晴天下の明るい環境でNDフィルターを使ってバラの撮影をしてみた

最近、バラの写真をよく撮っています。
大きくて撮りやすいということもあるんですが、沢山の種類があって見飽きない、ということもあると思うんです。

それに、通勤途中に「中之島公園」という、大阪では有数のバラ園があります。
今年はもう2回も撮影に行っています。

バラの花が咲き始めましたね。大阪でもあちこちでバラの花が咲いたとの情報が舞い込んできています。大阪市内でバラの名所といえば、中之島公...

こちらの記事に掲載している昼間のバラの写真ですが、明るすぎるためにf5くらいまで絞っているんです。

明るい場所で撮影するためには絞らないと仕方がないと思っていたのですが、先日参加したフォトウォーク「あめさんぽ」で、ごんちんさん(@gonchin555)が「NDフィルター」っていうのを使ってらしたんです。

みなさん、こんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。5月14日の日曜日、Twitterでお友達に...

第6回あめさんぽ

Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/1000 sec, ISO100) at 13:34 on 2017/05/14

ごんちんさんの状態はとりあえず見過ごしてもらって、ごんちんさんのカメラのレンズを見てください。黒いですよね?「ND8」というフィルタを付けているんです。

「NDフィルター」とはなんぞや?と調べてみますと、

NDフィルターはグレーのフィルターで、レンズに入る光の量を減らすことができます。 NDとは、Neutral Density(ニュートラル・デンシティー)の略で、直訳すると「中立な濃度」という意味です。

参考URL夏のおすすめフィルター NDフィルター ~スローシャッターで幻想的な写真に!~

カメラのレンズに入ってくる光の量を減らし、シャッタースピードを落とすために使われるフィルタのようです。

昼間の「中之島公園」で撮った写真も、f1.8~2.2くらいの絞り具合だと、シャッタースピードが1/4000以上にならず、シャッターが降りないんです。それで仕方なくf5くらいまで絞っていたんです。

明るい場所で絞りを開放にしたいときにはNDフィルタを使え、そうごんちんさんに教えられ、ごんちんさんと同じ「ND8」のフィルタを購入してみました。

「ND」の後ろにつく数字は、光の量を「何分の1にするか」という数字だそうです。「ND8」なら光の量を「1/8」にしてくれる、というわけです。

さっそく、中の島公園へバラの撮影に行ってきました。



まずは淀屋橋の土佐堀川沿い

淀屋橋の北側の土佐堀川沿い、地図でいうとこの辺です。

土佐堀川沿いに遊歩道があって、バラが植えられています。

日中にバラの撮影をしようとすると、ちょうど南向きになり、逆光になります。普通に撮影しようとすると、明るすぎてシャッターが降りません。

天気は快晴。5月の太陽の光はとても眩しいです。NDフィルターを付けてさっそく撮影をしてみました。

土佐堀川のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/1000 sec, ISO100) at 12:26 on 2017/05/19

立体感のあるバラを撮るために少しだけ絞っていますが、シャッタースピードは1/1000秒で抑えられています。

ちょっとピンクがかった白いバラですが、変な色になったりしていません。見た目そのままです。

土佐堀川のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/1600 sec, ISO100) at 12:27 on 2017/05/19

非常に明るい場所です。バラの花びらのふわふわ感が感じられません?

土佐堀川のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/500 sec, ISO100) at 12:29 on 2017/05/19

レンズに太陽の光は入っていませんが、ほぼ、太陽の方向を向いています。

土佐堀川のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/1000 sec, ISO100) at 12:30 on 2017/05/19

下向きに撮ったので、逆光にはなっていません。

土佐堀川のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/160 sec, ISO100) at 12:32 on 2017/05/19

これは上向きに撮りました。バラの葉っぱから漏れてくる光がとても眩しいですが、きれいに撮れました。

土佐堀川のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/200 sec, ISO100) at 12:32 on 2017/05/19

これは少し下向き。左斜め上から太陽の光が差し込んでいます。

土佐堀川のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/500 sec, ISO100) at 12:33 on 2017/05/19

空の色がきれいですね。フィルター無しだと白っぽい色になるのですが、空の青さが引き立っています。

土佐堀川のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/400 sec, ISO100) at 12:33 on 2017/05/19

影になるところはどうしても暗くなってしまうのですが、真っ暗、というわけではありません。目で見たそのままの感じです。

土佐堀川のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.8, 1/500 sec, ISO100) at 12:36 on 2017/05/19

ピンクのバラには青空がよく似合う。

中之島公園へ

一通り土佐堀川沿いの遊歩道で撮り終えたので、中之島公園のバラ園へ移動しました。

中之島公園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/1000 sec, ISO100) at 12:40 on 2017/05/19

空って、こんなにきれいでしたっけ?

