ひとつのことに固執してしまっていると疲れるからあえて他のことを考えてみればいいかも?って話

全国のお疲れのみなさん、こんにちは。いつも疲れ気味の中年おやじ、さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。

なかなか疲れが取れませんね。

疲れを取るには質のいい睡眠が欠かせません。睡眠の質を測るスマホアプリというものがありまして、目覚ましがわりにそいつで睡眠の質を確認しつつ起こしてもらっています。
睡眠グラフ
睡眠の質は問題ないかな?と思っているんですよ。この夜は2回途中で目が覚めましたけど、またすぐに寝付いていますし、浅い睡眠(レム睡眠)と深い睡眠(ノンレム睡眠)が交互に現れているので問題なさそうです。

そもそも、いったい何に疲れているのかと考えてみたら、やっぱり、アレですわ。

ブログの画像のパクられ問題。

DeNAのwelqに端を発したキュレーションサイトの問題。元々は「記事の質」に焦点が当てられていたのが、次第に記事そのものや記事に掲載されている画像(写真)の「著作権」に話題が移ってきました。

ぼくのブログの画像もパクららてるかも?と検索したら、見事にパクられていまして、その経緯を書いたのがこちらの記事。

みなさんこんにちは。週末Web随筆家のさかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。DeNAのwelqを発端としたキュレーションサイトの記事の正確性云々の問題は、Webに掲載された...

その後、パクリサイトに対抗するために「著作権について」という固定ページを作りました。

まろろぐ、まろらぼ、まろくっくの著作権について 「まろろぐ」「まろらぼ」「まろくっく」においては、文章、および、撮り下ろしの写真については、筆者であるさかのうえのまろが著作権を保有しています。転載...

このページは「ご自由に転載してください」と明記しているので、内容についての解説がないと不親切かな?と思って書いたのがこちらの記事。

全国の著作権侵害でお悩みのブロガーのみなさん、こんにちは。まったりブログの記事を書いているさかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)でございます。いやまあ、驚きましたね。何がって?...

『「著作権について」のページの解説』の記事を公開してから、法律に詳しい方からメールをいただきました。内容について2か所ご指摘くださいました。

世の中には親切な方がいらっしゃるものです。ありがとうございましたヽ(´ー`)

て、ご指摘いただいた部分を修正して再公開して今に至ります。

画像のパクリを見つけた4サイトのうち、結果的に、2サイトを運営するそれぞれ2社に抗議のメールを送りつけました。

そのうち1社はサイトそのものの公開を停止したのでそれでよしとしましたが(というより、それ以上追求する論拠を失ってしまった)、もう1社はぼくのブログに掲載されていた画像だけ掲載を取りやめ、あとは知らんぷりを決め込みそうな感じです。

「会社としての対応を決めるから待って欲しい」という返事をもらっていました。ただ、そのまんま「だんまり」をされてもイヤなので、回答の期限日を「12月12日」としていました。回答期限日を2日過ぎた14日になっても返事がないので、昨日再度「どないなってるねん?」とメールを送りつけました。

内容は「画像の使用料の相談をしたいから、担当者の名前とメールアドレスを教えてください」というものですが、そもそも「使用料の請求」自体が目的ではなく、サイトの公開そのものをやめさせようというのが狙いです。

適当にパクってきた記事を「リライト」して別の記事を仕立て、適当にパクってきた画像を掲載してひとつの記事を仕立て上げる。そうやって記事を大量生産し、ひとつのサイトとして運用し、広告収入を得る。

そうした「ビジネスモデル」自体が批判され否定されてきている昨今、知らんぷりを決め込んで今だにサイトの公開を続けている神経を疑うし、決して許せるものではないと思うのです。

不正を許せない性分なもので

あの日あの時welqの問題に触れなかったら、自分のブログの画像がパクられているかも!?なんて思わなければ、今でもぼくは

のほほんヽ(´ー`)

としていたと思います。

でも、性分として、さかのうえのまろの成分のひとつとして、「不正は許せない」という性質といいますか、性格を持ち合わせてしまっています。

知ってしまった不正は、到底許せるものではなく、断固として闘わなければ気が済まないのです。

もう、頭の中は「パクリサイト」のことでいっぱいいっぱい。仕事中もホッと一息つこうものなら頭の中には「パクリサイト」。通勤の電車の中でも「パクリサイト」。自宅に帰って晩ごはんを食べたあとにホッと一息つくときも「パクリサイト」。

頭の中は「パクリサイト」で埋め尽くされ、ホッと一息つけない精神状態になっています。

こんなわたしに誰がした!?

