著作権侵害だと言われかねないのでブログで使っているフリー画像を全部削除します

白鷺公園のスイレン

Canon EOS Kiss X7 (250mm, f/5.6, 1/1250 sec, ISO100)

みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。

ぼくのブログの経歴は2年と4か月ほど。長いのか短いのかよく分かりませんが、同じ頃に始めた方々のブログが消えてしまっていることに気がつくということは、それなりに長く続けていることになるのかな?と、少し自負したりしています。

しかしまあなんですが、ブログを長く(?)続けていると何かとトラブルに巻き込まれますわ。

1回目は「炎上」。

ぼくの書いた記事が気に入らなかったんですって。Twitterでたくさん叩かれた上に、「脅迫めいた」お問い合わせもいただきました。

その時に考えたことを書いたのがこちらの記事。

嫌なことがあってもめげない、くじけないさかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。どちらかというと、精神的に強い方...

いきなり懐に飛び込まれて切り込まれたらびっくりしますよ、ほんと。

2回目は「Google AdSenceの垢バン危機」。

調子こいて少し「えっち」な記事を書いていたら、Google AdSenceチームからメールが来て、

さかのうえのまろ、その方の記事、不遜である。

と、警告を受けてしまいました。

ブログの活動資金を賄うためのAdSenceのアカウントを無効にされてしまっては、翼をもがれたイカロスと同じ。

慌てて記事を削除したんだとさ、という記事がこちら。

「生活」のカテゴリに書くべきか、「ブログ」のカテゴリに書くべきか、どうするべきか悩んだのですが、主に「ブログ」の成分が多くな...

ま、嫁さんにブログを書いていることがバレた、というのも危機的状況だったわけだけど、それはなんとか嫁さんを味方に引き入れることで難を逃れたわけですが。

で、3回目が先日の「ブログに使ったフリー画像が著作権侵害だと言われた話」。

先日のこちらの記事。

みなさんこんにちは。さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。なかなかバカバカしいお話ですが、もしかするとブ...

「Pixabay」からダウンロードした画像をブログで使っていたんだけど、いきなりGoogleさんからメールが来て、「著作権侵害してるから、インデックスから削除するね」って。

いきなり一方的過ぎるよね。

こっちは「フリー画像」だと信じてダウンロードして使ってるのに、元画像の持ち主が「著作権侵害だ!」と言い出して、その訴えに基づいて、その画像を使ってるWebページが軒並みインデックス削除されたようです。

スポンサーリンク

異議申し立てをしたらGoogleさんから返事が来ました

前回の記事では「異議申し立てフォーム」からGoogleさんに連絡を入れたところまで紹介しましたが、意外と早く、お返事が来ました。

お返事の内容を引用しますね。

Thanks for reaching out to us. We’re working to respond in your language, but we’re currently best able to answer in English. We apologize for this inconvenience.

おいおい、英語やん。
今の時点では英語だけってw

We would like to help you, but your submission is missing the following information, which is required by law for a DMCA counter-notice:

「私たちはお手伝いしたいが、情報が足りません」。はぁ?

– Your street address in the following format: 123 My Street, City, State, County, Zip Code

異議申し立てフォームの住所の入力例は、

111-1111 東京都港区六本木 1-1-1

みたいな「日本語表記」やったって。一度送信させてから「住所のフォーマット」がちゃうで、って言われてもなあ。

For more details on the required content of a DMCA counter-notice, please see www.lumendatabase.org/dmca512/faq.cgi#QID922
, or 17 U.S.C. § 512(g)(3).

内容の詳細はDMCAのページを読めってか?

Upon receipt of this information, we will proceed with the reinstatement process. You may include any information listed above in a response to this email thread.

「返事くれたら手続き続けるで」

ふう。英語使われへん人間からしたら、かなり垣根の高いお仕打ちで。

DMCAが悪用されてる!?

村瀬さん(@murase0725)がTwitterのタイムラインで教えてくれたこちらの記事を読んでみると、

光ギガやハイビット(Hi-Bit)の評判をブログ等に書いて検索上位に出ると、なぜかDMCA申請が来ることが多いようです。 デジタルミレニアム著作権法の問題とその悪用について、事例を元に説明。デジタルミレニアム著作権法を、逆SEO、悪評隠しの手法として使っているケースが見られるようになって来ています。

DMCA申請がサイトの「悪評隠し」に使われているらしき実態が載っています。

今回のぼくのブログの記事のケースが上記の記事のケースと同じなのかどうなのかは分かりません。

ぼくの記事は「著作権侵害の実態を告発」しただけであって、特定のサイトを攻撃するものではありません。

記事の筆者の辻さんと同じように調査をすれば分かるのかも知れませんが、一般人のぼくがそこまでして調査をする意義がなく、時間ももったいないことから、ぼく自身が調査をすることはしません。

もし、この記事が「興味ある人」が目にして「調べてみたい」ということであれば、情報の提供はいたします。

一個人が取り得る対策として

先の「フリー素材に権利を主張するDMCA申請が悪評隠しに悪用されたと思われる事例」の記事中で紹介されていたこちらの記事

フリー画像サイトからダウンロードした写真をアイキャッチに使ったブログ記事が著作権の侵害を理由に検索結果から削除されてしまいました。対応策を載せます。

で筆者の方が書かれているように、我々民間人が取れ得る対策としては、

フリーとして配布されている画像は使わない

ということになるのかと思います。

今回のぼくの事例で言えば、ぼく個人のブログや記事を狙い撃ちされたのではなく、たまたま「とばっちり」を食ったのではないかと思っています。

そういった「とばっちり」って、いつどこから飛んでくるかも予測がつきません。

今後はそういった「とばっちり」を受けないよう、ブログのコンテンツについては、記事はもちろんのこと、記事中で使う写真、図表、アイキャッチ画像は全て自分で用意しようと考えています。

そのため、現在のところ、フリーの画像配布サイトからダウンロードした画像をブログから順次削除しているところです。

ま、他のブロガーさんと画像が重なるのも嫌だったですしね。過去記事の内容も合わせて見直すいい機会かと思っています。

しっかしまあ、飛んだとばっちりを食ったもんだ。人生長く生きてると、いろんなことがありますわな。

というわけで今日はこの辺で。
みなさん、楽しいブログライフを。
さいなら〜ヽ(´ー`)

著作権侵害の警告を受けてインデックスから削除されてしまった記事ですが、該当の画像を削除の上、別のURLで公開したところ、今のところはGoogleのインデックスに登録されています。
WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。