ぼくの3つのブログで共通して使っているプラグイン18選[WordPress]

Meta Slider

みなさん、こんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。

ぼくは3つのブログを運営しています。
大変ですね、とよく言われますが、あまり「大変だ!」とは思っていないです。

それは、3つのブログを「共通化」させることで実現しています。ブログを構成するテーマやプラグインをそれぞれのブログで同じものを使うことで、設定内容を比較したり、カスタマイズのノウハウを展開させることができます。

前回の記事で、簡単に複数のブログを運営できるよ、ということを紹介しました。

みなさん、こんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。先日、写真ブログを立ち上げて、運営しているブログの数が「4つ」になりました。ぎょうさんブログ立ち上げて、バッカじゃないの?というような非難の声であったりとか、まろさん、たくさんのブログを運営するの、大変じゃないの?って、ご心配もいただいたりします。

今回は、複数のブログを簡単に運営するために、それぞれのブログで共通して使っているプラグインについて紹介します。

4つのブログで共通して使っているプラグイン19選

プラグインは、WordPressに様々な機能を追加することで、

  • 安心・安全なサイト運営を可能にする
  • 便利にする
  • メンテナンスを楽にする
  • デザインを豊富にする

ことができます。

それぞれのカテゴリごとに、どのようなプラグインを何の目的で使っているのか、紹介しましょう。

安心・安全

最後に持っていくと、それより前に離脱されて読まれないかもしれないので最初に紹介します。

まろ
ここで離脱したらダメですよ!

ブログは、日々、危険にさらされています。
実は、悪い人たちが隙を狙って、攻撃の危険にさらされているのです。

例えば、パスワードの管理が甘いWordPressの管理画面を狙った攻撃が後を絶ちません。

ブルートフォースアタックによってWordPressの管理ページに侵入されてしまい、プログラムのソースを書き換えられてしまったようだ。
キーワードから推測すると、「WordPressのユーザーに、知らないユーザーが勝手にできてていた」、ということだろうと思う。WordPressのシステムが勝手に知らないユーザーを作ることはない。

自分のブログは自分で守る。
それは、読者をウイルスやスパイウェアなどの感染から守るとともに、ブログの運営者自身の名声を守ることでもあります。

Google Authenticator

Google Authenticator
WordPressのログインページに、Googleの2段階認証を導入します。

WordPressでサイトやブログを運営する上で、最も怖いのが「乗っ取り」。WordPressの管理ページの「ユーザー名」と「パスワード」が悪意を持った第三者に何らかの原因によって漏れてしまい、自分が運営するWordPressのサイトやブロ

ログインするときの面倒は増えますが、悪意を持った第三者にログインされる可能性は格段に少なくなります。

スマホのAuthenticatorで表示されている6桁の数字を入力して「ログイン」をクリックします。

設定はさほど難しくないので、ぜひインストールしてください。

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Plugin
WordPressを守るための最強のプラグインです。様々な攻撃からブログを守ってくれます。

インターネット上にあるものは、日々、攻撃の脅威にさらされています。ブログも例外ではありません。特に、WordPressを使っているサイトは世界中に多数あります。WordPressを使っているサイトが攻撃の対象になる例は頻繁にあります。 すべ

XSERVERにも標準で攻撃から守ってくれる機能がありますので、重複する機能は無効にしています。

Google Authenticatorと合わせて使うことで、ブログを鉄壁の守りにしてくれます。

守ると同時に、WordPressやプラグインのバージョンアップがあるときには、メールでお知らせしてくれます。いちいち管理ページにアクセスしなくても、バージョンアップしなければならないものがあることが分かります。

簡単に設定できますので、ぜひインストールしてください。

WP Security Audit Log

WP Security Audit Log
不正アクセスを監視するためのログを取ってくれます。

Google Authenticatorをインストールするまでは牛骨(Crazy Bone)というプラグインを使っていましたが、相性が悪く、Google Authenticatorが動作しないという不具合が起きたので、代わりのものを探して見つけました。

不正アクセスだけではなく、プラグインのインストール・アンインストール、設定の変更なども見張ってくれます。

WP Security Audit Log

こんなこと、してへんで((((;゚Д゚)))))))