これはちょっと精神衛生上よろしくない、と思い始めたわけです。

あえて目をそらす勇気

道
昔、若い頃にバイクに乗っていました。

YAMAHAのSRX400というバイクで、とてもデザインが美しいバイクでした。

空冷式単気筒400ccのエンジンはむき出しで、エンジンの熱を冷やすために取り付けられていた冷却フィンが印象的でした。

エンジンから伸びるエグゾーストパイプ(排気ガスを出すためのパイプ)はステンレス製で、排熱によって綺麗な焼き目がつき、婉容なガソリンタンクのデザインとマッチして、それはそれは美しいバイクです。

あるとき、田舎のまっすぐな道をトコトコと走っていました。

あ、バイク、例えば、直列4気筒のエンジンですと、アクセルを吹かすと「ひゆぅーん」という感じの音がしますが、単気筒はピストンが1個なので「どこどこどどぅーん」って感じの音がします。

そうそう、トコトコとまっすぐの一本道を走っていたんです。

いい天気だったと思います。ぼくの他にはバイクも車も走っておらず、制限速度よりもかなり遅い速度で走っていました。

周りの景色を楽しみながら走っていると、はるか前方の道の真ん中に、何かが「ポツン」とありました。黒い小さなものです。

「何だろうなあ?」と思いながら、その「黒い小さなもの」を見つめながら走っていくと、距離が近づくにつれて、だんだん大きく見えてきます。

ある距離に近づくと、目のピントがしっかりと合い、脳がそのものが何であるかを判別します。

何と、「」でした。遠くからみると小さいものですが、近づくと結構大きな石で、握りこぶしの倍くらいの大きさはあったと思います。

「あっ!石だ!」

避けなければ踏んでしまいます。避けようとして「石」を意識して見つめれば見つめるほど、不思議と石の方にバイクは吸い寄せられていくのです。

握りこぶしの倍くらいの大きさはあろうかという「石」です。前輪で踏んでしまうと、下手すると、ハンドルを取られて転倒しかねません!

ああー!避けないと!!

と思えば思うほど、バイクの前輪は「石」の方へ吸い寄せられていきます。

「!」

すんでのところで、「石」から目を離すことで、バイクの前輪は「石」のすぐ横を通過し、危うく転倒を免れました。

ヤバかったです。

「石」そのものを見つめたままだと「石」に自分の「意識」が向かってしまって、「石」から「意識」をそらすことができなくなってしまうんですね。

そういうときは、思い切って「石」から目をそらし、「意識」を「石」から外すことが大切なのです。

普段の生活でも意識の外に置いてみる

金曜日のお姉さん
今回の「画像パクられ事件」では、ぼくは事件そのものを意識の外に置かないとダメなのです。

意識の中に事件が存在している限り、ぼくの神経は休まることはありません。

こういうときはどうすればいいかというと、楽しいことを考えればいいのです。

かつて、「自分に癒しを与える100のリスト」という記事を書きました。

NHKスペシャルで放送されていた「キラーストレス」という番組を見ました。ストレスを受けたときに人間の身体がどのように反応するのか、それはなぜなのか?、どのように対処すれば良いのか、番組内で解説し...

このリストを見返して、「ニヤニヤ」してみると、意識が事件から逸れていくので、ココロが落ち着いてくるわけです。

そうか、「きれいななお姉さんに癒してもらう」というのも一つの手ではありますが、癒してくれそうなきれいなお姉さんが身近にいないぼくのような人は、きれいなお姉さんを眺めて「ニヤニヤ」する、というのも良きかな?と思います。

変態オヤジに間違われないようにお気をつけくださいませ。

というわけで、記事を書き終えたので、今から「ニヤニヤ」しますね。
ほなまた、みなさん、ごきげんよう。
さいなら〜ヽ(´ー`)

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします