。
わさび菜ペーストを上からかけます。全部かけてしまうのではなく、様子を見ながらかけて混ぜましょう。4人前で全部使って十分の量でした。
あとは混ざり合うまでひたすら混ぜます。
わさびペーストを上からかけて、跡は混ざり合うまでひたすら混ぜます。

きれいに混ざったらお皿盛り付けてできあがり。冷めないうちに召し上がれ。
きれいに混ざったらお皿盛り付けてできあがり。

これはうまい!

緑色が鮮やかですね!それと、何とも言えないわさび菜の香り。ひとくち食べてみると、最初にんにくの味がするのだけれども、あとからわさびの辛味。

辛味といっても「ツーン」とした辛味ではありません。わさびを付けすぎたお寿司のような辛味ではなく、あわーいわさびの辛味。なんと表現したらいいのでしょうか?こういうときにボキャブラリーの少なさを痛感しますね。

塩気が薄いようなら、軽く塩を振るか、粉チーズを振りかけてください。

香りのある野菜なら、ペーストにしてパスタに絡ませるとおいしいかもしれませんね。あと、候補に上げるとすれば、

  • 春菊
  • 高菜
  • セロリ

かなぁ?
ブロッコリーをペーストにしてもおいしいかもしれません。ブロッコリーとベーコンの組み合わせはパスタに合いますものね。

今日は我が家で定番のブロッコリーを使ってみます。ブロッコリーの旬ってよくわからないです。ネットで調べてみたのですが、やっぱりよくわか...

ではまた次回お会いしましょう。ごきげんよう。さいなら~ヽ(´ー`)

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。