中之島バラ園に夕方のやわらかい感じのバラを撮りに行ってきました

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/80 sec, ISO400)

また中之島公園のバラ園にバラの撮影に行ってきました。
今年はバラの撮影によく行っています。

真昼間と夜のバラを撮ってみたり、

バラの花が咲き始めましたね。大阪でもあちこちでバラの花が咲いたとの情報が舞い込んできています。大阪市内でバラの名所といえば、中之島公...

フォトウォーク「あめさんぽ」で京都府立植物園でバラを撮ってみたり、

みなさん、こんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。5月14日の日曜日、Twitterでお友達に...

明るい空の下でNDフィルタを使ってバラを撮ってみたり、

最近、バラの写真をよく撮っています。 大きくて撮りやすいということもあるんですが、沢山の種類があって見飽きない、ということもあると思うんで...

ほんと、バラの花って可愛いですね。

今まで「花」といえば「サクラ」と思っていました。サクラはサクラでよさはありますが、あっという間に散ってしまうし、今年みたいに天候が不順だとなかなかきれいに撮れるチャンスも少ないです。

その点、バラは長持ちしますし、一つの品種が終わっても別の品種が咲き始めて、長い期間楽しめます。たくさんの種類があって、たくさんの色や形が楽しめて、何度撮ってもいろんな表情を見せてくれるので楽しいです。

ま、この日は飲み会の開始時間が21時と遅かったために、時間調整の意味もあって中之島公園でバラの写真を撮っていたんですけどね。都会の真ん中でバラの花を楽しめる環境に感謝。

スポンサーリンク

日没前の時間

撮影日は5月26日。
この日の大阪の日没は19時2分。定時に会社を出て中之島バラ園に着いたのが18時半ごろ。日没にはまだ時間が少しありましたが、あいにくのこの日は曇っていてお天道さんを拝むことができませんでした。

それでもまだ明るいので、普通に撮影できましたよ。

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/100 sec, ISO400)

といっても、日中よりも少し暗いので、ISO400まで感度を上げています。
撮影モードは「Avモード(絞り優先モード)」。少しでも明るく撮りたいので、この日はすべて絞りは開放(f1.8)で撮っています。

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/200 sec, ISO100)

やわらかい感じで撮れるでしょう?夕方の光が柔らかいのと、撮影している人間の心が柔らかいからでしょうね。
(ここ、突っ込むところですよ)

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/160 sec, ISO400)

日中に見るオレンジのバラと、夕方に見るオレンジのバラって、少し違った感じに見えますね。昼間のオレンジのバラはおてんばのお嬢さん、夕方のオレンジのバラは落ち着いたお姉さん。

あくまでもぼくの主観ですので。はい。

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/400 sec, ISO400)

落ち着いたお姉さんのオレンジのバラを、大胆にも下からのぞき込んで、空を入れてみました。夕焼けがきれいだったら、どんなふうに撮れていただろう?

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/320 sec, ISO400)

ちょっと残念であります。

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/1600 sec, ISO400)

でも、どんな感じの空か?ってのはわかりますよね?こんな感じの空です。日没10分前。

あ、日没時間の19時2分というのは大阪湾での日没時間です。このあたりはビル街の中なのでとうに日没しちゃってるかもしれません。

だんだん辺りが暮れてきました

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/125 sec, ISO400)

辺りが暮れてきてもまだ大丈夫。シャッタースピードが上がらないな~というときは、ISO感度を上げましょう。

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/1000 sec, ISO400)

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/800 sec, ISO400)

日中はいつもISO100で撮っていますが、シャッタースピードが最低でも1/60secくらいまで確保できるようにISO感度を上げれば大丈夫です。手ブレしません。ISO400にしています。

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/160 sec, ISO400)

辺りが暗くなり始めると、背景の光が玉ボケチックになってきますね。

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/250 sec, ISO400)

黄色いフリフリのお姉さんも、上から撮影すると普通のフリフリのお姉さんですが、

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/60 sec, ISO100)

真横から撮ると、背景の光が玉ボケになって、さらに乙女チックになります。

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/125 sec, ISO100)

白のふんわりお姉さんも玉ボケチック。

都会の真中の中之島公園は、背景に様々な色のライトを入れることができるので楽しいです。信号機の色とか、橋のライトアップが時間とともに色が切り替わりますしね。

玉ボケタイムに突入

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/400 sec, ISO400)

さらにまわりが暮れて暗くなってくると、背景にライトが入る構図を探します。

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/80 sec, ISO400)

真横から少し上の方を狙うのがコツです。

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/100 sec, ISO400)

背景が賑やかな玉ボケがお好みの方は、橋のライトアップが狙い目です。

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/125 sec, ISO800)

質素な玉ボケがお好みでしたら、ビルの光を狙いましょう。

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/60 sec, ISO400)

公園のライトも面白いです。あちらこちらでライトアップされていますから。

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/50 sec, ISO1600)

ライトの近くのバラを撮るというのもありですね。ただし、かなり暗いので、ISO1600まで感度を上げています。

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/100 sec, ISO1600)

公園内にあるビアホールの光を背景にすると、なかなか賑やかな写真になります。

夕方の中之島バラ園Canon EOS Kiss X7 (50mm, f/1.8, 1/50 sec, ISO1600)

ISO1600でも苦しくなってきたので、今日はこれでおしまい。

夕方のバラも優しくてきれい

日中のバラもきれいですけど、夕暮れ時の一瞬の時間のバラもきれいでしょ?この時間のバラのトリコになってしまいそうです。

この日は風が結構あったので、少しブレた写真が多かったのですが、できるだけシャッタースピードが上がるようにギリギリまでISOを上げるのがコツかと思います。

かといって、ISOを上げすぎるとざらついた写真になってしまうので、EOS Kiss X7なら、ISO1600くらいまでが限界でしょうか?

夕方のやわらかいバラの写真を撮るときに気をつけたこととしては、

  • 明るいレンズを使う
    いつも使っているEF 50mmの単焦点レンズがf1.8と非常に明るいレンズなので愛用しています。お持ちのレンズの中で一番明るいレンズを使うといいと思います。ズームレンズよりも単焦点レンズです。
  • シャッタースピードが極端に遅くならないように気をつける
    三脚を持っていないので手持ちで撮影するわけですが、三脚のように微動だにしないカラダは持ち合わせていないので、ある程度のシャッタースピードは確保しないといけないと思うんです。限界は1/60秒くらい、っていうところでしょうか?風があると1/100秒は欲しいです。
    シャッタースピードが上がらないな、というときは、できるだけ明るいところを狙うか、ISOを上げます。ISOを上げることでシャッタースピードも速くすることができます。
  • 暗くなったら諦める
    カメラは光を集めて撮影する機械なので、暗くなったら撮影できないです。バラ園ではライトアップされているとはいえ、完全に日没するとISO6400くらいまで感度を上げても、1/13秒くらいしかシャッタースピードが上がりません。手持ちでの撮影はムリです。
    じゃ、三脚使えばいいのかっていうとそうでもなさそうで、長時間露光しても風で揺れている花はどんなふうに写るんでしょう?
    ストロボやLEDライトもいいなぁ、と思ったこともありましたが、そこまでして暗闇のバラを撮る価値ある?自然な感じで撮れるときに撮る、っていうのでいいんじゃないの?って思います。

まぁ、こんな感じで。

前回の撮影から一週間。既に終わってしまった品種もありましたが、今が盛りの品種、つぼみをたくさん持った品種もあります。

まだまだしばらく楽しめそうですよ。また行こうかな?
ほなまたみなさん、ごきげんよう。

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。