というログがあれば、不正侵入されているということなので、対策を取らなければなりません。

ユーティリティ

ブログの運用を簡単便利にしてくれたり、陰でこっそり働いてくれたりするプラグインです。これらのプラグインがないと、ブログの運営が、なかなか面倒なごとになってしまいます。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

Akismet Anti-Spam

コメント欄、お問い合わせフォームなど、自分以外の人が入力するところがブログにはありますが、困るのがいわゆる「スパム」。

こいつが書き込みを見張って「スパムだ!」と判断したらブロックしてくれます。

WordPressに最初からインストールされていますね。有効にして設定をしておきましょう。

AddQuicktag

AddQuicktag
投稿ページで記事を書くときに、簡単にHTMLのタグを入力するためのツールです。登録しておけば、手入力でタグを入力する手間が省けます。
AddQuicktag
いちいちタグを入力するのは面倒ですし、HTMLのタグを覚えるのも大変ですしね。

Autoptimize

Autoptimize
プラグインをインストールすると、プラグインごとにCSSやJavascriptといったものが追加されていきます。

これらのものはページが表示されるときに別々に読み込まれます。別々に読み込まれることで、その度にアクセスが発生し、結果的に、ページの読み込みが遅くなるということになります。

そこで、CSSやJavascriptをできるだけひとつにがっちゃんこ(結合)して、別々に読み込まれるものを少なくして、ページの読み込み速度を速くしてくれます。

また、余分に含まれる半角スペースやタブなどを削除して読み込むデータのサイズを小さくすることで、結果的に、ページの読み込み速度を上げてくれる機能もあります。

プラグインによってはこの機能を使うとうまく動かないものもありますので、そういうプラグインは除外することもできます。(CSSやJavascriptのファイル名を指定することで除外可能です)

CFiltering

CFiltering
WordPressの「関連記事」は、その記事のカテゴリからランダムに選ばれた記事が表示される仕組みになっています。

このプラグインは「協調フィルタリング」という仕組みを使って、その記事を読んだ人が他にどの記事を読んだのかを記録し、「関連記事」として表示してくれます。

お買い物サイトの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」という表示と同じような機能です。

設定は少々難しいようなのですが、Simplicity2ではCFilteringをインストールするだけで有効にしてくれます。

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer
画像ファイルを最適化してくれるプラグインです。

写真などの画像ファイルを「圧縮」といって、人間の目には分からないくらいに「雑」にして、ファイルのサイズを減らしてくれます。

画像ファイルのサイズが小さくなると、

  • ページの読み込みが速くなる
  • サーバーの空き容量が増える

というメリットがあります。

また、画像ファイルにはEXIF情報といって、撮影時の様々な情報が記録されています。

GPSが搭載されたスマホなどで撮影した写真を何気なくブログに掲載したら、撮影場所がバレて自宅を特定された、なんて、恐ろしいことが起きるかもしれません。写真を掲載するときにはたいてい不要な情報なので、削除した方が望ましいです。

このEXIF情報もサクッと削除してくれます。

EXIF情報を削除することで、画像から個人情報がバレるのを防ぐとともに、若干ファイルサイズが小さくなるというメリットもあります。

このEWWW Image Optimizerですが、写真ブログのまろふぉとにはインストールしていません。
EXIF情報には、カメラの機種や撮影時の情報が含まれているのでその情報を写真に表示したいのと、「目に見えないくらいの圧縮」といっても、できるだけ綺麗に写真を見せたいという理由からです。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps
Googleなどのクローラーに効率よくクロールしてもらうための「sitemap.xml」というファイルを自動的に作ってくれます。

また、記事を追加したり、更新したときには、自動的に「sitemap.xml」を更新して、Google、Yahoo、BingそしてAsk.com
などの検索サイトに更新の通知もしてくれます。

SEOのためには必須のプラグインです。

WP Multibyte Patch

>WP Multibyte Patch
WordPressはもともと洋物ですので、日本語の処理に問題が発生することがあります。

日本語などの多言語に対応するためのプラグインで、WordPressに元からインストールされていますね。

有効にしておきましょう。

ウィジェットのロジック(Widget Logic)

