写真ブログを統合しようと思っています

なかよし
みなさん、こんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。

新緑が眩しいですね。いい季節になりました。みなさんはいかがお過ごしですか?

ぼくはといえば、毎週のように写真を撮りに出かけています。出かけない日は庭の花々の写真を撮っています。

サクラはとうに終わってしまったけど、ツツジやサツキが咲き、シャクナゲが咲き、バラが今とても綺麗です。

このあとは、ハナショウブやアヤメが綺麗に咲くでしょう。

仕事の移動途中に無理やり時間を作って、たった10分の隙間時間にも写真を撮ってみたり、仕事の帰りにぶらり散歩しながら写真を撮ってみたり。

中之島公園のバラ

今や「カメラ」「写真」は、ぼくの生活の一部、もしかすると、大部分になってしまったのかもしれません。

それくらい、ぼくにとって「写真を撮る」という行為は、普段の生活の中でも重要な部分を占めるようになってきているんです。

カメラと写真のことしか考えなくなってしまった

中之島公園のバラ
日々、カメラと写真のことを考えるということはどういうことなんでしょうか?

例えば出勤途中。

通勤電車の窓から見える景色を見ながら、この景色を切り出して写真にするなら、どんな風にフレームに納めるだろう?

とか、

ターミナル駅の雑踏も写真に納めたら面白いだろうな?

とか、そういうことを考えるようになってきたんです。

頭の中は「カメラ」と「写真」そのことばかり。

今までなら、ブログに載せるためのネタを探したり、ふと思いついたことをEvernoteにメモして膨らませてブログの記事にしたり、そんなことをしていたんですけどね。

結果、どういうことになったかというと、あまり「文章」というものを書かなくなってしまったんです。

もちろん、写真を撮って写真ブログに載せている都合上、その写真を撮った時の様子であったり説明であったりというような「文章」は書いています。

純粋に「読み物」としての「文章」を書かなくなってしまったんです。

もともとブログを始めたきっかけは、「文章」を書くことが好きだから。書いた「文章」を他の人にも読んでもらいたいから。

単に「文章」が「写真」に置き換わっただけかもしれません。「文章」も「写真」も、自分の内面を表現する方法だから。

でも、ぼくのアイデンティティは「文章」を書くことだったはず。

「写真」は楽しい。どんどん撮りたい。たくさん撮りたい。もっともっと上手になりたい。

でも、その一方で、自分を構成する根幹の「文章」を書くというところがおろそかになってきているのではないか?

そんな気がしてきたんです。

表現手法としての「写真」

京都府立植物園の野草
「文章」も「写真」も、自分を表現するためのひとつの手法。ならば、「文章」を大切にしながら「写真」も上達する方法はないものか?

ブログを始めてから2年と2か月ほど。ぼくにとっての「ブログ」は「自己表現の場」。つまり、日々考えていることや日々実践したことを「発表」するところなんです。

「発表」する場としての「ブログ」。記事を書き進め、記事数が増えていくうちに、記事のカテゴリ間の関係性に違和感を持つようになりました。

「IT」関連のことを読みにきてくださった人が、スパゲティなどの「料理」の記事を必要とするだろうか?

そういう疑問から、「IT」と「料理」のカテゴリを独立させて、別のブログとして運営しています。

今のところ、ITブログの「まろらぼ」と、料理ブログの「まろくっく」はうまく運営できています。最近、書く記事数は格段に減ってしまっていますが、それなりにアクセスしていただいで、それなりにお役に立てているのではないかと思っています。

写真を始めるにあたって「まろふぉと」というブログを始めました。この「まろろぐ」も写真の「まろふぉと」も、「さかのうえのまろ」というひとりの人物の内面を表現するためのブログ。

「文章」と「写真」という表現手法は違えども、自分自身を表現するための「場所」なんです。

ブログを統合することを考えています

ITブログの「まろらぼ」も、料理ブログの「まろくっく」も、「自己表現」というよりも「実践の結果」を重視しています。

ですので、この「まろろぐ」とは別の場所にあっても違和感は全く感じていません。

逆に、「ITのことはまろらぼ」「料理のことはまろくっく」「それらに関連したコラム的なものはまろろぐ」と、うまく住み分けできていて、とても気持ちがいいです。

一方、「写真のまろふぉと」は記事数が増えるにつれて、違和感を感じ始めました。「まろふぉと」の記事数は増えていくのに、ぼくの「根幹」であったはずの「まろろぐ」の記事は増えない。

増えないどころか、放置状態。

ぼくのブログの「まろろぐ」ですが、読んでそのまま、「まろのログ」なんですよ。ご存知でした?

「さかのうえのまろ」というひとりの人物の生きた様を記録として残すブログ。

「写真」を撮るという行為も、ぼくが生きて活動した記録。

「文章」「写真」と表現手法は違えども、生きた記録を残すのであれば「同じ場所」においた方がすっきりするのではないか?

「文章」と「写真」というふたつの表現手法を絡み合わせ、ふたつの表現手法をさらにもっと向上させることで面白いことができないか?

そう感じ始めています。

多分統合します

思い立ったが吉日。

ぼくにはそういうところがあります。思いついたことは即やりたい。そういう行動力のあるところがぼくの持ち味だと自負しています。

多分、近日中に「まろろぐ」と「まろふぉと」を統合します。

解決しなければならないのは、技術的な問題です。

「統合する」となると、「まろふぉと」の記事を「まろろぐ」に移動させる必要があります。

記事の移動については、過去にも経験しているので問題ないでしょう。

複数のブログを運営しているとたまにあるかもしれないのですが、ブログに記事を別のブログに移したいな、ということ。こっちのブログに掲載したけど、やっぱりあっちのブログに投稿すればよかった、なんてことがたまにあります。記事の数が少なければ、新たに

技術的な問題があるとすれば、写真の見せ方です。

「まろろぐ」の写真はWordPressのプラグインを使って最適化しています。ファイルのサイズを小さくしたり、不要な情報を削除して、少しでも早くブラウザに表示できるように「加工」しています。

一方で「まろふぉと」の写真は「見せる」「魅せる」ことが目的。最適化して画質が落ちることは避けたいし、撮影時の情報を掲載するためのEXIF情報は削除したくありません。

1ヶ月ほど前、新しく写真ブログを立ち上げました。本格的に写真を始めたくなって、撮った作品を皆さんに見ていただく場としてブログを選びました。「個展を開く」とか「写真集を発売する」というような大層な腕前ではなく、ド素人が楽しみのために手軽に写真

相反する写真の載せ方をどう実現するのか?

大した問題ではないと考えています。写真を「見せる」「魅せる」ことを優先して、最適化しなければいいわけで、画像を最適化するプラグインを外してしまえばいいだけの話です。

思い立ったが吉日。

次にお会いする時、この「まろろぐ」にきれいなかわいい花の写真がたくさん載った記事が増えているかもしれません。

では、そのときまで。
ほなまたね。御機嫌ようヽ(´ー`)

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします