HTML/CSS/PHPの知識は必要か?[WordPress]

最近ツイッターでよく目にするのが、WordPressでブログを始めるにあたって、HTMLやCSS、PHPといったWebデザイナーやプログラマが使うような専門知識が必要かどうか、という話題。

HTMLというのは、Webのページを記載するための言語。書き方の文法といってもいいだろう。ブラウザの画面の上でマウスの右ボタンをクリックして「ソースを表示」ってすると、<html>から始まって</html>で終わっている、あのことである。<>で始まって</>で終わり、単なるテキストに意味を与えるようになっている。

CSSは、HTMLを補完するもので、デザインに関わる役目をする。例えば、HTMLの<h2>というタグであれば、「見出し」という意味づけになるが、文字の大きさや色、修飾するデザインなどを決める役割を持っているのはCSSだ。HTMLは単純に文章だけ、CSSはデザインをする部分、という役割分担になっている。

PHPはプログラム言語。普通PHPで書かれた部分はブラウザからは直接見えない。PHPが仕事をした結果がブラウザで見えている。例えば、投稿をデータベースに保存するのはPHPの仕事。「下書きとして保存」ボタンをクリックすると、投稿内容がデータベースに保存される。「公開」ボタンをクリックすると、一般に公開されるようになっている。ブラウザに入力されたURLに応じた記事を表示するのもPHPの仕事だ。データベースの中から該当する記事を探しだし、ブラウザに出力する。記事が見つからなければ「404 見つかりませんでした」と表示されるだろう。それもPHPの仕事だ。

スポンサーリンク

WordPressって、そもそもなんだろう?

WordPressは「CMS(Content Management System)」といって、Webのコンテンツを管理するシステムだ。Webの知識がなくても、簡単にWebサイトを構築するためのオープンソース(プログラムソースが公開されている)で、フリー(無料で使える)なシステムだ。だから、WordPress本体と、無数にあるテーマの中からお好みのものをひとつ選べば、あとはコンテンツ(記事)を埋めていくだけでWebサイトが作れてしまう。

開発の基本ベースにあるのが、「Webの知識がなくても」なので、そもそもHTML、CSS、PHPの知識は必要としない。知識がない人向けのWebサイト構築ツールなのだ。

知識はあとからつければいい

無数にあるテーマの中から選べばいい、とは言っても、人気のテーマをみんなが使いたがるから、「このサイトとこのサイト、なんかデザイン似ているなぁ?」ということが起こってしまう。

例えば、ぼくのこの「まろろぐ」。今、人気のSimplicityを使っているから、どうしても同じテーマを使っている他のブログと似てしまう、ということはある。

Wordpressテーマ「Simplicity(シンプリシティー)」を作成しました。 Simplicityには主に、以下の7つの特徴があります。 シンプル 内部SEO施策済み 拡散のための仕掛けが施されている 端末に合わせた4つの

○ニクロで服を買うと、あの人もどの人も服が同じだ、という感触。

人と違うのがいい、という人は「テーマ」を編集する、という手法を取ることが出きる。デザインを少し変えるだけで見栄えはかなり変わるものだ。
その時に必要となるのが、CSSの知識。
CSSに関することは書籍がたくさん出ているし、ネットでも調べればいろいろ出てくる。

それでもまだ人と一緒はいや、という人はテーマを自作することになると思うが、その時に必要になるのがPHP。WordPress本体はPHPで書かれているし、本体のソースを見る必要も出てくるから、PHPの知識は当然必要になる。PHPの書籍もたくさん売られているし、ネットでも検索すればたくさん出てくる。PHPのオフィシャルサイトにもマニュアルのページがある。

参考URLPHP マニュアル

始めるときに知識はいらない

結論、ブログを始めようとするときに、HTMLやCSS、PHPの知識は必要ない。やりたいことができてきて、必要になった時に身に付ければいい。

Webの専門家じゃないんだから。
皆さん、ブロガー、なんでしょ?

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

いわゆる「画像直リンク」、画像の複製は固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

NO IMAGE
この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

最新記事をお届けします。