ウィジェットのロジック(Widget Logic)
ウィジェットを様々な条件で表示させるためのプラグインです。

特定の条件でウィジェットを表示させたいときがあると思います。
例えば、

  • PCとモバイルでウィジェットの内容を切り替えたい
  • カテゴリによって広告の内容を切り替えたい

ということがあると思います。

そういう要望に応えてくれるのがこのプラグインです。

条件分岐はPHPのコードを書かなくてはならないのですが、ソースコードを書き換えるよりはずっと楽です。

ウィジェットのロジック(Widget Logic)
Simplicityには、アクセスしてきたブラウザが「モバイルかどうか」を判断するための関数「is_mobile()」があります。この関数を使うことで、PCなのかスマホ(タブレット)なのかを判断させることができます。

「is_mobile()」はモバイルのとき「true(はい)」と答えます。PCのときは「false(いいえ)」と答えます。

「is_mobile()」の前に「!」をつけることで、答えを逆転させることができます。「!is_mobile()」はPCのときに「true(はい)」と答えてくれます。
上記のウイジェットは、PCのときに表示され、モバイルのときには表示されません。

詳しくはこちらを。

ある条件に応じてウイジェットを切り替えたいWordPressの場合、メニュー、新着記事、人気記事、広告などの部分は「ウイジェット」という単位で管理されています。ウィジェットの設定は管理ページの「メニュー>外観>ウイジェット」をクリックします

リビジョンコントロール(Revision Control)

リビジョンコントロール(Revision Control)
記事を更新するたびに、WordPressは保存する前のバージョンを「リビジョン」として残してくれています。簡単に以前のバージョンに戻せるようにするためです。

しかし、無駄にリビジョンを残してもレンタルサーバーの空き容量を食うだけですし、ぼくのブログみたいにURLを「post-投稿番号」にしている場合は次の記事までやたらと番号が飛んでしまうということになります。
post-投稿番号
このプラグインは、指定した数のリビジョンのみ残して、無駄にリビジョンを残さないためのプラグインです。

メンテナンス

ブログを運営する上で大切なのは、記事を書くと同時に、メンテナンスをするということです。

メンテナンスの大切さはこちらの記事でも書かせていただいたのですが、

みなさん、こんにちは。週末Web随筆家のさかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。今日も元気にブログを運営してますか?ブログの運営、というと、記事を書いて投稿したり、デザイ...

あると便利なプラグインです。

Broken Link Checker

Broken Link Checker
内部リンク、外部リンク、画像など、リンク切れを見つけてお知らせしてくれます。

メールでも知らせてくれるので便利です。

Optimize Database after Deleting Revisions

Optimize Database after Deleting Revisions
WordPressは記事などの情報はデータベースというところに保存しています。

データベースは、書き込んだり、上書きしたり、削除したりということを何回も続けると、中の領域がスカスカになってきて、データの抽出に時間がかかるようになってきます。ページの表示速度にも影響します。

そこで、スカスカになった領域を「キュッ」と縮める必要が出てきます。

このプラグインを使うことで、データベースないのスカスカになった無駄な領域を「キュッ」と縮めてくれます。

WordPressが記事を表示する仕組み日本で流行りのWordPress。いわゆるCMS(Contents Management System)と呼ばれるWebシステムで、Webページのコンテンツを管理するシステムとして使われている。ブログ

毎週1回、データベースのバックアップを取った後に、このプラグインをポチッと動かしています。
Optimize Database after Deleting Revisions
Optimize Database after Deleting Revisions
結構時間がかかる時があるので、アクセス数の少ない時間帯にポチッとすることをお勧めします。

Simple 301 Redirects

Simple 301 Redirects
複数のブログを運営しているとよくあるのが、この記事を別の記事へ移動したい、ということ。

移動した記事はURLが変わってしまうので、301リダイレクトといって、自動的に新しいURLを表示させてあげるのが、読者にとってもSEO的にも望ましいです。

本来であれは.htaccessというファイルを編集する必要があるのですが、編集にしくじるとブログが死にます(´・ω・`)