中央公会堂Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/800 sec, ISO100) at 12:47 on 2017/05/19

中央公会堂。
NDフィルターをつけていると、空が濃く写るようです。

さて、バラ園のバラ。

中之島公園のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/3200 sec, ISO100) at 12:55 on 2017/05/19

f1.8の開放です。NDフィルターなしだったら、シャッターが降りないか、シャッターが降りてもハレーションを起こして真っ白けになっていたと思います。

白いバラの花びらのふわふわ感が感じられて、とても満足です。

中之島公園のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/3200 sec, ISO100) at 12:56 on 2017/05/19

背景右側にタワーマンションが写っているはずなのですが、完全にぼやけてよく分からなくなっています。

多分なのですが、カメラの「測光モード」に関係しそうな気がします。「評価測光」というモードにしているのですが、カメラがどう評価したのかよくわかんない…

中之島公園のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/800 sec, ISO100) at 13:19 on 2017/05/19

ピンクの花びらのふわふわ感。

中之島公園のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/200 sec, ISO100) at 13:22 on 2017/05/19

赤いバラと青空もよく合いますね。

中之島公園のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/320 sec, ISO100) at 13:23 on 2017/05/19

ということで、もう1枚。

中之島公園のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/500 sec, ISO100) at 13:25 on 2017/05/19

最近のお気に入りの黄色いバラもきれいに写ってるし。いい。めっちゃいい。

中之島公園のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/640 sec, ISO100) at 13:25 on 2017/05/19

紫のバラもいいねぇ。紫のバラの花びらのふわふわ感というか、柔らかさ。紅芋のあんこのお菓子を見ているような?

中之島公園のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/800 sec, ISO100) at 13:28 on 2017/05/19

黄色のひらひらの花びらが可愛い。

中之島公園のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/1250 sec, ISO100) at 13:29 on 2017/05/19

君一人だけを見ていたい。

中之島公園のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/400 sec, ISO100) at 13:29 on 2017/05/19

ああ、もう、しびれそう。

中之島公園のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/800 sec, ISO100) at 13:44 on 2017/05/19

オレンジ色のバラも可愛いねぇ。柔らかい感じで撮れました。

中之島公園のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.2, 1/640 sec, ISO100) at 14:04 on 2017/05/19

バラの葉っぱからの木漏れ日のキラキラ感を撮りたかったんです。バラが少し暗くなってしまったけど、それはそれで見たまんまだし、ありかなと思って。

NDフィルターの効果絶大

NDフィルターを使うことで、めちゃくちゃ明るい場所でも開放近くで撮れるので、ふんわり柔らかい感じの、ちょっとボケたバラの写真を撮ることができました。

WebでNDフィルタの解説のページを見たりすると、

  • カメラを三脚に取り付ける
  • フレーム(構図)を決める
  • フィルターをレンズに取り付けて、撮影

というような手順を書いてあったりするのですが、ND8くらいだったらファインダーから覗いても被写体がちゃんと見えるし、フィルターなしで撮影するときと同じ感覚で撮影してかまわないように思います。

で、こちらの写真、

中之島公園のバラCanon EOS Kiss X7 (50mm, f/2.8, 1/200 sec, ISO100) at 13:51 on 2017/05/19

川を背景に撮影したのですが、川が白っぽく写っていますね。

これはNDフィルタではなく、反射光を押さえる「PLフィルタ」というのが必要だそうです。

フィルターの世界も奥が深い沼の世界ですね。

今回使ったのは、こちらのNDフィルターです。

レンズの口径によってサイズが変わるので、ご購入の際はご注意を。

フォトウォークの「あめさんぽ」のときに、ごんちんさんのNDフィルタを借りようと思ったら、ごんちんさんのペンタックスのカメラの50mmの単焦点レンズの口径は50mm、ぼくのCanonのEF 50mmの口径は49mm。
1mmの差で取り付けられなくて、お試しできなかったんです。

間違えて購入して悲しい思いをしませんように。

「週末写真愛好家」兼「週末Web随筆家」。

ちっちゃい花を撮ることがめっちゃ大好き。愛機はCanon EOS Kiss X7。50mm単焦点レンズと60mmマクロレンズで小さな花を撮ることに喜びを感じています。
職業はWEBのシステム屋。「まろ」と呼んでいただけるとうれしいです。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

関連記事



スポンサーリンク