ページを転送させたい一度投稿した記事を別のURLに自動的に転送(リダイレクト)させたいということは、まれにあると思います。記事のカテゴリを変更したのでURL(パーマリンク)が変更されてしまったブログを別のドメインに引っ越したので、URLが変

それを簡単に実現してくれるのが、このプラグインの役目です。

転送元のURLと転送先のURLを入力するだけなので簡単です。
Simple 301 Redirects
大量に転送するページがあるときは、.htaccessを編集した方が処理速度は速いです。

デザイン・表示

デザインや記事の表示にアクセントを与えてくれるプラグインもあります。

例えば、

まろ
こんな風に吹き出しもできるよ٩(ˊᗜˋ*)و

これもプラグインで実現していますが全部のブログに入れてないし、みなさんよく使ってるから今回は除外します。

AmazonJS

AmazonJS
ご存知、Amazonの広告を表示させるためのプラグインです。

このプラグインの便利なところは、投稿ページから商品を検索して、そのままその商品の広告を記事に挿入できるところです。
AmazonJS

もちろん、ブログを運営するための活動費を稼いでくれるのですが、役割はそれだけではありません。

ブログの記事に商品の写真を貼りたい、ということがあると思います。その時に、メーカーや販売店のサイトから画像を拝借するのはルール違反です。

また、商品には「意匠権」といって、姿形に著作権のような権利がある場合があります。勝手に商品画像を貼ってはまずいケースがあるのです。

そんな場合もあるので、単に商品画像をブログの記事に貼りたいという時にも使えるプラグインです。
↓Amazonの広告リンクです。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM付属 KISSX7-1855ISSTMLK

Font Awesome 4 Menus

Font Awesome 4 Menus
アイコンを表示するフォントを提供してくれるプラグインです。

例えば、

@sakanoueno_maro

のようにツイッターのアイコンとか、

フォト部
撮影機材

という感じで、メニューのアイコンに使ってアクセントにしています。

個別に使っているプラグインもあります

以上が4つのブログで共通して使っているプラグインです。ほぼ同じ設定にしているので、ひとつのブログの設定を見ながら他のブログの設定をすればいいので簡単です。

あとは、個別に入れているプラグインです。

ITブログのまろらぼでは、プログラムのソースコードを紹介したいので、Crayon Syntax Highlighterというプラグインを使っています。
Crayon Syntax Highlighter

8月にぼくのブログの本家「まろろぐ」から分離させた「まろくっく」というブログがあります。もともと「まろろぐ」の中のカテゴリのひとつだった「料理」を別のブログとして分離させました。WordPressのテーマは「まろろぐ」と同じ「Simplic

料理ブログのまろくっくでは、ピックアップした料理の写真をスライダーで見せるためのMeta Sliderというプラグインを使っています。
Meta Slider

8月にぼくのブログの本家「まろろぐ」から分離させた「まろくっく」というブログがあります。もともと「まろろぐ」の中のカテゴリのひとつだった「料理」を別のブログとして分離させました。WordPressのテーマは「まろろぐ」と同じ「Simplic

写真ブログのまろふぉとでは、撮影時の情報を表示させるためのHK Exif Tagsというプラグインを使っています。
HK Exif Tags

1ヶ月ほど前、新しく写真ブログを立ち上げました。本格的に写真を始めたくなって、撮った作品を皆さんに見ていただく場としてブログを選びました。「個展を開く」とか「写真集を発売する」というような大層な腕前ではなく、ド素人が楽しみのために手軽に写真
「まろふぉと」は当ブログに統合しました。

共通したプラグインで簡単に運営するとともに、そのブログに適したプラグインをインストールすることで、差別化も図っています。

こんな感じで、

  • 複数のブログで共通したプラグインを使うこと
  • そのブログに適したプラグインを使うこと

で、簡単に楽に複数のブログを運営でき、差別化も図れるというわけです。

ブログを分割しよう、もうひとつ立ち上げよう、とお考えのみなさんの参考になれば幸いです。

というわけで、今日はこの辺で。
ほなまた、みなさん、ご機嫌よう。
さいなら〜ヽ(´ー`)

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします